車で行ける絶景!マウイ島ハレアカラへの行き方(レンタカー&ツアー)

マウイ島のハレアカラ国立公園にはレンタカーを借りてドライブでいく方法と、サンライズツアーやサンセットツアーなどのツアーに申し込んでいく方法があります。公共バスは走っていないので、バスで行くことは出来ません。

 

今回はレンタカーでの行き方と、ハレアカラを堪能するツアーを紹介します。

 

スポンサードリンク

 

レンタカーでの行き方

 

カフルイ空港からだと、

 

HI-37をプカラニ方面へ進みます。途中377号線にぶつかるので、左折し377号のオールドハレアカラハイウェイを上っていきます。しばらく行くと378号線にぶつかるので左折。378号のクネクネ道を上っていくと公園の料金所に到着します。

 

写真ですと1時間12分で行けると出ているのですが、もうちょっとかかるかなあ。

 

カフルイ空港からは2時間弱、ラハイナからだと2時間30分くらいかと思います。

 

377号の途中に、クラロッジというお土産やとレストランがあるので寄ってみても良いですね。お土産やはとてもかわいいものが売っています。

 

ハレアカラの料金所より先は、

 

・公園本部のビジターセンター

・レレイウィオーバールック

・カラハクオーバールック(上り時は進入禁止なので、帰り道でアプローチすると良いです)

・ハレアカラビジターセンター(ここからの景色が素晴らしい!)

・最高地点のレッドヒル(3055mです)

 

があります。

 

ハレアカラの見どころについてはこちらで書いています。

「マウイ島のシンボル・ハレアカラは別世界!「太陽の家」の観光と見どころ

車での行き方詳細

 

HI-37の道路を進みます。真っすぐな道です。

377号線にぶつかったところ。信号を左折しOld Haleakala Hwy(377)へ。

標高が上がってきました。のどかな風景。

377号線の途中にあるクラロッジです。

お土産屋さんがかわいいので、女性は嬉しいかも。トイレはあるのですが、暗証番号を店員さんに聞いて、ドアのロックを解除するタイプ。

同じ敷地にある見晴らしのいい宿。涼しい高原から遠くに海が見えて最高の立地ですね。

クラロッジを後にし、しばらく行くと378号線にぶつかります。国立公園の標識が出ているので(写真にある茶色の看板)、ここを左折し378へ。標識には「食べ物やガソリンスタンドはない」と書いてあります。

この辺りからダウンヒルツアーの自転車が多くなってきますので注意です。

工事なのか、進行方向の道路に車が停まってたりもします。で、自転車もどんどんやってくる~。道路がそんな広くないのでマジ怖いです。

途中、キリだか雲の中だかの為、視界が悪くなってきましたが、この看板見えたら入口はもうすぐ。ぜひここで記念写真を撮ってください。自分はここに来るとなぜだか、毎回写真を撮ります。しかも半神半人のマウイと同じポーズ。

料金所に到着しました!

 

入園料は車1台25ドル。自分達は年間パスを持っていたので、パンフレット貰って終わりだったのですが、料金の支払いはクレジットカード払いのみみたいです。

 

スポンサードリンク

 

ドライブする際の注意点

●山の天気は変わりやすいです。海辺は暑いので、想像がしづらくて「大丈夫だろう」と思ってしまいますが、山頂は3000mを超えていて寒いです。朝晩は特に寒いので、温かい服を準備した方が良いです。知り合いは毛布を持って行って朝日を見たそうですが、それでもガタガタ震えて寒かったと言ってました。

 

日中は日差しが強いです。自分は昼間に行きましたが、風が冷たくて肌寒かったので、長いスパッツに履き替えて、車に積んでいた上着も着込みました。夫は半そででウロウロしていましたが。

 

●昼間に行くなら朝10時くらいまでに行った方が景色が良いです。午後は雲が出やすくなります。

 

●公園内にガソリンスタンドや食べ物を販売しているお店は無いので、お水や軽食を持って行った方が良いです。朝晩にいくなら、温かい飲み物を持っていくと良いかもしれないですね。温かいコーヒーと朝日、は最高の組み合わせ!

 

●クネクネ道を上っていくことになるので、スピードは出せませんし、時間がかかります。

 

●ダウンヒルの自転車は車道を下ってきます。車道は広いわけではないですし、ちょっと怖くて危ないと思いました。工事してたり、工事の車が停車していることもありますので、注意してください。

 

●サンライズの時間に行くには予約が必要。国立公園のウェブサイトから予約出来ます。オンラインでの予約のみで60日前から。行くと決めたら早めに予約した方が良さそうです。尚、入園料25ドルの他に、車1台につき$1が必要になります。

 

(サンライズの英語予約サイト→https://www.nps.gov/hale/planyourvisit/haleakala-sunrise-reservations.htm)

 

ハレアカラに行く現地ツアー

 

ハレアカラに行くツアーはサンライス、サンセット、星空観賞、クレーター内を歩く、ダウンヒル、ヘリコプター、乗馬などのツアーがありますが、ハレアカラで人気のサンライズツアーとサンセットツアーを紹介します。

 

●ハレアカラでサンライズを満喫する英語ツアー(軽食付き)

 

日の出を見る日本語ツアーはどこのツアーも現在は行っていないようで、英語ツアーのみ。

 

ツアーで行けば、暗い中クネクネ道をドライブする必要がなくなるので、その分不安や疲労が減ると思います。注意点としては、深夜~朝の山頂はゲレンデの様に寒いので、自分で防寒していく必要があるということです。このツアーは防寒具の貸し出しはしてくれないので、自分で用意します。
https://www.veltra.com/jp/hawaii/maui/a/145622

HISでも同じ様なツアーがあります。こちらの方が値段が少しだけ高いかな?

https://activities.his-j.com/TourLeaf/OGG0075/

 

●ハレアカラで夕日と星空を鑑賞する日本語ツアー(夕食付)

 

こちらのツアーは夕日と星を楽しむのはもちろんですが、ガイドさんも素晴らしいというツアーです。自分はまだ参加したことは無いのですが、口コミを見ていたら、お客様の為に全力で誠実に対応してくださる人柄がにじみ出ていました。ハレアカラの絶景うんぬんかんぬんより、ガイドさんがどんなおもてなしをしているのか、気になったツアーです。自分も元サービス業に従事していたので。

 

そんな方にガイドして頂いたら、ハレアカラで見る夕日も星空も、また何倍も違って見えるのではないかな、と個人的に思いました。

https://www.veltra.com/jp/hawaii/maui/a/6575

スポンサードリンク

 

尚、日の出鑑賞+ダウンヒルのアクティビティをするツアーがあるのですが、個人的には自転車で坂道下るツアーは危ないと思っているので、お勧めはしません。道路が広くて自転車専用のレーンがあるなら別ですが、そんな道ではなく車道を下りてくるので、怖いなあ、と感じてしまいます。車運転している側も怖いですよね。

 

でも人気があるので、やっぱ気持ちがいいのはあるのでしょうけどね。

 

「マウイ島行くなら立ち寄って!イアオ渓谷州立公園の観光・見どころ」

「マウイ島のホオキパビーチ観光で沢山のウミガメに出会ったよ。」

「マウイ島東部をレンタカーでドライブ!「天国のハナ」観光・見どころ」

「ハワイで1番好きな場所!マウイ島ラハイナが観光でお勧めの3つの理由」

 

アメリカの大自然についてはこちらでまとめています↓

グランドキャニオンについてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらで書いています↓

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る