ショーにカジノに大自然!観光名所盛沢山のラスベガスの面白い特徴

ラスベガスって街全体がコンパクトにまとまっていて、とても便利な所なんですよね。空港から中心地のストリップ大通りまで車で10~15分ですし、そこ行けば何でも揃うし、シルク・ド・ソレイユのショーとかマジック、コンサートなんかもガンガン行われてますし、かと思ったら大自然もあったり。

 

アメリカ生活で色々な場所を転々としてきましたが、私は結構ラスベガスって好きです。

 

今回は他の州とは違う、ラスベガスっぽい特徴を勝手にあるあるにしてみました。

 

スポンサードリンク

 

その1 カジノがどこにでもある

ラスベガスといえばカジノ。ホテルのロビーはそれはもう、華やかでにぎやかで、24時間休まずに稼働しています。

 

一体このフロアに何台あるのだろう?と思ってしまう程のスロットマシーンに、ルーレット、ブラックジャック、ポーカーにバカラ。防犯カメラの数もすごく多いですよね。天井見上げたらその数の多さにビックリしたことあります。しかも1つのホテルが巨大すぎ。ホテル内が広すぎて何度迷ったことか。GPS作動させてホテル内を歩き回ったことありますからね。にもかかわらず電波悪くて役に立たず、結局お店に辿り着けませんでしたからね。

 

驚いたのはホテルだけではなく、空港にもこういったマシーンがあること。

 

ゲートにスロットマシーンがあるのでラスベガスに飛行機で到着してからすぐ、また帰る時も最後の最後までカジノができます。

 

しかも空港でスロットやっているひと、意外といるんですよね。

 

更に驚いたのは、スーパーマーケットにもカジノがあること。

 

こんな日常にもカジノ~!

 

こじんまりとしていて、カジノというよりはもはやゲームセンターですけどね。

 

スーパーに行った時に、カジノしているひといるかな?いないでしょ!って確認の為に見るんですけど、

 

やってる人いるー!

 

まあ大混雑しているのは見たことはありませんけどね。

 

その2 食べ放題が多い

ラスベガスの楽しみといったら、ビュッフェ=ホテルでの食べ放題。ラスベガス風に言うとバフェでございます。

 

ホテルではテーマが決まっていたりして、このホテルのバフェはイタリアン中心で、あそこのバフェはアジアン中心のバフェだったりします。とは言えほとんどの所はメキシコ料理、イタリア料理、アジア料理、中東料理などバラエティに富んでいます。

 

しかし、ホテルだけではなく、地元の寿司やも食べ放題が多いです。

地元のアメリカ人曰く

 

「ラスベガスの寿司屋は食べ放題しかないと思ってた」。

 

どんだけ浸透~??

 

食べ放題ではないお寿司屋もありますが、食べ放題のお寿司屋が多いです。

 

スポンサードリンク

 

その3 夏は超暑い!冬は意外と寒い

ラスベガスの夏はとても気温が上がります。7月にもなると40度を超す日が多くなり、日差しがとても強いです。湿度は低いのでまだマシなんですが、気温が40度を超えるとさすがにキツイ。

 

汗をかいてもすぐに蒸発します。

 

一見汗をかいていない感じがしますが、気づきにくいだけで汗をかいているので、水をがぶがぶ飲む様になりました。

 

アメリカ人は水やジュースをよく飲むなあ、と以前は思っていたのですが、自分もだんだんと近づいてるう~?

 

冬は意外と気温は下がり、雪が降ることもあります。思っていたよりは寒いので冬はコートが要ります。

 

一年中起こることは、風が強い日が多いということ。これも住んでみてわかりました。

 

ラスベガスの季節は春夏秋冬じゃなくて、暑い日、寒い日、風の日の3つって感じ。

 

ラスベガスに住むなら色の濃い車を所有するのは避けて、白い車の方が良いですよ。我が家は黒なんですけど、夏暑くて熱持ってしまってとんでもないことになっています。焼けちゃってそのうち黒い車じゃなくなるのではないだろうか・・。

その4 お店が夜遅い時間までオープンしている

これはありがたいことで、レストランやスーパーなど割と遅くまで開いています。特にストリップ(ラスベガス中心)はその傾向にあります。ラスベガスって不夜城ですからね。

 

ローカルだと早めに閉まる店もありますが、サービス業中心でシフト勤務の方が多い場所なので、深夜までオープンしていても需要があるんでしょうね。便利な町だと思います。

 

他の州だと場所によっては早々と店閉まってます。どこかの観光地行ったら夜8時ころにもう真っ暗になっていてビックリした思い出がありますね。国立公園巡りをしていると、日が暮れるギリギリまで遊ぶので夕飯のことがいつも後回しになるんですけど、レストランが閉まっている!のパターンになることが多く、ここ毎回失敗してます。

 

その5 ハワイから引っ越しして来た人が多い

ラスベガスではハワイのコミュニティもあるくらい、ハワイから移り住んでいる人が多いです。

 

そういわれてみれば、ストリップ通りにあるABCストアを見て、「これってハワイだけのお店じゃないんだ」と驚いた覚えがあります。

 

ハワイのものをたくさん買うことができるので個人的には嬉しいです。

 

マカダミアナッツのチョコレート、コーヒー、パンケーキの素、ドライマンゴー、ナッツ類、ホノルルクッキーカンパニー。ハワイが大好きなので、ラスベガスで手に入るのはとってもありがたいですね!

 

ハワイから移り住んだ人に引っ越してきた理由を聞くと「ハワイは暮らすのにコストがかかりすぎるから」と言っていました。

 

ラスベガスは夏が長いですし、暑い気候も、ヤシの木が植えられているのも(人工的にですが)何となくハワイの雰囲気がありません?自分はラスベガスの第一印象が、ハワイみたいだ~!って思ったんですよね。

 

現地にいるアメリカ人にそのこと言ってみたら、めちゃくちゃ反応薄かったけどね(笑)。

 

以上、ラスベガスの特徴でした。

 

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

アメリカの大自然についてはこちらでまとめています↓

英語への苦手意識を吹き飛ばしたい!↓

 

 

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る