アメリカで車を運転する際の注意点!旅行先で運転でもルールを知っておけば大丈夫

日本で運転していてもアメリカで運転となるとちょっと怖いですよね。

 

右側走行で左ハンドルだったりと交通ルールが日本と違いますし、田舎道ならまだしもハイウェイとか混雑している町中は心配になると思います。

 

でもルールと注意点を抑えておけば大丈夫です。

 

今回はアメリカでの運転の注意事項を7つ紹介します。

 

スポンサードリンク

 

左ハンドル

アメリカは右側走行&左ハンドルなので、指示器はハンドルの左側、ワイパーのレバーは右側についています。

 

マイル表示

道路標識はマイル表示です。

 

25マイル=40キロ

30マイル=48キロ

45マイル=72キロ

50マイル=80キロ

60マイル=96キロ

70マイル=112キロ

75マイル=120キロ

 

町中の制限速度は大体25〜45マイルくらいですね。

ハイウェイの制限速度は60〜75マイルくらいだと思います。

 

アメリカって直線道路が多いですが、真っ直ぐな道路を走っているとスピードが出て無い様に感じます。でも結構出ているので注意です。

 

赤信号でも右折可能

 

赤信号でも右折可能

【赤信号でも安全を確認して右折する白い車。上の動画は10秒と短いので良かったら見て下さい。】

 

「右折したい、でも赤信号」という時、左側からも対向車も来なくて「安全だ!」と確認できれば右折して大丈夫です。

 

ただ「no turn on red」の標識がある場合は、赤信号でも右折ができません。

 

この標識がある所は見通しが悪い所や人が多い所です。例えば坂道とか道がカーブしている所にあります。

 

左車線は追い越し車線

【上の図は上りと下りの2車線づつの道路】

 

進行方向に向かって左側の車線は追い越し車線です。例えば、2レーンのハイウェイなどでは基本的には右側を走行します。

 

前方の車のスピードが遅くて抜かしたい場合、左に車線変更して車を追い越して、また右車線に戻ります(上の図の黄色い車)。左レーンでマイペースに走っていると、流れを止めてしまうので注意です。

 

日本はこれが逆ですよね。

 

3車線ある場合でも1番左は基本的には追い越し車線。でもその先で左折したい場合は左レーン走行で大丈夫です。

 

スポンサードリンク

 

ALL STOPサイン(4 way stop)

 

オールストップサインとは、信号のない交差点のことです。でも全方向にストップサインがあります。

 

ストップサインなので、交差点についたら一時停止。交差点に先に到着した順番に走り出します。例えば、1、2、3の順に交差点についたら、再び1、2、3の順に発進します。

 

カープールレーン

カープールレーンは自動車に2人(3人以上の所もある)乗っていればこのレーンを走って良いですよ、というレーン。

 

大体はハイウェイの1番左側の車線にあります。基本的に1台に1人の場合は使えません。時間帯によっては使える所もあるみたいですが。

 

そういえば、クマのぬいぐるみを人の代わりに助手席に乗せて、カープールレーンを走行、バッチリカメラに収められていたニュースをテレビで見た事がありました。もちろん罰金です。

 

踏切は止まらない

踏切があっても一時停止はしなくてオッケー。というか停まったら追突されるかも。

 

ただスクールバスは一時停止しています。

 

スクールゾーンに注意

(出典:https://www.colorado.gov/pacific/sites/default/files/DriverHandbook.pdf

 

黄色いスクールバスが走っていたら要注意。

 

子どもが乗降している場合は、バスに備わっている赤色のストップサインが出ます。上の写真で言うと、バスの前方左に着いている赤い丸がストップサイン。

 

この時にバスを追い抜いたりすると罰金。しかも罰金が高いです。

 

学校付近を車で走る場合、10マイルとか20マイルでゆっくり走らなければならない時間帯もあります。主に登下校の時間です。この場合は標識にライトがついていて点滅しています。

 

ぶつかりそうになった体験談

私はアメリカでぶつかりそうになった事が2回あります。

 

1回目はハイウェイ走っていて合流の時、ちゃんと後方を確認してなくてぶつかりそうになりました。相手の車は怒ってクラクション鳴らして叫んでました。

 

・・ぶつかりそうになったことも、私に向かって叫んでいたドライバーも怖かったです。

 

よく聞こえなかったけど、

 

「あぶねーじゃねえかコノヤロー!」

 

とか叫んでたかな?

 

2回目は徐行していて、私のレーンへ車線変更したがっていた車がいたので、どうぞと最初は譲りました。でも中々入ってこなかったので、じゃあ直進しようとしたら、あちらも侵入してきました。お互い譲り合ったものの、タイミング逃してお互い進もうとしてぶつかりそうになりました。

 

危なかったなあ。

 

スポンサードリンク

 

私が思うこと

アメリカはやはりスピード出している車が多いなあと思います。

 

指示器を出さないで車線変更してくる人も結構いますね。あと、余裕を持って車間距離あけて走っていると、その空間にぱっと割り込んでくる車も割といます。車間距離が短くない?って私は感じてしまいます。

 

まあ多少は流れに乗るのも大事だと思いますけどね。

 

あと今日あった出来事。

 

急いでいたのか、真後ろから凄いスピードの車が来て、でも私はマイペースで運転してました。その後、もちろん抜かされたのですが、その時の抜かされ方がこう。

3車線道路で、ピューンと抜かされました。ちょっと嫌味っぽい抜かされ方でした。(笑)いやべつにいいんですけどね。

 

いやー、私はこの先で左折したかったので1番左車線にいたんだけど、私の運転スピードは遅すぎたかな?

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る