アメリカ人の服装はカジュアルが基本!オンとオフの米国ファッションと季節感

アメリカで暮らしていると自分の恰好がどんどんダサくなってくると感じるんですよね。なんでかと言うと、服装に気を遣う必要があまりない環境だからなわけです。基本的にはカジュアルな恰好でよく、明日何着て行こうかな?とかコーディネートに悩む必要がほとんど無いから、どんどんラクな方向へ行ってしまいます。

 

Tシャツにジーパンでいいし、Tシャツっていってもお洒落なシャツ着る必要無いし、最近はいやむしろTシャツにジーパンはお洒落なんじゃん?って思ってしまう自分がいます。

 

スポンサードリンク

 

自分が気に入っているなら何でもオッケー

アメリカ人が普段よく着ているのはヨガパンツみたいなやつです。

 

何ですかこれは?レギンスですか?その上に何か履いて腰回りを隠さなくていいのですか?

 

最初見た時は衝撃でした。

 

それこそ当初スカートとかも履いていたんですけど、誰もそんな恰好してないし「今日パーティーあるの?」って聞かれて。そこから「ねえねえ妹いる?いつ日本に帰る?オレも一緒にツイテク!」「・・私には兄がいるんだけどそれでもいいですか?」って変な会話を繰り広げてましたからね。

 

で、自分もアメリカに馴染むべく米国ファッションを取り入れるも、初期はヨガパンツの上にショートパンツを重ねて履いてました。ヨガパンツだけで外に出るのは体の線が出すぎな気がして抵抗があったんですよ。

 

でもですね、それは逆に変だと言われまして、思い切ってヨガパンツだけにしたらあら不思議。意外に慣れました(笑)。

 

といいますか、何を着ようが「自分がこれが良い!」と思えばそれでオッケーなのです。

 

なので30歳過ぎていても半ズボン、オッケーです。私も買いました。でも日本では履けないですけどね。日本で履いていたら義理の母に怒られますけどね。

 

アメリカ人がいつもカジュアルな恰好しているわけじゃないし、カジュアルな中でもこだわってたり、仕事の時はちゃんとした格好しているんですけど、オンとオフはかなりハッキリしていると思います。パーティの時はめっちゃ気合入っているし、え?誰?別人?くらいかなりギャップがあります。

 

私はそのギャップが結構よかったりしますが、アメリカにいるとだらしなくなる様な気がしなくもないような・・。いやいやそれは自分のせいですよ。

 

ヒールの靴が履けなくなりました

ヒールの靴をですね、履かなくなったんですよ。

 

履かないと言いますか足痛くて履けないですもう。

 

いや履きたいんですよ。スニーカー買いに来たのに、ヒールの靴を見るとこの靴格好いいわ!ってなるんですよ。足を少しでも長く見せたいわって思うんですよ。履くと気持ちがビシっと引き締まりますよね。

 

で夢中になって見てると、夫に「スニーカー買いに来たんでしょ!」「エ?・・ああそうだった」っていう会話を毎回します。

 

でもかっこよく見られたいとかお洒落とかそれよりも、足痛くてもう無理だわ、フラットな靴やスニーカーがラクだわの方が勝るようになってしまいました。そんな機会もあまりないし。

 

はあ私が次ヒールの靴を履くのはいつになるんでしょうか?(遠い目)

 

スポンサードリンク

 

アメリカ人の服装と季節はマッチしてません

アメリカでよく真冬なのにTシャツとか、季節と服装がマッチしてないよって思うことがあると思います。私も最初はそう思ってました。

 

でもこれは仕方がないことなんだなあ、と最近は感じます。

 

季節が服装がというより、国土が広すぎて地域によって気候が違い過ぎるからなんじゃないかと。

 

例えば1年の300日が雨とか曇りの地域もあれば、1年の300日が晴れている地域とか、雪降ったと思ったら翌日は半そででもいいくらい気温が上がって寒暖が激しい地域もあるわけです。四季はあっても線引きが場所によって違い、多くの人が同じ感覚を共有できない程、気候が違い過ぎるからというのが理由ではないかと。

 

日本は季節に適した服装がありますし、季節に合わせて服を選びますよね。なのでちょっとくらい寒くても春になっていれば春の服装をしますし、真冬に半そでだとどうしたんだ?となると思います

 

日本だと、日差しが暖かくなってきたなあ、春はもうすぐとか、もくもくした入道雲に夏を感じたり、風鈴の音が涼し気・・とか、鈴虫の音が聞こえるなあ、秋か・・とか、木枯らしが吹いて寒くなってきたなあ、等そんな季節の移り変わり、それを楽しむ文化や行事が多くあります。おかしや儚さを感じる繊細な感覚があったりしますよね。

 

アメリカは極端に言うと、

 

5月だ!メモリアルデーだ!夏だ!

9月だ!レイバーデーだ!ハロウィンだ秋だ!

 

という感じといえばいいんですかね?日本の様な繊細さはナイ。というか、それを求めてもムリなのかも。

 

服装は季節に合わせるというより、気温に合わせるので、冬でも半そでという季節観の無い人が現れるだと思います。いや気温に合わせるというより、雰囲気で決めている感じもしなくないですけどね。色々な人種いるから服装の違いもあるし、他人目とか気にしないし。

 

雪降っていても半そでで犬の散歩してる人いるし、マイナス5度とかでも半そでの人見ると、おいおい、死にたいんですか?と心配になるのですが、アメリカ人は体温が高いし、車で移動することが多いから外にいる時間も短いし、多少は大丈夫なんでしょう。

 

寒そうにしながらも半そでで車に乗り込んでいる人を見ると、その家出てから車に乗るまで1番寒くないですか?って私は思うんですけど、それより上着着るのがメンドクサイのでしょうね。

 

アメリカと日本文化は違いすぎ!現地生活で知った米の習慣・特徴が面白い

アメリカ生活でブランド品は必要無し。日本人がブランド好きなワケ

一気に8キロ太って超納得!日本人がアメリカで暮らすと太る理由

アメリカ人が細かい事を気にしない理由!日本と違うアメリカの国民性と特徴

 

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

アメリカの大自然についてはこちらでまとめています↓

英語への苦手意識を吹き飛ばしたい!↓

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る