なぜアメリカでは中古住宅が主流なの?新築好きな日本との違いを勝手に比較

アメリカでは中古住宅が主流ですよね。ある程度年を重ねると住む場所とか一軒家を買おうか、などを考える機会が多くなるわけですが、日本の新築志向が思いっきりあった私は、渡米してからあれ?アメリカって中古住宅が主流なの?と驚きました。

 

誰かが既に住んでいたお古は嫌だ!新築がいい!と思っていたのですが、どうやらアメリカの主流は中古住宅で、日本の新築信仰が異常な様です。

 

日本→新築大好き

アメリカ→中古住宅好き

 

日本は一軒家に住むことを考え始めた場合、新築で家を建てることが多いですよね。

 

マンション買うでも新築マンションとか、もしくは住んでた家が古くなれば、壊して新しく建て直すとか。

 

最近は中古住宅も取り上げられていますが、家を買うと言えば新築を選ぶ人がまだ多いと思います。築年数が経てば価値が下がっていき、20~30年となれば建物の価値はゼロと言われたりしますが、それがゆえにか?新築が好きな傾向にあります。

 

一方アメリカでは家は手入れをし、住人は変わりながらも住み続けるものという考えがあります。

 

立地が大事で(これは日本もそうですが)、家が古くてもメンテナンスをしたり、アップグレードとかリモデルをしていると家の価値が高くなります。場所によっては中古の方が新築より高くなるので、家に住みながら手入れをして引っ越す時は高く売ろうという考えがあります。

 

スポンサードリンク

 

アメリカで中古住宅が主流な理由

アメリカで中古住宅が主流な理由はいくつかあります。

 

■引っ越しが多いから

アメリカ人では1つの家に一生住み続けるという考えがあまりありません。なので日本人と比べると引っ越し回数が多いです(転職回数が多い事が関係していると思います)。

 

中には一生同じ場所に住み続ける人もいますけど、家族が増えたら大きい家に住み、子供が手を離れたりリタイアしたら小さな家に買い替える人が多いと思います。そうしやすい環境にありますし、中古住宅に住むことに抵抗があまりないと思います。

 

アメリカの転職回数についてはこちら→なる程!アメリカ人の転職回数が多い理由は日本人と考え方が真逆だからか

 

■土地よりも建物の方に価値があるから

家の手入れをすることで価値を上げることが可能だからというのも大きいです。その家に住みながら主リフォームし手入れをし、家を良い状態に維持していけば価値が上がるので、家は改良を重ねるものという感じ。売ることを想定して住んでいるわけです。

 

あとリモデルの為のテレビチャンネルもあったりして、見ていると結構面白いんですよね。DIY文化がアメリカでは根付いているし、そういった材料を売っているお店ホームデポ(The Home Depot)があったり、ガレージに道具が一式揃っているお宅もある。

 

大事なのは新築かどうかより、場所と建物の状態ということになります。

 

■そもそも新築が少ない

アメリカでの新築の割合は20パーセント、中古の割合は80パーセントです。

 

一方日本は新築の割合が80パーセント、中古は20パーセントくらいじゃないでしょうか(今はもうちょっと伸びているかも?)。

 

完全に真逆な数字です。国土が広いので中古がメインになるというのはある意味自然なのかも。

 

■エスクロー(第3者機関)やホームインスペクション(住宅診断)、ディスクロージャー(情報開示)などしっかりしているから

中古住宅が多いので、売り手と買い手、両方が不利益にならないようなシステムが整っているのも大きいと思います。

 

レストランを買う時にエスクローを通しましたが、やっぱりそうした方が売り手と買い手の間でトラブルになりにくいと思います。

 

第3者を通す分、お金は多少かかりますけど、後々問題が起きるより全然良いです。

 

アメリカ人が中古を選ぶ理由

アメリカ人が中古物件を選ぶ理由としては、その家の特殊な造り、例えば大きなガラスの窓とか木の床とかレンガつくりとが気に入っているからというのがあるようです。

 

あと新築かどうかより環境(学区とか。子供がいる家庭では特に)が大事だと思っているからだと思います。

 

新築物件が立ち並ぶところは環境が整ってないし、どういった環境になるかって読みにくいというのもあるのかな。こういった所は独身の人とかリタイアする人には良いのでしょうけどね。

 

中古を選ぶのは価格が新築より安いからというのももちろんありますね。新築の方が20~50パーセントくらい値段が高くなるのは大概は家のサイズが大きくなるからの様です。

 

※参考サイト:https://www.trulia.com/research/new-or-existing-home/

 

あと新築だとどこに欠陥があるかわからないけど、中古だったら誰かが既に住んでいたから、家のどこが悪いのかがわかっていいと夫は言いますね。

 

ウーン、新築だと壊れてないというのが前提かと思っていたのですが、その前提がまず違うんでしょうね。それは日本でも欠陥住宅あるから同じ?

 

家とか大型なものって中はどうなってるか見えないですからねえ。新しさを選ぶより、安全さというか修繕個所はどこかがわかっていた方が、アメリカでは合理的ということでしょうかね。

 

飛行機と同じで、真新しすぎる機体はどこか欠陥があるかもしれないから逆に怖いとパイロットが言うやつと同じかもしれないですね。

 

スポンサードリンク

 

日本人が新築好きな理由

日本では家は一生もの、一度買ったらそこに住み続けるという考えが強いですが、なぜ日本人は新築好きか調べてみました。

 

理由として、住宅が木造だから長期に渡り、風雪や地震に耐えられるつくりではないとありました。

 

でも耐久性は家の造りによってはある気がするのですが、どうなんでしょうか。昔の古い家は長持ちしないかもしれないですが、最近の家って頑丈そうに見えますが。でも日本は災害が非常に多いので、これは一理あるのかもしれませんね。

 

住宅業者として新しく家を建てて販売する方がお金が動くので、新築を売りたい、手間をかけずに高いものを売りたいというのはあると思います。

 

買い手が中古住宅を検討している場合、修繕費用などがいくらかかるかがわからないし、新築と比べるとどうしても見た目が劣るし、買い手にとって不利益がわかりにくくて、ぶっちゃけ中古は胡散臭いと思ってしまうのはありますよね。

 

中古にしても新築にしてもお金がかかる買い物なので、同じ高額なものを買うんだったら新築がよいかなあ、ともなります。

 

米国で行われているような住宅診断がまだちゃんと行われてないのも理由かと。

 

あと家を投資商品としてみないので修繕をちゃんとしないのもあります。不具合が出れば修理はしますが、将来売る事などほとんど考えてないし、ましてや住んでいた家を高く売るというのは日本では相当難しいのではないでしょうか。

 

なんだかんだ新築の方がステータスが高いし、新築一軒家を建てて一人前みたいな考えもありますよね。日本では築年数が重要視されているので、新築で買ったとしても住んだ瞬間に家の価値がガーンと下がるのが何とも言えず悲しいですが。

 

でも人口が減っていて空き家が多いのに新築物件を作っているのはどう考えてもバランスは取れてないですね。

 

スポンサードリンク

 

最後に

日米でどっちのシステムがいいとは言えないですが、調べていて家に対する考え方が全く違うのを知ることが出来て個人的に面白かったです。

 

両国とも不動産を購入することで節税に繋がる等そういったことは難しい話なので今回は省いています。

 

日本で家を買う場合はそこにずっと住み続けるならいいですけど、引っ越しを考えていて売らなくちゃいけない場合、買ったときよりも高く売るのは難しそうだなあと感じました。アメリカでも売るのは簡単じゃないと思いますけど、人口が増えている分まだいいかなと。

 

親戚のおじさん(米在住)とかは、一軒家に住みつつもせっせと家の手入れをしています。最初はもうすぐ引っ越すのかなあ?と思いきや全然引っ越す気配ないし、でも今思えば価値をあげる為の手入れなわけなのですね。

 

一般家庭は恐らく手入れは男性の仕事で、子供も父親を真似ていくのかなと思うのですが、私の夫は日本人なのでそういったことを父親から教わっていません。

 

将来家を持ったときに、ちゃんと手入れをしてくれるのか不安ですが(本人は出来ると言っているが多分出来なさそう)、業者使ってやっている人もいるので、出来ない場合はそれもありですね。

 

例えば木製の内装にしてアジア風の美しいインテリアにすることで、その家のその内装がいい!と気に入る人はいると思います(それは私なんですけどね)。まあ手入れにばっかりコストかかって転嫁させられないと困っちゃいますが。

 

アメリカで家を買うならクレジットヒストリーとクレジットスコアも大事になるので、クレジットカードのスコアを高い状態に保っておいた方がいいですね。

 

なぜアメリカはDIYが盛んなの?日本と海外DIYのニュアンスが異なる理由

アメリカで超重要なクレジットヒストリーとスコア!点数目安と上げ方を紹介

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

アメリカの大自然についてはこちら↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る