アメリカのデパート百貨店がコロナで大ピンチ!メイシーズは人があまりいなかった

コロナで自宅待機が解除になって以降はじめて、近くのデパート「メイシーズ」に行ってきました。

 

コロラド州の経済リオープンは4月27日でしたが、デパートは人が密集するので制限かかっていて、5月の上旬になっても開いてなかったのですが、今日確認したら開いている様だったので足を運びました。

 

スポンサードリンク

 

やはり人がいなかった

駐車場に着いたのですが、「あれ?まだやってないのかな?」と思ったくらい車が停まってませんでした。

 

でもビニール袋を抱えた人が入り口から出てきたのが見えたので、やってるんだなあと思い中に入ったのですが、人が全然いなかったです。

 

平日の昼間だし、コロナが収まったわけじゃないので仕方が無いのかもしれませんが、やはり少なかったですね。でも思ってたよりはいたかな。というか店員さんが異様に少ないなあ、と感じました。

Inside of the department store in Colorado.

気になっていた化粧品があったのですが、化粧品売場に店員さんがいない。これどうやって買うんだろう?と思いつつ、絶対欲しいわけじゃなかったのでまあいいやと久しぶりにブラブラショッピングしました。とにかく人がいないので、不思議な感覚でした。

 

お客さんは殆どの人がマスク着用でした。

 

メイシーズは、コロナで店舗を閉めていたときは通販、現在はネットで注文して店頭でピックアップできますよというサービスもやっていますが、正直経営は大変そうでした。いやコロナで小売業全体が超大変ですよね・・。

【メイシーズの入り口。ここでオンライン購入商品を受け取れる。黒いポリ袋を重しにして看板が倒れない様に抑えているのはなんだか悲しい】

 

スポンサードリンク

 

デパート業界は超逆風

もともとデパートはネット通販に押されて傾いてたし、そこにコロナが直撃でたくさんのデパートが既に潰れてしまいましたね。

 

・シアーズ(2018年に破綻)

・バーニーズ・ニューヨーク(2019年に破産)

・ニーマンマーカス(2020年5月に破綻)

・JCペニー(2020年5月に破綻)

・衣料だとJクルー(2020年5月に破綻)

 

コロナの後に続々とですね。ニーマンマーカスはデパートの中でも高級なので、やっぱ需要がなくなっていったんでしょうか。

 

まだ頑張っているのは、

 

・メイシーズ

・ノードストローム

・コールズ

・ディラーズ

 

あたりかなあ。

 

といっても解雇や一時解雇は余儀なくされているし、どこもヤバそう。もしもだけど潰れちゃったら毎年サンクスギビングデーに行われるパレードもなくなってしまうんでしょうか。アメリカっぽいし、私は毎年テレビで見てて一人で喜んでるイベントなんですよ。と潰れると勝手に決めちゃいけません。

 

ノードストロームも店内に入るとおお!と感じるような高級感・おしゃれ感があるデパートで私は1番好きなので、頑張ってもらいたいなあ。

 

コロナが落ち着きつつあるアメリカ・コロラドの現在。行政とのせめぎ合いで一部トラブル

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る