絶景の巨大アーチで大冒険!ユタ州のシンボル・アーチーズ国立公園見所

アメリカユタ州にあるアーチ―ズ国立公園は、天然のアーチが2000以上も密集したグランドサークルの中でも人気の公園です。

 

場所は、

 

●ユタ州ソルトレイクシティから4~5時間

●モニュメントバレーから約4時間

 

のところにあります。

 

ユタ州のモアブを拠点としてアーチーズ、キャニオンランズもアクセス可能です。

 

(キャニオンランズについてはこちらを参考にして下さい。http://america2go.net/2018/08/04/canyonlands/)

 

中でもデリケートアーチと呼ばれる断崖絶壁の縁にあるアーチは、アーチーズのシンボル。ユタ州のシンボルにもなっており、車のナンバープレートにも使われています。

 

私は以前ソルトレイクシティに住んでいたので、ユタ州の住民としては「やはり一度はアーチーズを見なくては!!」という思いもあり、ソルトレイクを拠点として行くに至りました。

 

アーチーズのオフィシャルサイトはこちらです。(英語版のみ)https://www.nps.gov/arch/index.htm

 

スポンサードリンク

 

アーチーズが出来上がった背景

アーチーズの岩の要素は塩です。

 

このあたりはかつて浅い内海になったり砂に覆われていました。海水の沈殿と蒸発が何度も繰り返され、砂と塩が何層にもなって堆積しました。

 

その後、岩塩が地層を押し上げて、褶曲して地上に現れました。そして雨が塩を溶かし、裂け目や割れ目を作り、板状な形を作り上げていきました。

 

風によっても浸食され、現在も崩落は続いています。

 

一方で、新しいアーチが誕生しています。

 

アーチーズの見どころ

アーチーズ国立公園は東京都23区の半分の広さです。そこにはさまざまな形のアーチが密集しています。

 

◆デリケートアーチ

デリケートアーチはアーチーズに来たら必見のアーチですね。

 

近場でみるには、片道2.4㎞約1時間を歩かなければいけないのですが、これが結構キツイ。

 

日陰が全然無いので夏場は超暑いです。水はたくさん持っていった方がいいですよ。

 

割と急な斜面をまずは登っていきます。赤い岩を登っていくような感じで、最初の登りが結構きつかったです。

 

夫は「全然辛くないからね~」と言っていましたが、しんどいやないかーい!

 

子供に抜かされまくりながらゆっくり登ります。リュックからチューブが伸びていて、好きな時に水だかスポーツドリンクを飲みながら登っている子供が印象的です。

人気のアーチで、観光客がかなりいますので、同じ方向に進めば迷うことはまずないと思いますが、ケルンを目印に進みます。

 

岩を登り切りケルンを通り過ぎると、道幅が細く、崖のきわの様なところを歩くポイントがあります。ここは転落注意です。

 

デリケートアーチのすぐ近くまできているのですが、ギリギリまでアーチは見えません。にくいぜー。

 

そこを過ぎると高さ16mのデリケートアーチが登場!

なんてところにアーチが存在するんだ!

 

崖っぷちスレスレに存在しているのが奇跡。辛かったけど、ここまで歩いて良かったー!

ちょっと怖いけど、せっかく来たし、アーチの真下に行って写真を撮りたい。写真を撮る為に並びます。

 

強い風が吹いたので、転落しないように気をつけないと。

ここでのショットは年賀状の写真に最適!

 

戻りは来た道を帰るだけ。

 

私は今までに9月と10月の2回行っているのですが、とにかく日差しが強い上に日陰が無くて、くっそ暑かった・・。水をガブガブ飲みました。

 

デリケートアーチから下ってくるとき、他の観光客に「あとどのくらいカナ?」って3、4人くらいに聞かれたので、みんな同じことを思っていた模様・・

 

でも、キツイんだけど、アーチーズきたら絶対見たいのはデリケートアーチですね。

 

2回目に行った時は時間があまりなくて、どこか1つしかトレイルを歩けなかったのですが、選んだのがデリケートアーチでした。

 

◆パークアベニュー

こちらでは塔のような形の岩や、板の様な薄い岩(フィン:魚のヒレ)を見れます。高さは100m、厚みが数メートルしかないので、風が強く吹いたら今にも倒れてきそうです。

 

コートハウスタワーズはパークアベニュー北端に集まっている岩のことを言います。スリーゴシップス、バベルの塔、オルガンなどが近くにあります。

 

スポンサードリンク

 

◆ウィンドウセクション

こちらにはダブルアーチ、ノースウィンドウとサウスウィンドウ、タレットアーチがあります。

 

ダブルアーチは映画「インディージョーンズ」の撮影で使われた場所。真下まで行くことが可能。

 

ノースウィンドウとサウスウィンドウは眼鏡の様。高低差のないトレイルもあります。

アーチーズで結婚式している方もいました。こういった結婚式も素敵ですね!こういった結婚式もアリです!

ダブルアーチ。かなり大きいですよ。

 

◆バランスロッック

絶妙なバランスを保った岩で、今にも上の石が落ちてきそうですね。やはり、いずれはゴロンと落下するんですかね~。写真だとわかりずらですが、かなり大きな岩です。

 

◆デビルスガーデン

世界最大のアーチ、ランドスケープアーチがあります。その長さは88m。1番幅が細い場所は2mしかありません。

 

こちらも今にも折れてしまいそうです。長細く、繊細なアーチに見えます。これもいつかはポキッといってしまうんですかね・・。

上下に2つの穴が開いた、ダブル・オー・アーチも近くにあります。これも「アーチ」というんですね~。

アーチーズには沢山の、さまざまな形をしたアーチがあります。

 

普段から歩くのは苦手なタイプなのですが、アーチ―ズではなぜだか途中から火がついて、自分から率先して、「地図のここにあるアーチはまだ見てないから行ってみよう!」という冒険したい気持ちになりました。かなり歩いたのですが、とても楽しかったです。

 

夫も、「(私が)こんなに歩くとは思わなかった」と思っていたようで。

 

アーチーズは歩いて楽しむ公園だと思います!ほかの公園もそうですが、特に!

 

中には岩をよじ登る所もあったのですが、全体的には平な道なので、歩きやすいというのも理由の1つかもしれません。

 

アーチーズではたっぷり時間をとって楽しんで欲しいです。そして自分好みのアーチをぜひ、見つけてみてください。

アーチ越しに景色を撮るのもイイですよ。

 

「グランドサークルだったらどこが1番好き?」とか、「どの国立公園が好き?」とよく夫と話すのですが、グランドサークルの中でアーチーズは個人的にトップを争うほど好きですね。

 

どこも魅力があるんですけど、様々な形をしたアーチがきれいで見ていて飽きないのと、冒険心をあおられることとが大きな理由です。1日中ここで遊びたいですし、また行きたいな。

 

宿泊施設

アーチーズへはキャニオンランズ同様、モアブを拠点とします。モアブは泊まるところもレストランも豊富。

 

ホテルにはベストウェスタン、モーテル6、スーパー8、ホリデーインなどがあります。

 

私たちはベストウェスタンに泊まったので、徒歩でレストランやお土産物やに行けました。メインストリートとセンターストリートが交差するあたりに宿泊すると徒歩でどこにでもいけるので便利だと思います。

 

モアブにはシティマーケットというスーパーもあります。地ビールは「モアブ ブリューアリー」で楽しめます。モアブ ブリューアリーのサイトはコチラを参考にして下さい。 http://www.themoabbrewery.com/menu.html

 

ファーストフードばかりで嫌になって、お米が恋しい方は中華レストランや寿司があります(味の保証はしませんが)。

 

ちなみにバーガー系のファーストフードに入ったら、「fryソース」という、ケチャップ+マヨのミックスソースがくっついてきます(無料)。これはユタ州とアイダホ州のみの独特のものですので、フレンチフライにつけてぜひお試し下さい。

 

アーチーズで1日中歩きまわった後に入ったモアブの、メキシカンレストランのサルサとチップスがとてもおいしかった思い出があります。あのサルサの味は今だに忘れられません!

 

お店の名前は「ミゲールズバハグリル」。

 

2014年と2020年にもこのミゲールズに行っているのですが、おいしかった!

 

1回目はたくさん歩いて疲れておなかが空いていたから美味しく感じたのかな?と思っていたところがありました。それを確かめる為に2020年にも行ったのですが、間違いありません!

 

まいう〜!

 

私は次にモアブに訪れるときも、またデリケートアーチまで歩いて、ミゲールズに行っておいしいサルサ食べます!!

 

モアブのレストランや気候などの情報についてはこちらもどうぞ

 

アメリカの大自然が好きな人におすすめのガイドブックについてはこちらで書いています⇒アメリカ国立公園好きな私のおすすめガイドブック!人気「地球の歩き方」3冊比較有名な本ですが、私もだいぶお世話になっています。

 

アメリカの大自然についてはこちらでまとめています↓

グランドキャニオンについてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらで書いています↓

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る