給付金が振り込まれた!アメリカのコロナ経済対策「現金給付」は超早い

コロナ対策の1つとして4/13あたりからアメリカで現金給付が始まりました。

 

振り込みか、それともチェックが送られてくるのかちゃんと把握してなかったのですが、私のところは納税申告をしていた銀行口座に15日に振り込まれてました。

 

誰からの振り込みなっていたかというとIRS。IRSって何ですか?というと、内国歳入庁。国税庁のような所です。

 

3/27に大人1人1200ドルの現金を配ることが決定したので、そこから約20日ってところですね。

 

特に私達がしたことは何もなくて、待ってたら勝手に振り込まれていたという感じでめちゃくちゃラクでしたし、国の対応としても早かったと思います。

 

子どもがいる家庭に子ども分の500ドルが振り込まれてない等のミスが発生している様で、細かい部分で言えばヌケがあります。でも現金を今すぐにでも必要としている人が多い中で、とにかくスピード重視で速やかに対応してくれたのは感謝したいなあ、と思いました。

 

ちなみに夫はアメリカ国籍、私は日本国籍(グリーンカード保持)ですが、国籍問わずに2人分の支給でした。日本国籍とはいえ私はアメリカで税金払っているので、もし貰えなかったらエーって感じですけど、最初はアメリカ国籍ではないから貰えないのかな?という心配があったので安心しています。

 

小切手で受け取る人はもう少し時間がかかるみたいですが、小切手に関してはトランプ大統領の名前入りみたいですね。

 

コロナに関するアメリカの対応は早かったもの、遅かったものと両方ありますが、殆どのものはかなりスピーディに決まったし、間違ってもいいからとりあえずドーンとやってしまう所はアメリカっぽいといいますか、良い点なのかなと感じました。

 

今後については様子を見ながら段階的に経済活動をスタートさせるようですが、ロックダウンを解除したい州と、いやまだだ!と懸念している州と、場所によって状況が全く違うので、決断は州知事に委ねられている感じですね。

 

でも今の所、多くの州では5月1日が1つの区切りというところでしょうか。

 

コロナで見えるアメリカ決断の早さ!マスク着用の推奨は遅いけど現金給付の決定は早かった

アメリカでゆっくりと経済再開。コロラド州はロックダウン解除

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカの大自然についてはこちらで書いています↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る