そうだったのか!人種のるつぼが「サラダボウル」に変わった理由と意味

アメリカは「人種のるつぼ」「メルティングポット」「人種のサラダボウル」といろいろ表現されますよね。今では「人種のサラダボウル」が使われています。

 

でも、

「人種のサラダボウルってどんな意味?」とか、

「違いは何?」とか、

「どうして言い方が変わったのか?」

と言われると、ちゃんと答えられない部分もあるのではないかと思います。

 

私自身も言葉は学校で習って聞いたことがありますが、「説明せい!」と言われるとしどろもどろになっていました。

 

これらの言葉はアメリカを一言で表す言葉でもありますが、辿るとアメリカの人種問題に行きつきます。

 

スポンサードリンク

 

るつぼって何?

まずは「人種のるつぼ」の「るつぼ」って何?ということですが、ツボという単語があるので、入れ物だということはわかると思います。

 

調べると「物質を溶融させるときに使う容器」とあります。高温でモノを溶かすときに使うナベのようなものですね。

 

 

人種のるつぼとは、英語でメルティングポットと訳されます。もしかしたら人種のるつぼよりも、英訳のメルティングポットの方が、わかりやすい表現かもしれません。

 

大事なのはメルト=溶ける、という部分ですね。

 

イギリス系の移民を中心としたアメリカ社会に、他の国々の移民が入り込み、1つに融合することが「メルティングポット」と表現されてきました。またそれを理想としてきました。

 

近年ではそれに変わって、「人種のサラダボウル」と表現されます。

 

多様な文化や習慣をもつ人々が、違いや個性を活かしながら1つの魅力を作り出す、そして尊重し、共生しているという方が、現実のアメリカ社会を表現するにふさわしいとされています。

 

スポンサードリンク

 

なぜ言い方が変わったのか?

これを知るにはアメリカの歴史を見ていく必要があります。アメリカの歴史を簡単に見ていきましょう。

 

アメリカは移民国家です。もともとは、アングロサクソン(WASP)がアメリカに入植し、アメリカの元となる価値観を作り上げました。

 

彼らの生活を見習い、彼らの様に振る舞い、同化することがアメリカ人になることであり、そのあとにやってきた移民たちは、同化していかなければ、投票権なども与えられませんでした。

その後、どんどん移民が増え始めます。公民権運動あたりまではヨーロッパ系の移民の多様性のみが注目されて、その融合が図られました。要するにこのころの移民のほとんどは白人だったということです。

 

その際に異なる文化が解けあう、「メルティングポット」という考えが生まれます。移民が溶け合って、1つの違うアメリカが出きることを理想としていました。

(白人以外の黒人やアジア人、ネイティブアメリカンなどは対象外)

しかし実際はアングロサクソンが優位で、後から入ってきた移民への差別がありました。

そして1950年代の公民権運動あたりから、人種のるつぼという表現が通用しなくなってきます。アジアやラテンアメリカ、中東やアフリカからの有色人種の移民が増えて、そういった少数民族の意識が高まってきたからです。

 

アメリカ人としての統一は保ちながらも、自分達の祖国の伝統や、生活に固執するようになり、融合というよりも、共存の意識が高まりました。

 

混ざりあってはいるものの、単一のものではないということから「人種のサラダボウル」と表現されるようになりました。

 

言葉の背景を知る

 

実際のアメリカは融合しているという部分もありますし、尊重しあっている部分もありますが、認め合っていない部分もまだとても多いと感じます。事実、人種差別から事件になることも多いです。

 

でも相手を知ろう、理解をしていこう、という風潮はあると思います。カレッジで使われているテーマでも、アフリカンアメリカンの差別、LGBTのことだったりします。

 

様々な国から人が来ているアメリカでは見た目も考え方も、全く違う人が多いですが、まずは相手を知ること、理解しようとしていくことは大切だと感じます。

 

表面的な言葉の意味を知るだけではなく、なぜ言葉が変わったのか?なぜ溶け合わなかったのか?というところを考えてみてみると、より深いアメリカが見えてくるのかなと今回思ったのでした。

 

 

もうすぐ大統領選挙!民主党と共和党の違いについて⇓

こんなに違うの?アメリカの民主党と共和党の政策違いをわかりやすく

 

トランプ大統領が4年間でやってきたこと⇓

トランプ大統領の政策を振り返る!共和党トランプ政権のやったことをわかりやすく

 

シンボルマーク、民主党はロバで共和党がゾウな理由について↓

なぜこの動物が?民主党はロバで共和党はゾウのマーク由来と理由

 

アメリカ大統領選挙についてはこちらでもまとめています↓

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

アメリカの大自然についてはこちらでまとめています↓

英語についてはこちら↓

アメリカで永住権を取るまでの流れについて(フィアンセビザ)↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る