海外在住なのに英語出来ない!仕事怖い!な私がアメリカ生活6年目で辿りついた克服法

アメリカに来たものの、アメリカ人が何を言っているかわからない、英語の勉強はしてきたのに外国人と意思疎通を図れなくてショックで落ち込む人は大勢いると思います。

 

むしろ日本で英語を勉強してきたのに、ネイティブのスピードが早すぎて圧倒されるというパターンは多いのではないでしょうか。

 

私は渡米後にアメリカ人のスピーキングの早さにビックリしたのはもちろんですが、現地の英語を全く理解出来なかった自分自身に衝撃を受けて落ち込みました。

 

スポンサードリンク

 

語学学校で逃げまくった日々

私は大学時代の専攻が英米文学だったので、英語自体に興味はある方だったと思います。

 

よく英文科なんだから喋れるんでしょ?と言われるのですが、英文科と言っても基本は文学部。英語を読むことはしていましたが、喋りはほんとに苦手で、外国人の先生のクラスが大嫌いでした。

 

でも渡米すればラクに英語を話せる様になるに違いない!と勘違いしていたので、渡米が決まった後に英会話スクールに通って準備する事はしなかったし、自分で勉強することもあまりしないままアメリカで結婚しました。

 

私の渡米初期はどうだったのかというと、スーパーで店員さんが話しかけてきても何言っているかサッパリわからなくて、いつも夫の影に隠れていました。外出自体は大好きなのに、誰かに英語で話しかけられるのが怖い。簡単な事にも対応出来ない自分に直面するのが嫌で、一人で出かけるのが大嫌いになりました。

 

そのくせ夫とか日本人の前で自分の下手くそな英語を聞かれるのも物凄く嫌でした。自分の英語力がバレてしまうのを恐れていたんだと思います。

 

これじゃいけないと思い語学学校へ行ったものの、クラスわけのテストでスピーキングのレベルがまさかの1だったんですよ。3段階評価じゃないですよ、5段階評価で1。英会話をしてこなかったとはいえ英文科で航空会社に10年勤務していたのに、やばい通り越してショックでした。

 

渡米して2、3年は語学学校とかコミュニティ・カレッジに通うとか語学のことしかして来なかったです。学業が大変だと思うときはもちろんありましたが、先生と自分、友達と自分という関係性だけなので、基本的には他人に迷惑をかけるということがありません。自尊心を守りながら英語を学べる。私にはもってこいの場所だと思いました。

 

仕事でも逃げまくった日々

その後夫が転職に失敗した時は私も何かしなくちゃ!と思い、勇気を振り絞って近所のジャパニーズレストランのバイトの面接に行き、採用はされました。

 

でもそこであまりに電話を取るのが嫌で、フロアが広いレストランだったのをいいことに、電話が鳴ったらさり気なく離れて応対を回避していました。相手の顔が見えない分、会話力を必要とする電話応対が私は死ぬほど嫌だったんです。

 

他の人にやってもらうとか、他の人が電話に出ればいいとか、逃げ回ることばかり考えてました。

 

電話意外でも、ハア?って言われたこともありますし、冷たくあしらわれたこともあるし、お客さんとコミュニケーション取れて無くてクレーム引き起こしたこともありました。「これはオーダーしてないわ、私はあれを頼んだのよ」。

 

仕事を始めてからはそういうのばっかりで悔くて仕方がなかったです。ダメな自分を見たくない、受け入れたくない。だから避けてきたのにそれが現実としてめちゃくちゃ見えてきました。

 

やることやってないのに日本から持ってきたプライドだけは高くて、それを守りたくて、でも自分に実力がないのは誰よりも知っていたからそんな状態が余計に辛くて。

 

日本にいる時も自分の英語は恥ずかしいと英会話から逃げ回ってたのに、アメリカでも逃げてる。結局場所が変わっただけでやっていることは同じだったんです。

 

逃げ回るのを止めた

数年経っても英語を話すのが怖い。間違えることが怖い。

 

でも私は人に迷惑かけてる

 

自分だけが困るのは仕方がない。でも私はお客さん、同僚、マネージャーに実際迷惑かけていました。

 

最低3人くらいは必要とするフロアを、1人が休んだ為2人で回さなければならなかった日。しかもそういう時に限ってどわーっとお客さんが押し寄せました。私は質問ばかりする、電話は逃げるで役に立たなかったので、もう一人のYちゃんに本当に迷惑をかけてしまったんです。

 

でも彼女は私を攻めずに、「むしろ入ったばかりなんだから仕方ないよ」と言ってくれました。それが本当に申し訳なくて。

 

英語が出来ないと逃げ回っていて、努力とか対策をしてないのではないか。ただ出来ない怖いと言ってラクな安全地帯にいるだけで、何も行動してないだけなのではないか。そう感じた私は、

 

怖いけど1歩でも半歩でもいいからやってみよう

恐怖を消すことは出来ないど、行動することで恐怖を減らすことは出来るんじゃないのか?

 

そう思う様になりました。その時やったことは、

 

・電話応対が苦手だったので電話の会話の流れを勉強した

・相手が何を言っているかわからないなら、ゆっくり喋ってと言った、リピートバックした

・英語のインプットやアウトプットの量を増やした

・今までは試して来なかったが自分の英語が伸びそうだなという方法は取り入れて実践するようにした(私の場合はシャドーイング)

・怖い気持ちを一旦脇に置いて、完璧じゃなくていいから場数をこなした

 

電話出るのは大嫌いでしたが、それでも電話から逃げ回るのは止めました。とりあえず何も考えずに電話が鳴ったら取って、何言ってるかわからなければゆっくり言って。それでもわからなければ対応を変わってもらってました。

 

クレーム引き起こしても私はお店に行きました。仕事中にスムーズに行かなかったことは全部メモして、帰宅してから何が悪いのか、どうしたら改善出来るのかを書いて一人で振り返ってました。

 

スポンサードリンク

 

今現在の自分

今の私の英語力はどうなんだろう。もちろんネイティブレベルでは全くありませんし、聞き取れないとか知らない単語も山のようにありますし、今もビビるということはよくあります。

 

でも渡米当時より確実に伸びているのは感じていますし、電話も苦手意識はまだありますが、多少は大丈夫になっています。面接へ行って質問内容がイマイチよくわからなくても、「違う言いまわしで言って貰えますか?」とカバーする方法も身につけました。

 

語学の習得ってとても時間がかかるので忍耐が要りますし、本当に大変ですよね。

 

でも私はこれからもずっと英語とは向き合っていくつもりでいるし、自分がなりたいイメージ像に近づく為に、時間をかけてでも更に上のレベルを習得していくつもりです。

 

渡米して6年が経って英語について今思うことは、

 

●怖いと思うのは普通

失敗したらどうしようや怖いは誰にでもありますし、私もたくさんしてきましたし、今もします。正直言うと、失敗したくないです。

 

でもむしろ失敗し、悔しい思いをしながら「でも次こそは・・!」と試行錯誤しながら身につけていくのだと思います。程度は違うけど今も怖いという感情はあるので、きっと何年経っても恐怖は無くならないし、だとしたら少しでも動くしかないんだろうなあと思います。

 

●やればやるだけ身につく

「言葉は使わないと覚えないよ」と言われましたがその通りでした。やってるのに何か上達している気がしないという時期もあるのですが、それでも続けていくと徐々に言語が立体的になってくる感覚が出てくると思います。

 

●やればやるだけ自信になる

自信を無くすこともまだありますが、でもやればやるだけ語学は誰でも伸びるんだという感覚や確信を持てたのは大きいです。少しずつ自分が成長しているんだと実感するのも嬉しいですよね。

 

●自分のレベルよりちょっと難しいかな?という環境に身を置く

いきなりガーンと上には行けないし、行った所でストレスがかかりすぎてしまうので、ちょっとキツイとかちょっと負荷がかかるなという環境にいるのが私は合っているかな。タイプにもよるとは思うのですが、「やりなさい!」という環境に行かないと私はやらないので。

 

●英語で意思疎通を図れるのは楽しい

アメリカ人と英語で会話って怖いときありますよね。私も臆病な自分が出て来ているときは未だに怖いです。

 

でも外国人と英語を使ってコミュニケーション取れたらやっぱり楽しいし、嬉しさがこみ上げてくると思います。

 

スポンサードリンク

 

伝えたいこと

英語を勉強しているのに身についている実感がない、スピード早くて会話が怖いという気持ちは誰にでも湧き上がる感情だと思います。日本で既にある程度勉強してきた人でもそう感じると思うし、6年以上アメリカに住んでいる私も今もそう思うし、程度は違っても怖いは消えてないし、何十年アメリカにいる人でも英会話を苦手としている人は日本人に限らずたくさんいます。

 

私も怖い感情が無くなったわけでは無くて、性格が臆病者なのかそんな自分が頻繁に出てくるし、英語のことだけじゃなくて、何をするでも恐怖は湧き上がってくるんですよね。

 

でもそう感じた時に、小さな勇気を出せるかどうか。

 

自分に言い聞かせていることでもあるのですが、失敗したっていいし、間違えたっていいじゃないですか。正確な英語じゃなくても大丈夫なんです。アジア系とか中南米の人の英語をよくよく聞いてみたら、文法はメチャクチャなのですが、ものすごく堂々としていますし、いやむしろ自分の英語は正しい!という感じで話してました。間違っているけど、「My English is perfect!」といつも口癖の様に言っている人いたっけな。

 

私は就職活動を始めて、履歴書出しても殆どの所からは返事来てませんが、でも良いです。募集が出たらそこに出し続けるだけです。回数をこなすことで感覚とか全体像が掴めたり、こうすればいいんだなとか、こうしてみようかなとか、わかってくることもありますよね。でも出さなかったら何も反応が無いので、どう改善していっていいかもわかりません。

 

もちろん怖いという感情は未だにあるし、今後も無くなることはないと思うけど、でもそこでそのまま留まるのか、自分の描くイメージ像に向かって一歩踏み出すのか。

 

行動に移さないと結局は何も変わらないので、少しでいいから前に進んで行けたら良いですよね。

 

 

英語への苦手意識を吹き飛ばしたい!↓

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカの大自然についてはこちらで書いています↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

 

関連記事

関連記事

コメント

    • Yuko Nakajima
    • 2020年 10月 29日

    初めまして。ブログ読んで勇気もらいました!
    アメリカに三年住んでますが、彼氏以外のアメリカ人と会話するのが未だに怖いです。会話についていけないことが多くて仕事も日本人と働けるキッチンスタッフを選んで仕事をしてましたがpandemicの後失業し仕事を探してますが中々同じような仕事がなくサーバーの仕事の面接を明日受けることにしました!逃げずに頑張ってみようと思います。ありがとございます!

      • ツイックス
      • 2020年 10月 29日

      はじめまして。メッセージどうもありがとうございます!

      外国人と会話するのって勇気が要りますよね。私も初対の人や慣れてない人と話すのは未だに緊張します。
      明日、面接なんですね!面接を受けることにものすごい勇気を必要とするのはとてもよくわかりますし、
      だからこそそこに向かっていくのは超大きな1歩だと思いました!

      年末に引っ越しがあり、落ち着いたら引っ越し先で私も就職活動に力を入れていくつもりです。
      明日、頑張ってください、めちゃくちゃ応援しています!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る