やろうかな?はスタートの合図!アメリカで飲食店を開業した話

アメリカで飲食店経営したいけど、難しそう・・

お店出したいけど、どうやればいいかわからない・・

 

飲食店じゃなくても、思い切って一歩踏み出して何かしてみたいけど、「いろいろ考えた結果、やっぱりやるのを止めました」という人、たくさんいると思います。

 

特に海外にいると、自分は外国人ですし、自分の英語の不安がぬぐえないですし、経営者としての経験どころか、アメリカでの飲食店の知識がないとかって考えてしまって、やりたい気持ちがあっても恐怖の方が大きくなりますよね。

 

私自身も、夫がアメリカでレストラン経営したい、と言い出した時は、夫がアメリカ生活が長くても、自分はアメリカに来てまだ2年半位しかたっていなかったので、英語力無かったですし、アメリカで働いた経験もほぼゼロでしたし、マネジメントスキルなんて無いし、レストラン経営の事なんて全く知りませんでした。アメリカのことすらまだよく知らないのに、異国で飲食店経営のことなんてわかるハズが無いですよね?

 

でも、私たちはレストランビジネスをスタートさせました。

 

「難しそうだけど・・でも、やってみようかな?」

 

という気持ちが、そのタイミングで心に湧いてきたからです。もし今、このタイミングでやらなかったら、

 

「一生やらないな」

 

と思ったからです。

 

毎月安定した給料をもらうサラリーマン人生ではなくて、不安定でも自分のお店を持ちたいと夫が言い出した時に、

 

「そんなのはやめた方がいい!」

 

と妻としては言う所だったのかもしれません。

 

でも私たちは、

 

「やってみようか」

 

という方向に舵を切りました。

 

その結果どうなったか。

 

地道に経営を続けて、地元のお客様にも受け入れて貰えて、お店を売るときは、買ったときよりも高い値段でお店が売れました。

 

そして経営の知識やスキルを学んだだけでなく、価値観の変化も起こりました。そしてレストラン経営をした体験は何物にも代えがたい経験になりました。今後の私の人生を助けてくれる経験になったことは間違いありません。

 

もちろん経営自体はメチャクチャ大変です。それこそ苦労の連続です。

 

でも実際にやってみることでしかやっぱりわからないし、知識だけ持っていても、行動に移さないと意味がないということは、経営していく中でほんとに腑に落ちました。

 

「実際に体験してみることが大事!アメリカで飲食店を開業した日本人夫と私の想い」

 

スポンサードリンク

◆経営してみてわかったこと

従業員と経営者の考えって180度違うよ、と聞いていましたけど、本当に真逆でした。

 

自分の資金でお店を始めているので(夫のお金ですが)、必要な食材を自分のお金を出して買っているわけですし、何か設備が壊れれば、修理代も払うわけですよね。従業員への給料や家賃も払っているわけです。

 

だからオーナー側からしたら、食材も無駄にしたくないですし、機材も大事に使って欲しいですし、従業員にさぼってほしくないし、何1つとしてムダにはしたくないわけです。

 

これは従業員だとなかなか芽生えない感情だと思います。極端に言ったら、食材は使い放題、資材機材もあれば使うって感じですよね。だって自分はお金出してないから。

 

自分も従業員だった時は、あるものは使おう、という考えでしたし、コストを削減しようって意識がゼロではなかったですが、オーナーと比べたら低かったです。やっぱり実際にその立場にならないと、わからないものだと思います。

 

お金のありがたみもわかりました。1セントを稼ぐって本当に大変です。1セントが100枚集まって、1ドルです。1セントでも不足していたら1ドルにはならないんですよね。1セントだったらいいか、ではなくて1セント無駄には出来ない、に変わります。

 

お客様が来てくれるありがたみも知ります。お客様が来過ぎて大変だ、と思うこともありますが、お客様が来ない時ってお金入ってこないのでほんとにツライですよ。

 

仕事に対する姿勢も変わります。社長は働かなくていい、とかっていう大きな勘違いをしてましたが、働かない社長の下では従業員も働かないです。

 

レストラン経営って簡単ではないですし、最初から大きく稼ぐというのは難しいことかもしれません。

 

でも経営者としての経験をすると、自分を根本から変えれてくれます。ものの見方が変わるし、それこそ経営の事だけではなく、お金の使い方、時間の使い方、人間関係も含めて、価値観はひっくり返ると思います。

 

 

それこそ、ものを見る角度が1度は絶対に変わったと思う。この1度って小さいですが、時間がたてばたつほど、大きい差になっていくのだと私は思っています。

 

だから出来るなら、もっと若い時から体験しておきたかったと感じます。

 

スポンサードリンク

 

とはいえ、海外で飲食店経営したいと思っても、いきなり経営者っていうのはハードルが高いと思います。

 

だからもしあなたが既に海外にいるなら、飲食店でもどこでも従業員として働いてみて欲しいと思います。

 

バイトでも社員でも働くことで、学ぶことってたくさんあります。マネージャーやオーナーと直接話を聞くこともできます。

 

ただ従業員として働いているのと、いずれはオーナーになる為に働くのでは視点が違ってくるので、そういったことも勉強になります。

 

自分で実際に働いて体感して、これは難しそうだな、と思えば、オーナーになるのを止めればいいし。

 

ただし、最初に誰に聞くかはとても大事だと思います。

 

苦労ばかりで失敗している人に話を聞いたら、「やめといた方がいい」というにきまってます。

 

成功している人に話を聞いたら「大変だけど、やってみた方がいい」と言うと思います。

 

あなたがもし、既にそういった経験とかマネジャーの経験あって、それで開業したいなら、勇気をもって一歩踏み出してみてください。最初の一歩って、情報収集する、ビジネスサイトに登録する、物件みたいと連絡してみる。こんなことからでもいいと思います。それでも大きな、最初の一歩ですよね。

 

リスクが少ないのは居ぬきでオーナー権を買うだと思います。私たちが取った方法はこのやり方です。私は経験無くてもなんとかやっていけました。だから経験のある方ならもっと上手くやれると思います。

 

私の場合は何も知らなかったから、逆にスタートを踏み出せたというのはありますが・・。

 

経験も知識もあるなら、あとはやりながら学ぶ、走りながら学ぶ、これだけだと思います。

 

大事なのはたくさんの情報を出来るだけ集めることではなく、たくさん勉強して頭でっかちになることでもない。

 

自分で体験することだと私は思います。

 

「覚悟を決めると結果が変わる!アメリカで飲食店を開業した日本人夫の本気」

 

アメリカでのレストラン経営についてはこちらでまとめています↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る