7年ぶりに欧介の恋が動き出す!ドラマやまとなでしこ第1話 あらすじとキャスト

久しぶりに大好きなドラマ「やまとなでしこ」をじっくり観て浸りました!

 

冬に近づいてくるとこのドラマって無性に見たくなります。

 

面白いドラマは山のようにありますし、人によっても好みは違うと思いますが、私はこのドラマが好きです。

 

海外生活って楽しいことばかりではなく、むしろ辛いことの方が多いので、孤独を感じたりストレスを感じたりする時は日本のドラマからパワーを貰っています。私にとっては「やまとなでしこ」がそんなドラマです。

 

使われている音楽や、ミーシャが歌う主題歌が良い場面で流れてきて最高です!ミーシャといえば「EVERYTHING」というくらい定着していますし、当時は大ヒットだったからみんなカラオケで歌ってたなー。

 

「EVEYTHING」は聞く人により解釈が分かれる曲だと言われていますが、曲に込められている女性の気持ちが、聞いていてとても伝わってくる曲だと思います。

 

曲の中で使われているフレーズ、”不思議ね 願った奇跡がこんなにも側にあるなんては、第1話の中で桜子が欧介に出会えた時にセリフとしても使っていますよね。

 

スポンサードリンク

 

なぜ人気なドラマだったのか

やまとなでしこは2000年に放送されたドラマで結構前ですし、何度も見ているからストーリーもよく知っているのですが、毎回見るたびに笑えるし、泣ける。

 

しかもどの回も面白い!

 

ジャンルとしてはラブコメにはなると思うんですが、ほとんど毎回必ず感極まるところがあるので私にはティッシュ必需品です。

 

このドラマ大好きっていう方多いと思うのですが、特に女性のファンが多いんじゃないかなと思います。

 

男性でこのドラマ好きっていう人、いるんでしょうけど、私は会ったことないですし、「桜子さんみたいなタイプはちょっと・・」みたいなリアクションでした。

 

「それ全然桜子さんのことわかってない!」と心の中で怒ってましたが、まあそれは言いませんでした。あんた知り合いじゃないでしょ?って感じですけど。

 

女性がこのドラマに共感できるのは、誰もが一度は考え、悩む恋愛観や結婚観、人生観をドラマを通して投げかけているからなのではないかと思います。

 

例えば、結婚相手に求めるのは何なのか?経済力?性格?職業?それとも学歴?ルックス?など、女性であれば誰しも考えるテーマのではないでしょうか。もちろん人によって答えは違うし、明確な答えは無いですが、そういったテーマをこのドラマは訴えかけてくるんですよね。

 

ストーリーを楽しむはもちろん、個人的には主人公桜子や欧介から、自分の生き方や、本当に大切なものは何なのかを考えさせられます。

 

松嶋菜々子さん演じる神野桜子の魅力にもやられます。これほどこの役にピッタリの方はいなのではないんじゃないかなと思うんです。

 

もしも例えばですが、これが若葉役の矢田亜希子さんと入れ替わったとしたらどうかな?と考えてみたのですが、やっぱりしっくりこないし、私の中では他の方では成り立たないという結論になりました。

 

綺麗な女優さんはたくさんいますが、美しさの中にも可愛らしさや気品、チャーミングな要素などを醸し出せるのは松嶋菜々子さんしかいないと思います。声も私は大好きです。

 

もし実社会で桜子みたいな先輩がいたら「やな先輩」と感じてしまうかもしれないと思うのですが、松嶋さん演じる桜子は嫌味を感じさせないですよね。また、桜子の自分に正直で芯の強い性格というところも大好きですよ!

 

スポンサードリンク

 

第1話のあらすじ

富山のとある漁村で生れた桜子は小さなころから貧しい暮らしを強いられていた。そんな生活から逃れる為、高校卒業とともにタンスに保管されていた家の通帳を持ちだし上京する。

 

桜子は1つだけ武器になるものをもっていた。

 

それは美貌。

 

髪形、眼鏡、服装すべてを一掃し、誰もが振り向くようなルックスで玉の輿を狙うべくスッチー(客室乗務員)になる。

 

機内を出会いの場と称し金持ちの男に狙いを定め、フライト後は日々合コンを繰り広げている。「自分を幸せにするのはお金」と信じている為、男性の中身ではなく、男性が身に着けている腕時計や車のキーなどから金持ちであるかどうかを査定していた。

 

同じころ、実家の古びた魚屋「魚春」を切り盛りしている欧介は、近所の人に魚を売ったりレストランへ魚を卸したりしていた。

 

かつてはアメリカボストンへ留学していたが、父親が亡くなった為日本へ帰国し、母親を手伝うことになったのだった。数学の研究にのめり込むあまりに、ボストンでの恋人、ゆきこが自分の元を去っていってから恋愛には臆病になっていた。

 

そんなある日、欧介の友人で医者でもある佐久間がスッチーとの合コン話を欧介と粕屋に持ちかける。相手がスッチーということもあり、男性陣は全員医者という設定に佐久間が強引にしてしまう。

 

合コンに全く興味がない欧介だったが、桜子を一目見て心が動かされる。昔の恋人ゆきこにそっくりだったからだ。

 

一方桜子も、欧介の胸元に刺さった馬主のピンに目が釘付けになる。

 

 

合コン三昧の桜子ではあったが、本命の彼氏であり大病院のジュニアである東十条についにプロポーズをされる。

 

しかし馬主のピンを持った欧介との出会いがあり、返事を保留にしたまま欧介とのデートへ出向く。

 

このデートで欧介は自分が医者でも金持ちでもなく、ただの魚屋であることを伝えようと決心していたものの、なかなか真実を伝えるチャンスがつかめない。

 

桜子も欧介が本当に金持ちなのか疑いを持ちつつもデートは楽しく、桜子は東十条からのプロポーズを断る。

 

真実を伝えそびれた欧介は、桜子に自分をもっと好きになって欲しい気持ちから医者のふりをし続ける。

 

第1話の感想とハイライト

久しぶりに観てもやっぱり桜子が綺麗でかわいい!そして笑いの要素も満載!どのキャラクターも濃いですがそれが全体的にバランス取れてますよね。

 

一話のハイライトは何と言ってもまずは桜子と欧介が出会うシーン。

 

真っ白な洋服に身を包んだ桜子と、興味の無い合コンから帰りかけていた欧介がすれ違う形で出会います。欧介は言葉も発することが出来ない程、彼女に見とれます。それは美しさもあるし、昔の恋人にそっくりだからという理由もありました。

 

いやあんなに気品ある美しい女性が合コンに現れたら、女の私でも釘付けになるでしょうとも。「どうしたらそんなに綺麗になれるんですか?」とか質問してしまいそうです(笑)。

 

そして欧介との初デートで桜子が、「お金より心が大事?欧介さんはお金持ちだからそんなことが言えるんです」というシーン。

 

いつもの桜子ではなく、昔の辛かった時の心境が垣間見える瞬間でもあります。

 

欧介は具体的には何も言いませんが、過去に何かあったのではないかと察しているような表情。

 

すぐにいつもの桜子に戻るのですが、こういった桜子を引き出せるのは欧介さんだからなんだな、と感じてしまう場面ですね。大金持ちの東十条さんとはまずこんな会話にならないし。

 

そして「あたなといると未来が見えるんです」というセリフで今度は欧介さんがノックアウト。自分が求めていたセリフを相手が口にしたら「運命の人に巡り会えた」っていう気持ちになると思います。過去に「10年後のあなたの姿がみえない」と言われて振られた欧介さんでしたから余計に。

 

このセリフはドラマの中で2回使われていると思うんですが(言い回しは違いますが)、その1回目が第1話で使われています。

 

客観的にみればですが、合コンの女王相手に過去の恋愛を引きずりまくっていた欧介さんが恋をするのは、ハードル高くない?とも思うんですが、それでも欧介さんにとって7年ぶりに恋が動き出したので、第一話はそれで良しとしたいと思います。

 

個人的に笑ってしまう場面

●合コンで男性陣が女性陣を待っている時に携帯電話がなり、男性陣4人全員が自分の携帯がなっていると思って「もしもし」といって全員電話にでるところですね。コントか?っていう。欧介の携帯が鳴ってたんですけど欧介への突っ込みもすごい。

 

●合コンで桜子がアツアツの鍋を欧介の手にわざとこぼして火傷させるシーン。「明日メスが握れなくなったら私の責任だわ。お宅どちらですか?お送りします」って桜子さん、さらりと超強引(笑)。距離を縮める為の作戦ですが、あまりにもあからさまで面白すぎです。

 

いつもならちょっと面白そうに離れた位置から見守る若葉ちゃんは欧介さんのことを気に入っているので、この時ばかりは「かわいそう!」と叫んでいます。

 

スポンサードリンク

 

キャスト

◆神野桜子=松嶋菜々子

何度も言いますが、松嶋菜々子さん演じる桜子はもうこの方しかマッチする人はいないのではないでしょうか。もう一度、他に誰か思い浮かべてみたのですが、やはり彼女以外には考えられないです。

 

客室乗務員というとアップスタイルのイメージが強いですが、短めの髪もとてもよく似合っていて、私の周囲の人はあの「髪形にしたーい!」とみんな言っていました。

 

背もスラリと高く、どんな洋服も着こなしてしまうので、ファッションもドラマを見る時の楽しさの1つです。

 

◆中原欧介=堤真一

◆塩田若葉=矢田亜希子

◆粕屋紳一郎=筧利夫

ドラマの中ではかなりキャラが濃い。顔の表情や動きなど、笑いの要素満載ですが、アツい心の持ち主で、時々ハッとするようなことを口にします。筧利夫さんが演じています。独特な雰囲気を持つ俳優さんですね。

 

◆奥山なみ=須藤理彩

◆花房礼二=押尾学

◆佐久間為久=西村雅彦

◆佐久間真理子=森口瑤子

◆武藤操=今井陽子

◆中原富士子=市毛良枝

◆東十条司=東幹久

この役東幹久さんが演じています。個人的に東幹久さんは大好きで、ドラマを見ながら「私だったらヒガシを選ぶかもしれないな・・」なんて思うこともあります。

 

以前「芸能人は歯が命」のCMに出ていましたが、長く活躍されている俳優さんでもあり、バラエティにシフトもうまくいっているイメージです。最近だとそっちの印象の方が強いかも。

 

◆やまとなでしこ第2話 あらすじと感想⇒道草デートが超ロマンチック!ドラマやまとなでしこ第2話あらすじ感想

ドラマやまとなでしこがアメリカ版だったら?松嶋菜々子の桜子や欧介キャスト勝手に配役

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る