「日本では○○なのに!」海外の文化に馴染めない&アメリカ生活が辛い時の乗り越え方

目新しくて新鮮に移っていたものが、次第に不満に変わってくることってありますよね。

 

希望を抱いてアメリカ生活をスタートさせたのに、

 

思っていたのと違った

日本の文化と全く違う

なんか馴染めない

この先どうなるんだろう

 

こういった不安に襲われる時があると思います。

 

私もアメリカ生活の初期は何もかもが楽しかったのですが、暫くしてから「これが海外で暮らす現実なんだ」と感じてとても不安だった時期があります。

 

スポンサードリンク

 

アメリカの嫌な所ばかりが目につく

私がアメリカの何にイライラしていたかというと、

 

・アメリカの人は時間にルーズ

・アメリカの人はハッキリ言う(はっきり言わないとわかってもらえない)

 

でした。

 

日本との違いに戸惑って、何なのこの国?!状態になっていたと思います。

 

私は日本にいるとき航空会社で働いました。

 

1分単位で定時性を追求していたのもあり、仕事もプライベートも時間には厳しかったと思うし、それを相手にも求めていました。時間を守らないのは相手をリスペクトしていないのと同じ、そう思ってました。

 

でもアメリカで生活するようになって時間にルーズな人がかなりいることを知りました。私は適当に扱われているんだと感じてしまうことが多くなりました。

 

自分が大事にしていた価値観や考えがこの国ではそこまで重要じゃなかったので、それを受け入れるのがとても苦しかったです。

 

ハッキリ言う文化だというのも私は苦手でした。言わなくてもわかるよね?が全く通用しません。

 

例えばコーヒーを飲みたいと思っている。でも「いやお構いなく」と遠慮しているとホントにコーヒーは出てきません。

 

あと私はレストランで働いていたことがあるのですが、これにあれを入れろ、入れないでくれ、違うものに変えて欲しいの要望も凄かったです。

 

空気を読むことが好まれる女の世界にいたせいか、日本独特の「曖昧な文化」にどっぷり浸かっていたのか・・私にはきつかったです。

 

私がアメリカ生活で戸惑ったことは細かい所で言えばもっとあります。

 

仕事のやり方が違うのもそうです。

 

お互いフォローし合うのが普通だと思っていましたが、アメリカでは自分の担当の事しかやらない人もいます。手伝ってといえばやってくれますが、でも言わないとやってくれない人もいます。

 

ケーキが甘すぎる、豚ひき肉が売ってないとかもそうでした。

 

とにかく悪い部分ばかりが見えてきて、日本の方が良かった、日本だったこうなのに・・と愚痴ってばかりでした。日本人夫に言っても遠い昔のことなのか、あまりわかってもらえなくて、自分だけが辛いと思えてきたりして、ストレスを抱えていました。

 

コインの表と裏

ストレスを感じていた私は、「日本では○○なのに」という言葉を無意識に連発していました。

 

でもある時、在米の日本人に

 

「日本では○○なのに!という考えは早めに取っ払いなさい」

 

そう言われてハッとしました。

 

しかもほぼ同じくらいのタイミングで違う人からも言われて・・。指摘されるまでそんなに言葉に出していたなんて思いもしませんでした。

 

よく考えたら同じ様な事が私には何度も起こっていました。

 

友達と遊ぶ約束したら、私はキッチリ時間通り、むしろ時間より早く着く。でもいつも待ってばかり。

 

本当はこうしたい、でもハッキリ言えなくて相手に合わせてしまって、自分が辛い。

 

数回だったらまだしも同じ事がが何度も起きたので、あれ?と思うようになりました。何かがおかしいんです。

 

次第にこの国ではこれが普通なのかも?違う見方があるのかも?と考えるようになりました。

 

例えば、

 

時間をキッチリ守ることは細かすぎるのかな?相手は息苦しく思うのかな?

ハッキリ言葉にしたほうがわかりやすいのかな?

曖昧だと、何考えているかわからないと思うのかな?何も考えてないと思われるのかな?

仕事を手伝わないのは、相手を尊重している事でもあるのかな?

 

そう思うようになりました。

 

スポンサードリンク

 

アメリカ生活に馴染む方法

もちろん、文化や考え方の違いをすぐ受け入れる様になれたのかというと全くそうではなくて、徐々にという感じでした。

 

「また約束の時間に来ない!でも仕方ないか、出来ることしよう」とか、「今日はハッキリ自分の意見を言ってみようかなあ」とか(もちろんハッキリ何でも言えばいいといのでは無くて、言い方はアメリカ人も気を遣っています)。

 

ジレンマの間を行ったり来たりという感じです。

 

未だにハッキリ言えなくて、「どっちでもいい」と返答してしまう時もあります。

 

でもそういう時ってやはり相手が困ってるんですよね。

 

最近の話だと美容院に電話して、スタイリストのランクを聞かれたときに、うっかり「どっちでも良いです」と答えてしまった時。でも大分アメリカ生活にも慣れてきているせいか、相手が混乱しているのがわかったので、「やっぱりこっちにしてください」とすぐ切り替えました。

 

 

異文化に中々馴染めないというのは誰にでも起こり得ることです。

 

でも頑なに受け入れずに拒否すると自分が苦しいのではないかと思います。

 

「いや私はずっとこのやり方で生きてきたんです!」と意固地になると、同じ事が起き続けるので辛いと思います。

 

もちろんすぐに割り切るというのは難しいので、ちょっと受け入れてみようかな、こんな考えで相手は行動しているのではないかなと試行錯誤していくと、次第に慣れてきます。

 

そうすると相手の事が理解出来るようになって、ストレスも減ってくると思います。

 

私は「以前の会社ではこういうやり方だったんです」とか「昔はよかった」っていうセリフと似ているのかなあと思いました。

 

でもこんな考えもあるのね!アメリカではこうなんだね!と受け入れて慣れてくると、違いを学ぶ余裕が出てくるし、アメリカ文化に対しての理解が深まってきます。相手も悪気が無いこともわかってくると思います。

 

馴染めないと感じた時に私が取り組んだ解決法は、

 

・友達や家族に話してみる(在米の人はほぼ経験済みなのでアドバイスをくれる)

・「日本ではこうだったのに」という言葉を発していることを認識する

・状況を受け入れる(でもすぐに受け入れようとしなくても大丈夫)

・そーなんだと気軽に流す気持ちも大事

・他に見方があるのではないか?と考えてみる

 

スポンサードリンク

 

伝えたいこと

アメリカ生活に馴染めないのは良くあることで、むしろ文化の違いで苦しまない人なんていないと私は思います。

 

私もなったし、アメリカのもっと変な生活習慣を知ったら多分、また悩むと思います。アメリカ企業で働くことになったらやり方とか仕事の進め方で私はまたジレンマ抱えそうです。

 

なので自分だけが辛いわけではないし、1人で悩まないで下さい。短期で解決出来るものもありますが、長期間かかってしまう場合もあります。そういった時は愚痴るでもいいから、どんどん人を頼った方が良いと思います。

 

愚痴って「日本では○○なのに!とあまり言わない方がいい」と諭された時は正直、何でわかってくれないの?って思ったりもしました。

 

でもあの時言われて良かったなあって今は思っていますし、言ってくれた2人には本当に感謝しています。

 

今までの話がカルチャーショックと言っていいのかよくわからないですが、カルチャーショックの段階は、

 

1 ハネムーン期:全てが楽しい時期

2 敵意&苛立ち:現実が見えてくる時期

3 徐々に順応:慣れてくる時期

4 適応:受け入れる時期

5  母国でのカルチャーショック:日本の文化に逆にびっくり

 

となるそうです。

 

自分が今、このあたりの段階にいると認識するだけでも違うと思います。カルチャーショックの渦にいるだけと考えたら、なんか抜け出せそうな気がしません?というか抜け出せます!

 

現地生活に馴染むまでは辛いこともあると思います。

 

でも乗り越えてしまうと、アメリカ文化への理解が深まったり、日本のことももっとよく見えてきたりもします。新しい発見があったりして、とても貴重な体験なんじゃないかなあと私は感じています。

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る