覚悟を決めると結果が変わる!アメリカで飲食店を開業した日本人夫の本気

アメリカで暮らすようになり2年半過ぎたあたりで、ぶっとび夫から

 

「アメリカで自分の店を出したい」

 

と告げられました。

 

しかも夫は私も頭数に入れており、一緒に働く方向で考えていました。私は驚きましたし、

 

「本当に大丈夫なんだろうか・・?」

 

と不安でしたし、私は英語が出来なかったので、

 

「夫の足を引っ張るんじゃないか?」

 

とも思いました。

 

1企業の従業員ではなくて、自分で店を出すということは、「大変」というイメージしかなかったですし、日本にいる両親に心配をかけたくないから、親には当然、相談出来ませんでした。

 

でも私たちはやってみることにしました。

 

不安気持ちを抱きながらも、私たちはアメリカで経営者として飲食店を始めたのですが、思っていた以上によくやったと自分でも思います。

 

もちろん自分たちの力だけではなくて、お客様があってのこと、そして従業員の方の協力があってこそやってこれました。

 

お客様が多い月少ない月というのはありましたが、多くの常連客もできましたし、お店を売りに出すときは買った時よりも高く売れました。

 

これも「覚悟」を持ってお店を経営していたから、につながるのだと思います。

 

スポンサードリンク

 

覚悟を持っていなかったときは、気持ちがブレブレで、私は過去に大失敗をしています。

 

例えば受験。

 

何となくみんなしてるし、こんな感じで勉強してればいいのかな?と言う感じで取り組んでいたので、結果、大失敗した苦い思い出があります。

 

物事を始める前に、覚悟を持っているか、持ってないかは非常に大事です。覚悟があるかどうかで、結果が変わると言っても過言ではないと思います。

 

◆覚悟を決める

本気の夢があるとき、大きな目標があるときに、あるいは何かを止めるとき、特に長く続けてきたことを止めるときに、覚悟が必要になってくると思います。

 

例えば受験、就職、転職、起業、結婚、出産、離婚など人生のビッグイベント時に、覚悟って必要になるときが多いですよね。

 

準備をしている途中で覚悟が決まってくることもあります。私の夫はこのタイプだと思います。「これをスタートするには、この情報とあの情報を集めて、これを手配して・・なんとかできそうだな!」みたいな。

 

でも覚悟を決めるって、怖いですよね。だって失敗するかもしれないし、もし、上手く行かなかったら?って考えたら恐怖で行動できなくなってしまいます。

 

私自身、過去を思い出しても覚悟決める前って不安がたくさんありました。もしも失敗したら?上手く行かない可能性もあるのに・・とブルブルしてました。

 

でもそれでも、やりたい、変わりたい、やれるだけやってだめだったら仕方ないじゃないか、って決断して、腹をくくれた様に思います。

 

当たり前ですが、覚悟は自分で決めます。誰かに言われて決めるものではないですよね。だから覚悟を決めた人を他人が止めることは出来ないと思います。誰かが止めたとしても、やる決意をしている人なんだと思います。

 

私がもし、夫に「お店の経営なんてやめなよ!」と言っていたら、どうなってたのかな?と考えたのですが、恐らく彼1人でもやっていたと思います。

 

すでに覚悟を決めていたし、動き出していたし・・そして顔つきも違う気がしました。

 

私もお店を手伝うことになっていましたが、夫が決めたことについて行っただけなので、私自身は最初は覚悟は無かったです(笑)。

 

でも実際にその環境にいったら覚悟が決まりました。「ああ、やるしかないんだな」と。

 

特に、ピンチになった時に、「これは・・ほんとに腹をくくらなきゃな」と感じました。ピンチになった時というのは、バイトの方2人に同じ時期に「仕事辞めたい」と言われた時ですね・・。

 

そういった時、2人とも辞めて、新しく2人採用するのか、1人は辞めてもらって、もう一人は少し待ってもらう、とかいろいろ選択肢はあります。その時までは決断を夫任せにしていた部分があったのですが、自分もやれる事を行ったり、意見を言ったり積極的に経営に参加していくようになりました。本当の意味でここで覚悟が出来たんです。

 

環境を変えてしまうというのは、覚悟が決まりやすいやり方でもありますね。私の場合は環境を変えることで、決断を迫られた、ともいえるのかもしれませんが。

 

とにかく覚悟を決めたからには動きます。少しづつでもいいので、行動に移します。覚悟したら、体が動いちゃう、っていうのが正しいのかもしれません。不安や変化があってもそれを受け入れて、その目標に向かって少しでも近づく。それが覚悟なのかなあって私は思います。

 

◆覚悟が決まるとどうなるの?

覚悟が決まるとどういった変化が起こるのでしょうか。

 

まず恥じらいが無くなります。

やるべきことや目標があるから、恥ずかしいとかそんなことはどうでもよくなります。正直に言って、お店スタートした時の自分の英語、やばかったと思います。

 

でもアメリカ人に「ハア??!」って言われようが、「もう一回行ってください」と言われようが、そんなのは時間がたてばどうでもよくなりました。もちろん言われた時は、恥ずかしいし、気にはなります。でもその後もウジウジ、ずっと気にしてはいないです。気にしている時間を他の、お店の為の時間に使いたい、と思っていたからかも。

 

他の不要な選択肢を捨てることもできます。

例えば、友達から遊びに誘われたり、「明日の休みはショッピングに行きたいな~」とか「釣りに行きたいな~」と心に浮かんできても、「それは今本当に必要?」って考えた時に、すぐにその選択肢を捨てられます。今やらなければいけない最優先事項というのが明確になっていきます。優先順位がわかっているのでブレブレになりません。他の人に何か文句とか、こうした方がいいんじゃない?と言われても、ブレブレになりません。人から嫌われるのもさほど怖くなくなっていると思います。

 

大したことでは心は折れにくくなります。

夢に向かってスタートすると、上手く行かないことには必ずぶつかります。失敗もたくさんあります。

 

でも覚悟を持っていれば簡単に諦めないですし、また諦められないので、心は折れません。イラっとしても、すぐに「やーめた!」にはなりません。むしろ惜しみない努力が出来ます。この場合、本人が努力だと思っていない場合が多いかもしれませんね。

 

学ぶ気持ちも出てきます。

もっと売り上げを伸ばすにはどうしたらいいのだろうか?どういったことを大事にしていけばいいのか?など、成功率をあげるために勉強したくなります。そしてそれが大変だと思いません。目標に近づいていっているんだという感覚にもなります。

 

マネジメントミスで失ってしまったお客様が私たちにはいましたが、その時の学びを活かして、次は絶対に同じ過ちをしない、というのも立派な学びですよね。

 

良い意味で、淡々と仕事を継続できます。

人間なので、眠たい、だるい、疲れた、というのは絶対あります。今日は良くないことがあったから、気分が沈んでるとか、気持ちの波も必ずあります。

 

そして継続ってほんとに大変です。おまけに地味です。

 

でもそれでも、淡々とやるべきことをやる。覚悟決めてれば淡々とやることが出来ます。

 

でも覚悟が無かったらどうなるか・・。後でにしよう、明日にしよう・・ってなってしまいます。

「感情のコントロールが成功の鍵!アメリカで飲食店経営をした私流やる気の出し方」

 

◆覚悟がきまらないと?

覚悟が無いまま、何かを始めたらどうなるのでしょうか。

 

せっかく始めたことを簡単に止める、投げ出すというのが発生すると思います。そして目標を達成することが出来なくなります。

 

実際に私が見た人で、アルバイトの子にお店を全部、まかせっきりにしていたオーナーがいます。オーナーだからそれでもいいのですが、雇っていたバイトの子がそれをいいことにやりたい放題。時間通りにお店に来ない、お店を開けない、店に来たとしても、オープンサインを点灯しないで遊んでる、閉店時間よりも、かなり早くお店を閉めてしまう。

 

結果、この店はすぐに潰れました。

 

私はオーナーが自分の店にこだわりを持っている様には感じませんでした。バイトの子を指導するですとか、マネージャーを雇うとか、自分で時々は見に来るとか、そういったやるべきことをやってなかったと思いますし、大本は覚悟が無かったのではないかな、と思います。これでは単に丸投げですよね。

 

スポンサードリンク

 

◆最後に

覚悟を持つって、時に勇気がいることだと思います。何かを始めたり挑戦する時は、不安がある、変化も起こる、そして失敗がつきものだから。

 

誰がやってもスンナリ行くことは稀で、新しいことに挑戦したら失敗ですとか、壁にはぶつかったりするものです。

 

でも覚悟を持っていれば大丈夫です。大概の事は何とかなります。

 

だからもし何か新しく始めるのであれば、まずは覚悟をもって下さい。勉強したり知識を集めたりということは、そのあとで大丈夫。そうすれば成功への確立はぐっと高まることは間違いないと私は思います。

 

アメリカでのレストラン経営についてはこちらでまとめています↓

関連記事

関連記事

コメント

    • シリアル
    • 2020年 6月 17日

    はじめまして ノースカリフォルニアでレストラン経営を夢見てます
    旦那さんはシェフとしてアメリカで30年以上経歴があります が 貯金は訳あってさっぱりありません 居抜き物件探してるんですが どうやって探したかなど詳しく教えていただけたら嬉しいです

      • ツイックス
      • 2020年 6月 17日

      はじめまして。メッセージありがとうございます!
      旦那様はシェフとしてアメリカで30年以上の経歴があるとのことで、凄い技術をお持ちですね!

      居抜き物件を既に探されているのですね。
      私達が物件をどのように探したかというと、インターネットの3つのサイトを使いました。

      ①Biz Ben
      ②Biz Buysell
      ③Craigslist 

      の3つです。

      ノースカリフォルニアでの物件をお探しでしたら、①のBiz Ben にてたくさんの情報が見つかると思います。
      質問の答えになっていますでしょうか??
      Biz Benはカリフォルニアの物件の専門のサイトになるので、カリフォルニアでと場所を既に決めているのであれば、
      このサイトが便利かと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る