エスクロー通してもめ事回避!アメリカで居抜き物件を買う時に必要な第3機関

買いたい飲食店とかレストラン物件が見つかったら、ブローカー経由で売り手にオファーを入れます。

 

ランドロードからクレジットスコアやバックグラウンドチェックを審査してもらいつつ、許可が下りそうだなとわかったら、同時並行で売り手とエスクローの準備をしておきます。

 

※エスクローを実際に行うのはランドロードの許可が下りてからでいいと思います

 

買い手ランドロードクレジットスコアやバックグラウンドチェック

・買い手売り手エスクロー

 

スポンサードリンク

 

エスクローってなに?エスクローの仕組み

エスクローって日本ではあまり聞き慣れない言葉だと思います。

 

エスクローとは、アメリカでの不動産や商業取引で利用される、第3機関を通す取引のことです。

 

間に入ってもらうことで、取引の安全性を確保してもらいます。エスクロー会社は、不動産取引で発生する金銭や権利譲渡、証書の管理など、法的手続きを行ってくれます。

 

買い手(自分)エスクロー(第3者)売り手(オーナー)

 

エスクローは両者が合意しないとできませんが、行ったほうが良いと思います。後々に両者がもめない為です。

 

エスクローを通すことで、「騙された!」ということを防ぎます。おカネを持ち逃げされるという心配もありません。

 

中には、「エスクローをやらないっていうなら売らないよ」という売り手もいます。売買がアジア人同士とかだと、やってない人もいるようですね。

 

アーネストマネーってなに?

エスクローの流れを紹介する前に、アーネストマネーについて触れておきますね。

 

アーネストマネーとは、買い手が売り手に払う手付金のことです。

 

一部のお金を先に払うことは、「ちゃんと買う意志がありますよ」と示すことでもあります。自分の他に、「ちょっとまったー!」と購入希望を名乗り出てくる人がいるかもしれません。でも口先だけで「この店を買いたいんです」と言っているより、お金を少し出している方が本気度が高いですよね。

 

アーネストマネーは大体、買う物件の10パーセントくらいかと思います。アーネストマネーは、最終的には購入金額の一部になります。

 

その上で、売り手とエスクローを開設します。

 

エスクローの流れ

エスクローの流れはアメリカで家を買うときと同じです。調べると何ステップも出てくるのですが、ここでは実質自分たちがやったことを書きます。

 

・エスクロー会社、売り手、買い手の3人が、予定の合う日時を決める

 

・約束した日時に、エスクローの会社に行く

 

・売り手とそこで落ち合う

 

・書類にサイン、残りの代金支払い(買い手だった夫は、物件の残りの代金をチェックで払いました)

 

・エスクローが新しい権利書を作成してくれるので、サインして、お店の権利が買い手に移行

 

実質やったことはこれだけです。

 

スポンサードリンク

 

エスクロー会社への支払はどれくらい?

エスクローで第3機関を使うなら、エスクロー会社への手数料の支払いが生じます。

 

これは売り手が払うものみたいで、私達が居抜き物件を買った時は、売り手が払ってました。

 

大体物件の10パーセントくらいですが、結構高いですね。

 

エスクローは何日くらいかかったか?

相手と予定をあわせたりするので、エスクローをしましょうと言ってから、1ヶ月くらいでした。

 

でもやることはエスクロー事務所でサインしたりするだけなので、1時間くらいでした。

 

スポンサードリンク

 

最後に

エスクロー会社は法的なことを行ってくれる人なので、やっているのは弁護士さんです。なのでエスクロー業者のところに行くと、重々しい雰囲気があります。

 

でも弁護士を間に挟んで取引しているなら安心ですね。

 

物件を購入するって安い買い物ではないですし、買ったあとにここが壊れていたとか、やっぱ気が変わったのでお店返しますとか、相手と揉め事を起こさないためのシステムなので、自分が納得するためにも、エスクローを通した方がいいと思います。

 

悩みなどありましたら、こちらから気軽にメール下さい。

 

前回の記事はこちら⇒アメリカで居抜き物件購入する時のクレジットスコア。飲食店開業する際は高い方がよい

 

次の記事はこちら⇒アメリカの飲食店経営に必要なビジネスライセンス!レストラン開業に必要な手続き

 

アメリカでのレストラン経営についてはこちらでまとめています↓

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る