自分を見つめなおしたい時におすすめの啓発本~「かぼ」感想

最近、石井裕之先生の「かぼ」という本を読みました。

 

読むきっかけになった理由は、とある私の尊敬する方がおすすめしていたからです。この本は小説なのですが、見方を変えれば自己啓発本ともとれる本だと思います。

 

「かぼ」というタイトルも気になっていて、どういう意味だろう?と興味も惹かれました。

 

スポンサードリンク

 

まず小説という観点からみると、最後の最後で私は驚かされました。

 

最後、こんな展開になるとは想像していなかったのでびっくりしましたが、その予想外な終わり方が本を読み終わった後もなんというか、しばらく余韻として残りましたね。

 

このような終わり方は個人的にはとても好きです。

 

本購入前にレビューをチェックしてて、「すごく泣きました」というコメントを見たので、自分も泣くかもな~なんて思っていたのですが、泣きはしませんでした。

 

でも泣くまではいかなくても、感極まったり、考えさせられる箇所がいくつもあって、一気に読み終えた感じ。

 

続きが気になって、夜中の3時を過ぎているというのに読むのを止められなったです。読みやすい本でもあると思います。じんわり心が温かくなる、優しいお話。

 

啓発本という観点からは、

 

・幸せそうにしている人でも、過去に辛いことを経験していたり、とてつもない努力をして今がある。その逆もあって、今辛い環境にいても、努力していけば道は開ける

・目の前の人、目の前のこと、そして今を大事にする(たとえそれが時に無意味に思えたり、その人と別れが来るのがわかっていたとしても。)

・誰かの代わりではなく、自分にしかできないことがある

 

このようなメッセージをこの本から受け取りました。

 

スポンサードリンク

 

もっと他にもあるんですが、主人公たちの会話が、私自身に質問を投げかけているように感じたり、「私にしかできないことってなんだろう?」と考えるきっかけになったりしました。

 

なので時々顔をあげて、本を読むのをストップして思いを巡らせながら読んだ感じ。

 

自分を見つめなおしたい時におすすめの本だと思います。

 

本の良い所というのは、自分の解釈ができることですよね。画像や動画があるわけではないので、自分の想像する、自分なりの主人公像ができて、「顔はこんな感じかな~」とか、「こんな言い方かな~」と考えを膨らませることが出来るのが魅力です。

 

また最初に読んだときはこう思ったけど、次に読んだときは違う解釈になったり、自分の成長や心理状態によっても解釈って変わるんですよね。

 

アメリカに来てから、「せっかくアメリカにいるんだから」と日本の本は積極的に読んでいなかったのですが、基本的には本は好きで、自分の世界・本の世界に浸れるので本を読んでいる時はやっぱり楽しい時間でした。

 

お勧め自己啓発本「7つの習慣」の感想と要約!成功したいなら読んでおこう

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカの大自然についてはこちらで書いています↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る