映画の舞台って超納得!アメリカモニュメントバレーの見どころ・天気

アリゾナ州ページの町から東へ進んでいくと、西部劇や映画の舞台、モニュメントバレーがあります。真っ平な大地に突如、盛り上がった赤茶色の岩がニョキ!と現れ、車を走らせるうちに、その数が増えてきます。だんだんと近づいている感覚を楽しみながら車を走らせます。

 

モニュメントバレーで最も有名なのはミトン(指なしの手袋)の形をしたビュートです。

こちらは国立公園では無く、先住民ナバホ族の土地。赤い色は、鉄分が酸化したことによってできました。

 

スポンサードリンク

 

有名でなおかつ定番な景色

ビジターセンターがあるので、立ち寄ります。

 

ここからは有名な3つのビュート、レフトミトン(左の手袋)と、ライトミトン(右の手袋)、そして、メリックビュート(写真右)が見渡せます。

 

ビジターセンターから見ることができるので、長距離歩く必要はナシ。

 

ここは撮影必須のポイント。写真をとりまくりました。同じアングルを何枚も何枚も撮ったのですが、景色が素晴らしすぎて何枚もシャッターを押さずにはいられませんでした。

赤茶の台地に青い空と白い雲がとても映えます。

 

よくミトンに例えられますが、ジーっとみていると、横を向いたカタツムリの様にも個人的には見えます。メリックビュートはUFOの形か、つばの長い帽子に見えますね。

時間がナイ!という人でもここをみるだけでも「来て良かった~!」となると思います。

 

時間があるなら、バレードライブや、一般車では立ち入ることができないところにも行ってくれるツアーに参加してみるのもいいですね。というか、時間をたっぷりとって、ぜひ回って!

 

遠くから眺めて終わりは、あまりにももったいなさすぎます!

 

バレードライブは27㎞の未舗装道路を自分の車で回るかツアーに入って回ることになるのですが、ビジターセンターから見る景色とはまた迫力が違います。

 

バレードライイブではジョン・フォードポイントスリーシスターズ、アーティストポイントが主な見どころです。

 

バレードライブについてはこちらで書いています。ジョンフォードポイントで馬に乗ったり、とても楽しかったです。(「バレードライブは圧巻!アメリカのモニュメントバレーを自分の車で走る」

数々の映画の舞台

馬に乗ったネイティブアメリカンが(写真右下)とバレーの景色が絵になりますよね。おお~!これぞ西部劇!

モニュメントバレーは、西部劇の舞台で、特に70歳前後の西部劇ファンの方にはたまらない場所。ジョン・フォードの「駅馬車」や「アパッチ砦」などですね。

 

私の父も西部劇の大大大ファンで、西部劇のDVDやらビデオやら家にコレクションがあり、いつも「モニュメントバレーに行きたいんだよ、絶対必ず行く!」と楽しみにしています。早くつれていってあげないと、とは思っているんですけど、まだ夢を叶えてあげられてないです。

 

(→その後父を連れて行き、夢を叶えてあげた時の記事はコチラhttp://america2go.net/2019/06/08/valleydrive/)

 

ジョン・フォード監督の映画だけではなく、他の映画のロケ地としても大変有名で、

 

「バック トゥ‐ ザ フューチャー3」

「テルマ&ルイーズ」

「フォレスト ガンプ」

「ため息つかせて」

「ミッションインポッシブル2」

「バーティカル・リミット」

「ローンレンジャー」

「トランスフォーマー」

 

などでも使用されており、その数40本以上!

 

またCMでも使われていますよね。

 

正直に言うと、訪れる以前は「モニュメントバレー」と聞いてもすぐにピンとこなかったです。

 

でも行ってみて納得。

 

「ここ、モニュメントバレーというのか!」とわかりました。車のコマーシャルでこの場所が使われていて、壮大な台地を車がかっこよく走っていく姿を思い出しました。

 

あの場所に行ったらどんなオンボロ車でもかっこよく走れるし、素敵に見えてくるマジックがかかるんじゃないかな。新車高級車となればそれ以上の魅力が引き出されると思います。それほどにモニュメントバレーって迫力がありますよね。

 

バレー内も最高ですが、バレー外からの景色も見逃せませんよ!

 

映画「フォレストガンプ」で、髪の毛もヒゲも伸び放題のままの走り続けたガンプが、走るのを止めた場所です。

このフォレストガンプの標識もお忘れなく。

 

モニュメントバレー行ってから、フォレストガンプの映画を見直しました。

 

ガンプは確かにここを走ってました!

 

スポンサードリンク

 

ミトンとミトンがハイタッチ

ハイタッチとは、年に2度しか起こらない現象で、左のミトンの影が右のミトン上に映ることをいいます。これは2つのミトンと太陽の沈む位置が一直線になるときに起こります。およそ、3月30日前後と9月30日前後に起こります。

 

2つのミトンは1.6㎞も離れているので、太陽が地平線へ沈むぎりぎりの所まで来ないと、手前の岩の影が奥の岩に届きません。太陽の方向に雲があっても、この条件はそろいません。これらのチャンスが重なって、夕暮れの数分、みることができるんですね。

 

ミトンとミトンがハイタッチなんて、なんだか可愛らしい言い方だなあ~と思います。アメリカ西部の赤土の台地から、年に2度、お茶目な一面を見せてくれるんですね。

 

モニュメントバレーまでの所要時間

●カナブから車で約3時間30分

●ページから車で約2時間30分

●グランドキャニオン サウスリムから車で約4時間

●ラスベガスから車で約7~8時間

 

ラスベガスからモニュメントバレーは、東京から岡山までと同じくらいの距離があるので、ラスベガスから車で行くなら最低1泊必要だと思います

 

ホテル

●園内     ザ ビューホテル

●近隣     グールディングス ロッジ・・西部劇ファンならグールディングスがお勧めです。

 

グールディングスについては宜しければこちらの記事を参考にして下さい。「西部劇ファンならザビューホテルよりグールディングスロッジがお勧めな理由」

 

●園内・近隣ホテルも取れなければ、カイエンタのホテルか、メキシカンハットの町

 

カイエンタにはファーストフードやBashas’というスーパーがあるので便利。メキシカンハットはレストランがあまりない感じ。

 

自分の体験で言うと、園内のホテル、ザビューホテルと近郊のゴールディングスは予約で埋まってて取れませんでした。やっぱ人気ですよね。なんで、メキシカンハットの宿 San Juan Innに泊まりました。モニュメントバレーまでは車で約20分くらいだと思います。

付近にレストランがあまりないので、敷地内のレストランで夕食を食べたのですが、ナバホの揚げパンがありました!

揚げパンと、フレンチフライのダブル油攻撃!カロリーは気になりますが、美味しい!

モニュメントバレーより更に北にある、フォレストガンプのポイントや、ミューリーポイント方面行きたい方は、メキシカンハットで宿を取るのは便利かも。

 

「手付かずの絶景!ユタ州のモキダグウェイとミューリーポイントをドライブ」

天気と気温

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
最高気温℃ 6 10 15 20 25 32 33 33 28 21 12 6
最低気温℃ -4 ‐1 3 6 12 17 20 19 14 8 2 ‐3
降水量㎜ 13 14 15 11 14 5 22 25 20 22 16 13

夏は暑く日陰もないので帽子は必要ですね。冬は雪になることもあるようですよ。

 

バレードライブは晴天時は砂埃、雨天時はぬかるむことがあるので、注意です。天気は確認するにこしたことはないですね。

 

ちなみに私がモニュメントバレーに行った経緯ですが、ザウェーブの抽選に外れてしまい、時間が余ったのでじゃあモニュメントバレーに行ってみよう、となりました。11月中旬で、晴天でした。

 

ウェーブの抽選会場はカナブなので、カナブからモニュメントバレーへは3時間30分ほどかかったと思います。

 

ジープツアーなどには参加していませんが、自分たちの車でジョンフォードポイントのある一方通行の未舗装道(バレードライブ)をまわり楽しみました。それから再びカナブへ戻りました。

 

(カナブのホテルやレストランについてはこちら)

 

1日がかりでしたが、こんな風景にはなかなか出会えないので、行って本当に良かったです。というか、抽選に外れたから行けたので、この日外れて良かったです。

 

(でも後日の抽選に当選しました。ウェーブについてはこちらでも詳しく書いていますので良かったら参考にして下さい。「アメリカの絶景ウェーブは摩訶不思議!抽選と私が実際に見た景色」)

 

車で行くと、長距離運転になってしまうと思うんですが「行っただけで終わっちゃった・・」とならないように時間に余裕を持ったプランにしてぜひモニュメントバレーを楽しんでもらいたいなと思います。

 

モニュメントバレー周辺にある観光地についてはコチラで書いています↓

 

想像を超えた絶景!アメリカのメキシカンハットとグースネック州立公園

知る人ぞ知る絶景!アリゾナ州コールマインで探検家気分を味わった

 

アメリカの大自然が好きな人におすすめのガイドブックについてはこちらで書いています⇒アメリカ国立公園好きな私のおすすめガイドブック!人気「地球の歩き方」3冊比較有名な本ですが、私もだいぶお世話になっています。

 

アメリカの大自然についてはこちらでまとめています↓

グランドキャニオンについてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらで書いています↓

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る