なぜアメリカは車社会なの?米国では鉄道より車&飛行機が重要な交通手段

アメリカって車社会って言われますが、ほんとにその通りで、車が無いと生活がとんでもなく不便だなって感じるんですよね。

 

歩いていける距離にスーパーがあっても、商品が大きいし、重い。だから車が要る。

 

バスや電車の交通手段はあるけど、最終が早かったり、車の方がはるかにラクにアクセスできたりします。バスはやっぱり時間が正確ではないですし、本数が少ないこともあります。

 

スーパー行くのに自転車もアリと言えばアリですが、そういった人を見たことがほとんどないですし、頑丈なチェーン掛けないとむしろ買い物している間に自転車盗まれちゃう心配が出てきます。

 

ニューヨークとか、サンフランシスコへ行けば電車が充実していますが、都市部から少し離れれば、車がないとかなり不便だと思います。

 

車はアメリカで超重要な移動手段で、アメリカの経済を支えていると思います。いまだに多くの車が販売されているし、自動車産業はアメリカの経済の要でもあります。そういったことも含めてアメリカは車社会ということですね。

 

アメリカの中距離と近距離の移動は車で、長距離移動は飛行機がメイン、という感じですね。

 

スポンサードリンク

 

多くの地域では電車は日本ほど発達していない

日本の電車網ってほんとに凄いですよね!

 

本数多い、時間に正確、駅にトイレはあるし(しかもキレイ)、駅ビルで手軽にショッピングもできてしまいます。駅を中心に、街が発達しています。

 

アメリカはというと・・

 

ユタ州のソルトレイクシティに住んでいた時、電車を使って学校に通っていたんですけど、まず駅にトイレがない。そして大概は駅近くに店もない・・。(トイレに行きたいのになくて困った経験アリ)

 

で、駅員もいません。要するに、無人。切符は自動販売機で買って、電車が来たら乗るだけ。

 

だから切符買わずに乗ってしまう人がいるんですけど、抜き打ちで車内で切符確認をしている場合があります。こんなつまんないことで、警察にお世話になりたくなかったのでもちろんちゃんと買ってましたけど。

 

要するに駅中心に町が発展してないです。

 

シアトルでも電車はありましたが、1度も使わずに終わりました。観光地に行くときは車かバス使ってました。せっかくだから1度くらい、電車に乗っておけばよかった・・。

 

ラスベガスに関しては電車ナシ・・。中心地のストリップ大通りにあるホテル間を走っているモノレールはありますが、これは完全に観光用です。

 

ニューヨーク辺りは逆に電車が発達していて車が要らない、とは言っても、アメリカの多くの地域では電車はあまり発達してないというのが実際のところです。

 

飛行機

アメリカは土地が広すぎるので、長距離移動は飛行機を利用します。

 

西海岸のロサンゼルスと、東海岸のニューヨーク間は飛行機で6時間かかります。こんなに距離があると、国内線というか、ちょっとした国際線ですね。

 

飛行機の利用者は年々増えているそうです。アメリカは世界一の航空路網を持っています。航空会社も競争が激しく、合併や吸収を繰り返してきました。アメリカの現在のメインの航空会社は、

 

●アメリカン

●ユナイテッド

●デルタ

●サウスウェスト

●アラスカ

などです。

 

アラスカ航空って正直アメリカに来るまで詳しく知らなかったんですけど、小さいのかなと思いきや、保有機数が数百機!グループ会社も含めて300機くらいは持ってるみたいです。かなり大きい会社です。

 

でもそれより大手なのがアメリカンやデルタ、ユナイテッドなど。アメリカンは900機近く飛行機を持っているみたいです。この数はちょっと凄すぎる・・。900機ですよ?

 

ちなみにANAの保有機材は292機、JALが231機です。

 

アメリカの簡単な交通の歴史

アメリカの交通手段は簡単に言うと、「鉄道から車・飛行機へ」と移っていきました。

 

1830年代鉄道が造られ、線路が引かれ、1900年までに鉄道がアメリカの大動脈となりました。

 

しかし車の普及、第二次世界大戦後の高速道路の建設、航空機の台頭により取って変わられました。鉄道は現在、ほぼ貨物運輸だけに使われているようです。

 

スポンサードリンク

 

おまけ

よくアメリカの映画で、移動するのにスケボーを使うシーンがあったんですけど、実際もスケボーに乗って移動している人、割といますね。

 

映画だけの話じゃありませんでした!

 

道路が整備されていて、道が真っすぐだし、短距離だったらスケボーもありといっちゃアリかも~。女の子でも結構スケボーに乗っている人、見かけます。

 

ちなみにアメリカ人で、公共のバスに乗ったことが無い、という人に会ったことがあります。アメリカ人は10代の頃から車運転してますし、バスに乗る必要が無かったのかな?と思いきや、

 

「公共のバスは危ないから、乗っちゃダメって言われてて、乗ったことがないんだ」

 

エ?

 

いやいやいや、私バスに乗ったことあるけど、そこまで危険じゃないですからね。確かにたまに変わった人が乗ってますけど、時間帯を選べば彼が言うほど危なくないです。

 

というかそれ程車社会だということなんですね。

 

最後に

「もし車が無かったら」と考えてみたのですが、やっぱりアメリカ生活だと行動が制限されてしまうんじゃないかなと思います。時間や天気のことも、もっと気を遣わなければならなくなります。旅行に行くとなっても、ツアーとかを検討するようになるのかな~。

 

休日に花火大会があった時、バスと電車が動いてないとか間引き運転とかなんとかで、車が無い友達が会場に来れなくて、結局車がいるんだな~、と実感しました。

 

アメリカでは車があった方がやっぱり断然便利だし、アメリカ社会には欠かせないものなんでしょうね。ロサンゼルスとかシアトルの車通勤は渋滞酷くて大変みたいですけどね。

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

フィアンセビザ申請からグリーンカード取得までの流れと体験談はコチラでまとめています↓

アメリカの大自然についてはこちらでまとめています↓

英語への苦手意識を吹き飛ばしたい!↓

夫がアメリカ人になった理由などはこちらで書いています↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る