アメリカでも徐々にレストランの店内飲食再開。アフターコロナの飲食店【コロラド州】

アメリカのコロラド州でもやっとレストランの店内飲食が再開しました。

 

念の為にレストランに電話をかけて、イートインはやっているかどうか、予約が必要か否かを確認した所、予約無しでいつでも来て大丈夫ですとのことだったので、気晴らしに行ってみることにしました。

 

スポンサードリンク

 

久しぶりに行ったレストラン

久しぶりに行ったレストランはコロナ前後で大きく変わっていました。

 

店内の半分のテーブルだけに椅子が置かれていて、以前は各テーブルに常備されていた調味料は撤去。メニューもテーブルに貼り付けて固定されてました。他のお客さんと接近しないように、また調味料やメニューも人がベタベタ触らない様にする為なんでしょうね。店員さんもみんなマスク着用でした。

 

どうやら州政府からこうやって営業して下さいとガイドラインが出ている様です。

【お隣のテーブルは座れない様に椅子が撤去。メーニューと調味料の設置無し】

【以前はテーブルに貼り付けられていなかったメニューも今はこの通り】

【調味料をテーブルに設置出来ない様で、小皿に盛られて提供されたシラーチャソースとホイジンソース】

 

以前と店内の様子が違いましたが、味はいつも通り美味しかったですし、外食は楽しかったです!

 

店員さんにいつから店内で食事出来る様になったのか聞いてみた所、

 

「昨日(5/26)からです。でも50%のキャパシティでの営業で、10人以上のグループは不可。万が一コロナになった場合に経路確認でコンタクト取れる様に、名前と電話番号をお客様に伺っています」

 

ということで、私達も電話番号と名前は聞かれました。持ち帰りやオンラインオーダーはあるとはいえ、人数制限なしで食事出来る様になるには、もう少し時間がかかりそうですね。

 

スポンサードリンク

 

コロナ前後でやはり変わった

コロナが落ち着きてきて、車が多く走っているのを見かける様になりました。

2020-05-27

自宅待機命令中と比べると、やはり交通量は増えましたし、5月27日からはロッキーマウンテン国立公園もリオープンしました。

 

経済活動が徐々に再開はされていましたが、レストランのイートインやジムやバー、ショッピングモールは最後の最後までなかなか再開出来ていなかったので、やっといよいよって感じです。でもきっと以前とは状況は違っているんでしょうね。

 

レストランの敷地が広ければ広いほど家賃が高いはずですし、でもお客様を入れたくても半分のキャパしか入れられないので、そういったお店ほど大きな痛手かもしれないと感じています。食べ放題はまだオープン出来ていないと思いますし、色々見直しを迫られていそうです。

 

コロナ前後で色々変わったことがあると思いますが、飲食業界も大きく変わっていきそうですね。

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

 

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る