意外にも働き者のアメリカ人!米国の祝日は少なくて日本は多い理由

アメリカで暮らすようになってから気づいたのですが、日本って祝日が多いんですよね。

 

有給の取りやすさを考慮すると、日本とアメリカで休んでいる日数はどっちもどっちかな?という気がするのですが、アメリカの祝日は数えるくらいしかないです。

 

今回は日米の祝日について書いていきます。

 

スポンサードリンク

 

日本の祝日は多いけど、私は恩恵を受けてなかった

私は日本にいたとき、「日本が祝日が多い国」だとは思ったことがありませんでした。そもそも諸外国と比べたことがありませんでした。

 

私が働いていた航空会社は、暦通りの休みではなく、むしろ祝日が増えるとその分利用客が増えて忙しくなります。だから祝日が増えても自分には関係はなくて、恩恵は全然無かったです。それよりも「え?今週3連休なの?うわー、混むなあ」ってがっかりしていました。

 

有給をとることは出来ましたけど、消化をしにくい雰囲気。特に長期休暇は暗黙の了解で取りにくかったです。取ったとしても、職場にお土産を買って帰ることが頻繁にあり、「有給を頂き、ありがとうございました」という感じ。

 

それでも取りやすい方だったのかもしれないけど、さすがに有給を使って1ヶ月会社を休むという勇気は無かったです。

 

でも日本は有給を取りづらい国なのかも、というのはなんとなく思っていました。

 

それはアメリカに住む親戚のおじさんが、日本に来るときは1ヶ月くらい滞在していたから。「日本はこんなに取れないんでしょう?」というのも毎回言っていた気がする。その時はアメリカの事情なんて知らないから、「そんなに休めるんだ、アメリカ人はあまり働いてないんだな」と思ってましたがw

 

日本では有給を取りにくい環境であるのは確かかなと思います。日本の働き方は、お互いに仕事をカバーし合う傾向にあるし、日本の文化を考えるとそうなってしまうのは仕方がないのかもしれないです。

 

だからこそ強制的に祝日を増やして休ませているんでしょうけど、サービス業には恩恵ないよ・・。

 

スポンサードリンク

 

意外にも少ないアメリカの祝日

アメリカの祝日は意外にも少ないです。

 

国全体での祝日は10日間くらいあるんですけど、実質休むのは、下記の赤色の祝日くらいかな?そのほかの祝日は、会社によって平日と変わらないところも多いです。

 

1月 ニューイヤー

1月 マーティンルーサーキングJrデー

2月 プレジデントデー

5月 メモリアルデー

7月 独立記念日

9月 レイバーデー

10月 コロンバスデー

11月 ベテランズデー

11月 サンクスギビング

12月 クリスマス 

 

元旦は花火があがったりしますけど、2日からは大体通常通り。

 

マーティンスーサーキングJrデーや、プレジデントデーは、平日と同じ印象。メモリアルデーになると「お!夏になったな」という感じで、国立公園とかレジャーに人が押し寄せます。

 

独立記念日はどこも花火を打ち上げて大騒ぎです。9月のレイバーデーでは、秋最後のレジャーを楽しみます。

 

コロンバスデーとベテランズデーは平日とあまり変わらず。え?祝日だっけという印象。

 

コロンバスデーについては、最近はお祝いするのは微妙になってきてますね。むしろ反対する人が多いかも。フロイドさんの事件をきっかけに、コロンバスの銅像が取り壊されたりした地域も多いし、結構問題になってます。なぜかというと、大陸発見のコロンバスは、原住民にとっては侵略者だからです。自治体によっては自主的に像を取り外しています。

 

秋はハロウィン(祝日ではない)、サンクスギビング、クリスマスとあるので、この時期が好きという人も多いかも。

 

クリスマスにはレストランやスーパーは閉まってしまいます。イヴにチキンでも買おうと思って出歩いたら、やってないとか早めに閉店だった思い出が・・・。目的が家族と集まって過ごす日ですし、従業員を休ませようとする会社が多いです。チャイニーズレストランはそんなときでも開いてますけどね。

 

そう考えると、アメリカ人は結構働いているんですよね。(日本でいう、県民の日のような、州独特の祝日もあるけど)

 

おじさん、アメリカ人は働いてないなんて思ってすまなかったw

 

でも有給は日本より取りやすいと思います。いろんな人種がいて、宗教により祝日が異なるから、自分の休みは有給制度使って取れって感じかな。

 

働くときは働いて、休むときは休むというメリハリは、アメリカの方があるかもなと私は感じます。アメリカの働き方は、やることやっていれば休みとってオッケーでしょ?って感じ。割り切れるのはいいですね。これも日米の雇用の仕方の違いが関係していると思います。

 

あと、アメリカ人の朝は結構早いw

 

カフェとか超はやくからやってます。朝5時からって、誰がこんな朝早く買うんだ?と思うけど、全体的に会社の始業時間が早いから、その人たちの為ですね、きっと。

 

スポンサードリンク

 

どちらがいいか

アメリカ人にも怠け者はいるけど、祝日自体は少ないし、結構働いていると思います。働きものはめちゃくちゃ働いています。

 

とはいえアメリカでは有給を取りやすいから、そう考えると日米では休日数は同じくらいかなと思います。

 

自分のタイミングで休みを取れるので、それはアメリカの方がいい気が私はするけどね。

 

でもクビが身近な世界でもあるし、それはそれで大変だから、どっちもどっちだなあ。

 

アメリカで突然クビになっても気にする必要がない理由。日本&米国の解雇の違い

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

ハリウッドがブチ切れ!セレブVSトランプ↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

アメリカでのレストラン経営についてはこちらでまとめています↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

米国で個人が自分のレストランを持つまで

詳しくは上の画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る