感情のコントロールが成功の鍵!アメリカで飲食店経営した私流やる気の出し方

アメリカで日本人夫と共に飲食店を経営していた時に、

自分の感情(特に、怠けたい気持ち)をコントロールする事ってすごく大事だなあ」

と思ったんですよね。

 

お店を経営していた時は、毎日辛くて大変で、

 

眠い・・

だるい・・

ラクしたい・・

さぼりたい・・

 

といくらでも湧いてきてましたし、常に思っていたかも。

 

でもお店を経営している間、もちろん寝坊はしてませんし、自分に出来ることはやってきたつもりですし、あなたが一番よくやっている、という言葉を頂いたりしました。大変なことはあっても、2年間大きなトラブルもなく、スムーズに売却もできました。

 

経営する中で、たくさんの学びがありましたが、感情をコントロールさえ出来れば上手く行くということも気づきました。

 

この感情は曲者で、とてつもなく強いエネルギーを持っていたりしますが、それでも感情をコントロールすることは可能ですし、感情を制するものが、すべてを制する!と言っても過言ではないと思います。

 

スポンサードリンク

 

自分をコントロールする 自分の管理

怠けたい気持ちって、お店の経営だけではなくて、それこそ毎日の勉強、仕事、家事育児などでも発生しますし、誰にでも当たり前に湧いてくる感情だと思います。

 

自分は特に、朝起きた時のグダグダ感がひどかったです。睡眠に対する欲望が自分は強いので、まだ眠い、横になってたい・・と毎朝思っていましたし、目覚まし時計を3段階にしてやっとベッドから起き上がってました。

 

心地の良い寝起きというのではなくて、自分にムチを打ってやっと起きてました。

 

ラクしたい・さぼりたいの感情に振り回されてしまったら、行動しない=自分のゴールには近づいて行かないので、感情を管理・コントロールすることがキーですが、具体的にはどういったことをしていけば自分に打ち勝っていけるのでしょうか。

 

●自分の目標は何かを確認する

「やるのだるいな・・」と気持ちが湧いてきた時、自分の目標は何か、ゴールは何か、自分の夢は?ということ問いかけてみます。

 

自分が今日やること、今やっていることは、とても小さなことに見えるし、自分の大きな夢に近づいている感じがしないかもしれないし、「こんなことやっても意味ない」と思うかもしれません。やりたくないことかもしれません。

 

でもそれが目に見えないくらい些細なことであっても、1㎜しか近づいていなかったとしても、今やっていることは、1㎜は確実に夢に近づいています。

 

自分は確実に成長していますし、やりたくないけどやる、ということで自分自身の心も鍛えられています。

 

心が鍛えられると、同じことをやるでもその後どんどん心がラクになってきます。

 

●目標を見える化する/音声を聞く、音楽をかける(ポジティブなもの)

とは言っても、朝起きてすぐなどは「自分の目標はコレ!」とか「自分の夢は大金持ち!」と、そもそも考えられないですよね。

 

眠いからそんなことは頭に浮かばないし、消えてます。

 

そんなときは視覚を利用すると良いかもしれません。

 

私は自分の目標や夢の写真を寝床に飾っておいて、朝起きたらすぐに目に入るようにしていました。

 

目標を具体的に落とし込むのに視覚は非常に役に立ちます。見るだけですから。

 

文字にして貼っておくのもいいですよね。「目標:売上○○!」とか。

 

また作業中は、自分のモチベーションを高めてくれる音声を聞き流したり、楽しい音楽をかけたりして気持ちを高めてました。

 

自分達のレストランの隣のお店からは、お店の準備中と、お店の閉店後に大音量の音楽がよく流れてきていたのですが、彼らにとっては音楽が面倒な準備時間を少しでも楽しくする方法だったと思うし、お店を閉めたあとの掃除も、楽しくする為の工夫だったのだと思います。

 

私も帰宅して料理をするときは、大概は何かを聞きながらやっています。ポジティブなyou tubeだったり、音楽だったりしますが、それにより苦手な家事が少し楽しくなったり、頑張ろう!という気持ちになるんですよね。

 

●毎日やることを決める、そして自分自身と約束する

もう少し目先のことになりますが、「毎日、これだけはやる!」「これだけは今日、絶対に終わらす!」と決めるのも良いですよね。

 

例えば、今日はこれとこれを必ず仕入れに行くとか、この資料を作成するとか、ここの部屋だけは必ず今日掃除する、とか。

 

で、終わるまでは寝ない。

 

その日にやることをその日に決めるのでもいいですが、時間を有効に使う為に、私は「前日の夜にやる事を決めておいて、翌日は実行する」というマイルールにしていました。

 

●環境を整える

環境を整えるのはとてもいい方法だと私は思っています。

 

先ほど書いた、写真を貼るというのも環境を整える事ですし、断捨離するのもそうです。モノには思い出が宿っていて、見ただけで思い出が蘇ってしまうので、私は極力、モノを置かないようにはしてます。

 

例えば、

 

「これは〇〇ちゃんからもらったものだったな~。彼女元気かな?連絡してみようかな」

 

となって、私は長電話になりがちでした。漫画が目に入ったら読みたくなちゃうし。誘惑に簡単に負けてしまいます。

 

なのでそういったモノを見えない所に片したり、断捨離するというのは夢を叶えるには良い方法だと私は思います。

 

自分の体験談だと、

 

朝目が覚める

だるい~、眠い。

でも自分の夢の写真が目に入る

ちょっと「頑張ろう」が出る

音声や音楽を聞く

聞いているうちに「これをやることが未来に繋がっているのだ、自分を高めることに繋がっているのだ、自分の夢に近づいているのだあ!」と長期的視点を思い出す

 

この繰り返しをしていた様に思います。

 

だから2年間、ほぼ毎日、大きな問題なく営業が出来たのだと思います。

 

自分を管理できない人が、他人を管理はできない

自分自身を管理できない人が、他人をコントロールはできないなあ、と思うんですよね。

 

自分自身をコントロールするのですらこんなに難しくて大変なのに、まして他人のコントロールをなぜ出来るのかって話です。

 

そもそも自分をコントロール出来ていない人の話を他人が聞くとも思えないですし、自分をコントロール出来て初めて、他人も心を開くというか、話を聞く状態になれるのではないかなと感じます。

 

だから、上に立って人を管理したいなら、まずは自分を完全にコントロールですね。

 

スポンサードリンク

 

最後に

自分の感情をコントロールできないのは、人のせいとか、環境のせいと言っている人がいますが、私はそうではないと思います。

 

自分の性格だからとか、感情だから自然現象だよ、でもないと思います。

 

感情をコントロールしている人はたくさんいて、怒りをぶつけられても、気にしないように視点を変えていたり、怒りをぶつけられて、問題点がある場合は時間決めて考えて、それ以上はダラダラと考えない、と決めているとか工夫をしているからだと思います。

 

ネガティブな感情であっても、本人の受け取り方次第で良い方向にもっていくことが可能なんですよね。気分転換になることをして、感情の対処法を自分で知っているとか。

 

感情は練習や努力で管理できますし、そうすることが夢やゴールに近づく一歩なんだと私は思います。

 

「覚悟を決めると結果が変わる!アメリカで飲食店を開業した日本人夫の本気」

 

アメリカでのレストラン経営についてはこちらでまとめています↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る