嫌われたくない不安で八方美人だった私が「嫌われていい」と開き直れた理由

誰しも人に嫌われたくはないですよね。どちらかといえば人に好かれた方がいいし、嬉しいし、嫌われるのは嫌だと思います。

 

私もかつては人から嫌われるのを極度に恐れていました。

 

人の目を気にしていたし、「人から嫌われたくない!」という気持ちがとても強かったです。

 

だからすごく人に気を遣ったり、変なこと言っていないかな、とか失礼が無いように、ということを考えて行動をしていました。人の顔色伺ったりすることが多かったです。

 

もちろん自分が気づかないうちに、相手を傷つけていたっていうことはもしかしたらあったかもしれませんが、それでも自分のことをいい人だと言っている人がいたので、自分の願っていた通りに良い印象を持ってもらえることが多かったと様に思います。

 

スポンサードリンク

 

でもこれってすっごい心が疲れることでした。心が疲れるから、体も疲れますよね。自分の感情を犠牲にしてして他人に振り回されているから、そりゃ疲労しますわって話ですよね。

 

友達から遊びの誘いを受けたら大概は断らずに、誘いに乗ってました。

 

「本当はいきたくないな~」

「この人と会うと心が傷つけられたりするんだよな~」

 

そう思ってても行ってました。

 

他人に人生振り回されっぱなしだったんですよね。

 

時間は有限

学生時代とか20代の時はそれこそ時間がたくさんあったし、「時間ってほんとに大事だよ、有限だよ」と頭ではわかっていたし、多くの先輩たちからそんなアドバイスを貰っていたけど、実際時間の価値がよくわかっていなかったんですよね。

 

時間はいつまでもあるもの、と心のどこかで思っていました。

 

だから誘われたら遊びに行くし、人に好かれたいのもあって断ることもほとんどなかったんだと思います。

 

日本に一時帰国したとき、友達に誘われるがままどんどん外出して、家族とゆっくり過ごすことの方が少なかったことがあります。その時に体力的にも気持ち的にも疲れてしまって、せっかく日本に帰ったのに「疲れに帰った」という感情しか残っていませんでした。

 

もちろん、久しぶりに友達と会ったので、過ごす時間は楽しかったですよ。

 

でも疲れたという気持ちの方がとてつもなく大きかったんです。

 

そのときに、「ああ、問題は自分にあるな」ってちょっと気づきました。それでも「あの人には日本にいるときにお世話になったから・・」とかなんとかグズグズして、どうしていいかわからない状態でした。

 

でもそのあとに夫の仕事を手伝うようになり、日常がすごく忙しくなってそれがきっかけで、本当の意味で自分改革的なものが出来たと思います。

 

特に最初の頃は1日24時間がもうパンパンに詰まっていて、自分の体を休めるための時間をいかに確保するかみたいな感じだったので、そこで「時間ってほんとに貴重なんだな、一分も一秒も無駄に出来ないな」って身にしみました・・。

 

頭だけでわかっていた、時間の大切さにやっと気づいたという感じでした。

 

そんな貴重な時間を、自分の好きじゃない人とか、自分の心を傷つけるような人と無理に時間を過ごすのは正直もったいないと思うようになりました。それこそ自分の好きな人とか、自分を応援してくれる人と一緒にいる方がよっぽどいいし、有意義です。

 

命って大事ですよね。人生、80年とか、90年、100年と言うなら、命は時間と言えると思うんですけど、だとするなら、誰かと会ったりするのって自分の命を削っていることですよね?

 

そんな大事な時間=命を、なぜ嫌な人の為に削らなけらばならないのかって話です。

 

自分の好きな人と過ごしたり、自分の為には命削れますけど、自分が一緒にいて嫌だと思う人には大事な命削りたくないです。

 

だから人間関係を思いっきり見直しました。

 

自分が一緒にいて、なんか嫌だなと感じたり、心を傷つけるような人にはもう時間を割きたくないし、正直時間がもったいないな、自分を大事にする為にいい人やめよう、嫌われてもいいや!

 

そう決意ができました。

 

自分の中で時間に対する価値観の優先順位が、変わったんだと思います。

 

スポンサードリンク

 

どんな変化が生まれたか

この人と話すとなんか嫌だなって感じる人とは少しずつコンタクト取らないようにしたら、今まで感じていた「やだな、やだな」という、不の感情が少なくなりました。

 

自分の好きな人、前向きになれる人、尊敬できる人と時間を多く過ごすようにしているので、自分も明るい気持ちになれるし、ポジティブな気持ちでいる事が多くなったと思います。

 

他人に振り回されることも少なくなったし、愚痴ったりすることも減りました。

 

そして自分最優先で自分の為の時間が出来た!というのが何より嬉しいですね。

 

最後に

時間ってどの人にも平等に24時間あるわけですけど、やっぱり体が1つである以上、誰とでも仲良くして時間をみんなに使うことは出来ないです。時間は貴重と言われますけど、本当に貴重ですよね。

 

人はいい人からも悪い人からも、どんな人からも影響を受けるので、限られた時間を誰と使うのかってとても大事だと感じます。

 

自分がやだな、って思う人ではなくて、自分の大好きな人や尊敬できる人、自分の目標とする人ともっともっと時間を過ごしてそういった人からバンバン良い影響受けた方がいいと私は思います。

 

●「アメリカで暮らすようになり変化した自分の価値観」についてはコチラ america2go.net/2018/11/21/myvalue/

 

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

アメリカの大自然についてはこちらでまとめています↓

英語への苦手意識を吹き飛ばしたい!↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る