在米マニアがお勧め!グランドキャニオンで必見の観光スポットと楽しみ方

グランドキャニオン国立公園が、アメリカの大峡谷だと知っている人は多いと思いますが、それがいかにスケールが大きいのか、見る人にどれほどのインパクトを与えるかを知らない人は多いと思います。

 

アメリカで数々の雄大な自然や国立公園を見てきて、それぞれが種類やタイプが全く異なるものだとわかってはいるものの、スケールの大きさでグランドキャニオンに勝るものはないと思う。それも私たちが見ている部分はグランドキャニオンのほんの一部というのだから驚きます。

 

グランドキャニオンはそれほどに圧倒的で、世界中の人々を魅了する国立公園なのです。

 

今の時代、現地に行かなくても景色を見ること自体は本当に簡単です。写真や動画を1クリックで見れてしまいます。

 

でも実際に自分の目で見ることに価値があるのであり、その臨場感や奥行き、感動や感激というのは、自分で足を運ぶことでしか感じることは出来ないものです。知っているだけというのと、自分が実際にそこへ行って見て感じるのでは180度世界は変わるのだと思います。

 

「アメリカの自然観光ならグランドキャニオンがお勧めな3つの理由」

 

グランドキャニオン3つのセクション

グランドキャニオンは3つに分かれています。

(出典:https://www.mygrandcanyonpark.com/park/park-access-overview)

 

①サウスリム・・・グランドキャニオンと言えばサウスの事を差し、観光客の9割はサウスリムへ向かいます。無料バスが園内を循環し、見どころポイントも多い。サウスは一年中オープンしています。

 

②ノースリム・・・オープンしているのは5月中旬から10月の中旬までで、冬は雪の為閉鎖。ノースリムへのツアーはあまりないので、基本的には自分の車かレンタカーで行くことになります。観光客がサウスに比べると少ないので、静かに過ごせるかも。園内の無料バスは無い。

 

③グランドキャニオンウェスト・・・国立公園ではなくワラパイ族居留地なので、入園料が比較的高い。キャニオンのスケールも異なります。しかし、ガラスの床でできたスカイウォークが最近では人気で、大自然の中のアトラクション的な感じ。ラスベガスからも比較的近い場所にあります。

 

「行くべきか?グランドキャニオンウェストのガラスの床スカイウォーク」

 

※サウスリムでは宿やホテル、レストランがあるビレッジが中心なのですが、そこより東をイーストリム、西をウェストリムと呼びます。グランドキャニオンウェストとは異なるので注意してくださいね。

 

グランドキャニオンの観光と見どころ

①サウスリムの見どころ

 

公園内は広いので見どころがたくさんあります。1日では回り切れないほどの絶景ポイントがありますよ!

 

マーサーポイント・・ビジターセンターから近いので観光客が多いですが、ここから見る景色はやはり絶景。もちろんビジターセンターも必ず立ち寄って!

ヤバパイポイント・・博物館もあるので、景色と一緒に堪能ですね。

ハーミッツレスト・・無料バスで行ける西の終点(3月~11月)。冬はバスは運航していませんが、レンタカーで回れます。

ヤキポイント・・・・ウータンの王座や、ヴィシュヌ寺院が見えます。

デザートビュー・・・東側の終点で東口のエントランスが近いです。ウォッチタワーにぜひ登って下さい。マーサーポイントやヤバパイポイントから見る景色とは一味違います。

 

サウスリムの見どころ詳細はコチラで書いています→「3度目のグランドキャニオンで新たな見ところ発見!絶景サウスリム観光」

 

動画を見たい人はこちらをどうぞ⇓グランドキャニオンの公式動画です。

grandcanyon national parl summery

(出典:グランドキャニオン国立公園公式サイト)

 

②ノースリムの見どころ

 

ブライトエンジェルポイント・・ビジターセンターから歩いて10分くらいなので、初心者でも行きやすい絶景ポイント。

ケープロイヤル・・ビジターセンターから車で45分くらいかかるのですが、エンジェルスウィンドウという岩の窓があります。

ポイントインペリアル・・ビジターセンタ―から車で20分くらいにあり、サウスリムを含めたグランドキャニオンの展望台で最も標高が高くて、最も北にあります。比較的なだらかな景色が見渡せる。

 

ノースリムに来たら、グランドキャニオンロッジに木製の椅子があるので、そこから座って景色眺めるだけでも本当に最高の気分だと思います!

【グランドキャニオン・ノースリムにある、私の好きな椅子】

 

③グランドキャニオンウェストの見どころ

 

イーグルポイント・・イーグルポイントにはU字型に象ったガラスの床、スカイウォークがあり、峡谷にせり出している。グランドキャニオンウェストでのナンバーワンの見どころ。

グアノポイント・・グアノとはコウモリの糞の意味で、グアノを高級肥料として採取していた跡があります。食事する所もあります。

ワラパイランチ・・ランチは牧場の意味で、ショップや乗馬、宿泊施設等があります。

 

(ガラスの床、スカイウォーク)

サウスリム、ノースリム、グランドキャニオンウェストならどこがお勧め?

この3つなら私はサウスリムがおススメかな、と思います。

 

1年中オープンしているのでどの時期でも行きやすいですし、車で行くのが無理でもツアーが充実しています。見るポイントもとても多いのが良いですよね。

 

観光客はその分多いのですが、時期や時間を考えて訪れたり対策していけば、それ程大きな問題ではないと思います。

 

ノースリムも良いですが、1年のうち、約5か月の間しかオープンしていないですし、車が無いといけないのでちょっと不便かなあと思います(その分観光客少なくて静かめですが)。

 

グランドキャニオンウェストは、他の2つと比べるとキャニオンのスケールが小さいのと、値段が高い、人工物が作られている点で3つの中ではポイントが下がります。ラスベガスから2時間30分ほどで行ける!というのは大変魅力なんですけどね。

 

グランドキャニオンのトレイル

グランドキャニオンで大峡谷に対面するのだけでも十分にその雄大さやダイナミックさは伝わるのですが、せっかくならトレイルを少しでも歩いてみて下さい。

 

私は元々はハイキングなんて大っ嫌いで、疲れるし苦しいし、日本に住んでいた時は基本行かなくて、ハイキングに行ってもブーたれるタイプだったのですが、アメリカの大自然に触れ、ちょっとずつですがその嫌々ブロックが外れてきた人間です。

 

実はそのきっかけとなったのがグランドキャニオンでした。

 

どんなにハイキングが嫌で興味なくても「さすがにここは凄すぎるよ・・。スルーは出来ないなあ」と思ったのがグランドキャニオンだったのです。

 

トレイルを歩く、なんていうことは絶対に嫌だと思っていた自分を「ちょっと歩いてみようかな?」にグランドキャニオンが変えてくれました。

 

トレイルを歩くとまた感覚が全然違いました。景色の見え方も違うんですが、ワクワク感が全く違うんです。

 

もちろん上りはツライです。現在も上級レベルのトレイルと聞いただけで、大変そうだから無理!という感情が頭をよぎるのですが、歩いた方が楽しいですし、間近で岩を見たりすると面白いですし、歩いてみると思い出の残り方も違うのです。で、他の国立公園にも興味が出てくる。そんなことに気づけました。

 

サウスリムにある有名トレイルは、

 

サウスカイバブトレイル・・ヤキポイントの手前のトレイルヘッドがスタート。日陰は無いけど景色は良い。

ブライトエンジェルトレイル・・小さなトンネルがあったりして面白い。ブライトエンジェルロッジからスタート。

 

ノースリムでは、

ノースカイバブトレイル・・ノースリムから谷へ下りるただ1つのルート。トレイルヘッドはロッジから3マイル手前。

 

●ブライトエンジェルトレイルを歩いた時の記事はこちら→「少し歩くだけでも楽しい!サウスリムのブライトエンジェルトレイル」

●サイスカイバブトレイルを少し下ってみた時の記事はこちら

 

キャニオンを下るのは無理なら、リム沿いを歩くとアップダウンは無いので、リムウォークしてみるのもいいですよ!

 

グランドキャニオンの動物

トレイルを歩くと動物にも会えてしまうのです!動物園に行けば簡単に出会える動物ではなくて、野生の動物に会えたらやっぱり感動ですよね!なかなか出会えないのに、偶然会えた!というのが嬉しいのです。

 

リムでよく見かける岩リスは人間に慣れていてむしろ「エサくれ~」と言わんばかりに寄ってきますが、エサを与えることが動物界の生態系を壊していることでもあり、そんな方にも興味をもったりもします。もちろんエサは与えてちゃダメですよ。

 

また以前の私だったらグランドキャニオンでシカに出会っても、

 

「なんだ、シカか・・(興味なし)」

 

でも最近だと、

 

「え?!なんの種類のシカ?」

 

シカの種類にも興味が出るようになりました。

 

園内の循環バスに乗っていて、シカが窓から見えた場合に

 

「シカだ!!」

 

って一番リアクション大きく喜んでるのは私じゃないかと思います(笑)。子供よりテンション高いです。ちょっと恥ずかしい時があります。でも

 

「何か動物いないかな~?」

 

って思いながらトレイルを歩くのも楽しいですよね。

 

「アメリカグランドキャニオンでリスとシカに出会ったよ。公園に生息する動物達」

【ぽっちゃり系のリス】

グランドキャニオンの天候と服装

グランドキャニオンは、標高が2000m以上あり山にいるのと同じで、夏は暑く冬は雪が降るエリアです。若くて体力がある人でも、夏に日陰が無いエリアを歩いて、熱中症になり命を落とす人もいます。夏の谷底は40度を超えるそうです。

 

山の天気は変わりやすいので、天候は欠かさずチェックして下さいね。夜は夏でも寒くなります。確認をしてし過ぎることはないと思います。5月でも雪が降るような山だということを忘れないで下さいね。

 

「5月にグランドキャニオンのサウスリムへ行ったら天気が雪で驚いた」

「3度グランドキャニオンを観光した私が気温と適した服装を紹介」

「グランドキャニオンのベストシーズンを紹介!サウス&ノースリム別」

 

あと、国立公園を夜に移動したことがありますが、街灯はなく本当に真っ暗になります。それだけでも恐怖を感じました。

 

暗さからから道に迷いかけたり、ご飯を食べる場所も確保できなかったことがあったので(他の国立公園でですが)、天候だけではなくて無理な行動をしない様にしてください。

 

日本の距離感覚とは違うんだということも頭に入れて置く必要はあると思います。例えば国立公園内が想像以上に広いこと、ガソリンスタンドが日本の様に近くに無いことなどです。

 

あとテンション上がりすぎて、崖っぷちギリギリまで行っちゃうのも気を付けて下さい。柵が無い場所がほとんどですよ。

 

グランドキャニオンへの行き方・アクセス

グランドキャニオンへは、レンタカー、ツアー、小型飛行機、バス、本数少ないですが鉄道などの移動手段があります。

 

お勧めツアーやレンタカーでの行き方については、よろしければコチラを参考にして下さい。

「グランドキャニオンへはこう攻める!行き方やアクセス方法・お勧め移動手段」

 

グランドキャニオンの駐車場

グランドキャニオンのサウスリムでは園内を無料のシャトルバスが運行していますので、基本的にハイシーズンはビジターセンターに車を停めて、園内はバスで移動がいいと思います。

 

車でも移動は出来ますが、バスは頻繁に来ますし、不便はそこまで感じないと思います。というより、便利でした。

 

ノースリムでは無料の循環バス自体が無いので、車で行く人向けです。

「車で行ったらどこ停める?グランドキャニオンサウスリムの駐車場」

 

グランドキャニオンのホテル

園内の宿に泊まるのもまた楽しみの1つでもありますよね!

 

サウスリム園内にある、エルトーバホテルは100年以上の歴史がある宿ですし、貫禄あるというか雰囲気が違うというのか、そんなオーラがバンバン出ています。園内のホテルは予約取るのが難しいのですが、宿泊しないにしても行ってみるだけでも楽しいと思います。

 

サウスリムのビレッジには宿が6つ、谷底に1つ、そしてノースリムに1つあります。

「園内ならどこ泊まる?グランドキャニオンのサウスリム6つのホテルを紹介」

 

【貫禄のある園内のエルトーバホテル】

 

園外のツーシアンの町(と言ってもサウスリムの料金所からすぐ)からでもアクセスはしやすいので、園内が無理ならツーシアンの宿をお勧め致します。美味しいレストランが結構あります。

 

もちろん園内に宿泊する、現地ツアーもありますよ!
https://www.veltra.com/jp/north_america/las_vegas/a/105511

グランドキャニオンのお土産

グランドキャニオンへ行ったらやっぱり記念にお土産を買いますよね!家族や友達に、恋人に、そして自分に。

 

私のおススメはTシャツです。

 

グランドキャニオンのTシャツを誰かが来ていたら、私は

 

「グランドキャニオン行ってきたの?」

 

って相手に突っ込みます。話のネタにもなりますね。普段着にしてもいいし、気に入らなかったらパジャマに出来るし、軽いし、何だかんだいいかな~。

 

「国立公園好きの私がグランドキャニオンおススメ土産を写真付きで紹介」

【かっこいいウォーターボトル】

最後に

アメリカ行くなら1度はグランドキャニオンを見てみて下さい。グランドキャニオンはアメリカのシンボルと言ってもいいかもしれません。

 

山登りとかハイキングが嫌いでも、人生に1度は直接見て下さい。行った事ある人は、また行ってどんどんトレイルを歩いてみて下さい。感じ方が全く変わると思いますよ!

 

グランドキャニオンをただの岩という人もいますが、ただの岩ではありません。ハイキングは苦手!な私の価値観が変わった様に、あなたの価値観が変わる可能性は非常に高いと思います。

 

アメリカの大自然が好きな人におすすめのガイドブックについてはこちらで書いています⇒アメリカ国立公園好きな私のおすすめガイドブック!人気「地球の歩き方」3冊比較有名な本ですが、私もだいぶお世話になっています。

 

グランドキャニオンへのゲートシティ、ラスベガスについてはこちら↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

 

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る