日本と真逆なアメリカのバレンタインデー!女性主役の習慣&過ごし方が嬉しい

バレンタインデーで覚えていることは、小学校のとき担任の先生が男子全員の机の中に小さなチョコをこっそり忍ばせていたこと。

 

みんなにチョコが渡るように、と気を遣ってくれる優しい先生でした。でも密かに「私もほしいよ」と男子が羨ましかった思い出があります。

 

アメリカのバレンタインデーはどうかというと、男性から女性にプレゼントをする日です。主役は恋人同士とか夫婦、カップル。アメリカに住むようになるまで知りませんでした。

 

女性が贈り物をされる日っていうのは最高ですね!

 

日本で行っていたような「これはギリチョコで、これは本命チョコで・・」と一生懸命チョコを選ぶ必要がないですし。私はこれが結構面倒で負担でした。

 

スポンサードリンク

 

アメリカ人がバレンタインに贈るものは

アメリカ人がバレンタインに何を贈るのかというと、鉄板なのがお花。花束はもちろんですが、鉢植えプレゼントをする人もいます。

胡蝶蘭を買っている人見かけました。しかも赤やピンクではなくて青い胡蝶蘭抱えてました。

 

花瓶に生けてあるお花を花瓶ごと売っているのでそれをあげたりもします。

 

貰う方もそのまま飾ればいいからラクですけど、ちょっと面白いですね。

 

あとはハート型の入れ物に入ったチョコレートだったり、チョコがコーティングされているイチゴだったり、ぬいぐるみとかバルーンかな?あとメッセージカードもですね。

スーパー行ったら普段は空いているお花売り場に人がたくさん。しかもほとんどが男性で、めっちゃ真剣に選んでいて、なんか微笑ましかったです。

 

でも男性だけじゃなくて女性も買っているし、若い人も年配の人も買っているし、お父さんと子供で来ている人もいたし、  性別や年齢はあまり関係なさそうです。

 

でも全体的には男性が多いかなという感じですね。

 

あとこの日ディナーに行く人も多いですし、アクセサリーをあげたりする人もいると思います。

 

今年は金曜日と重なったからレストランは混んでいたのではないでしょうか。

 

なお、高級チョコはスーパーにほとんど置いてないです。

 

こんな所でもバレンタインをお祝い

私が住んでいるアパートの入り口でもバレンタインのお菓子を置いてました。カップケーキとかチョコ、クッキー、ジュース、コーヒーなどちょっとしたものではありますが、誰でも食べられるようになっていました。飾り付けが赤とピンクでかわいいですね!

 

おもてなしというか感謝の気持ちが嬉しかったので、私も少し頂きました。

 

スポンサードリンク

 

日本人夫が買ってきたものは

私達は日本人同士なので、日本風に私が夫にチョコをあげるでもいいのですが、アメリカに住んでいるのだし、アメリカ風にしてもらいたいなあ!と思いつつ、でもどうしようかなあ、と悩んでました。

 

結婚初期は夫が花を買ってきてたのですが、私が日本風にチョコを渡した年もあったし、お互い何もあげない年もありました。

 

そういえば去年は夫から何ももらってません。私はチョコをあげた気が。

 

で、今年もないのかなあ?どうかな?と思っていたのですが、夫が花とチョコを買ってきました。

嬉しいなあ!

 

ってチョコはファミリーパックですけどね!

 

でもやっぱり気持ちが嬉しいですね!!

 

ファミリーパックの言い訳を聞くと、

 

「当日にチョコを買いに行ったら、スーパーの棚が次のイベントのイースター商品になりかけてて、あまり置いてなかった」

 

私もスーパー行ったら、確かに棚にチョコが全然置いてなかったので、もしチョコをプレゼントするなら早めに買ったほうがいいと思います。

 

あと日本の男性の気持ちがちょっとわかった感じ。やっぱり贈り物をらったら嬉しいですね。気にかけてくれてるんだなあって。

 

女性が花をもらったりしてちやほやされるアメリカのバレンタインデーは最高ですね!しかもアメリカには義理チョコもホワイトデーないからね!ウハウハですぞ。

 

私もあげました

実は私もバレンタインの贈り物を用意しました。男性に花を贈るのもどうかと思って、今年はこれにしました。

イチゴのビールでございます!

 

ってビールかい!

 

私は全然アルコールを飲まないので味はよくわかりませんが、コロラドのエールで美味しかったそうですよ。

 

面白い思い出

日本にいた時、ホワイトデーの日に会社の年配の男性から「はい、これお返し!」とチョコを頂きました。

 

はい?私バレンタインあげましたっけ?

 

「貰ってないけどね、いつもお世話になっているから」と、あげてないのにホワイトデー。

 

あげてないのにお返しをくれるというジョークなんですけど、面白い出来事でした。ちなみにこの男性は色々な人にこの手を使ってました。笑

 

スポンサードリンク

 

最後に

アメリカではギリチョコもホワイトデーもなく、主役は恋人や夫婦で、愛を確かめ合うという意味合いが強いです。

 

大事な人に想いを伝える日というのは日本もアメリカも同じですね。

 

でもそれは高級なものにする必要はなくて、やっぱその気持ちなんですよね。

 

ささやかなものでもやっぱり嬉しいし、自分のことを想ってくれているんだなという確認も出来るというか、じゃあもっと家事とか頑張ろうかなって思えたり。

 

基本的には女性がちやほやされる日なので女性として良い気分だなあ、と思いました。

 

いつもじゃ胡散臭いけど、恋人でも家族・友達でも、大切な人に、

 

「あなたを想ってますよ、ありがとうね」

 

っていう自分なりのシグナルを時々送るというのはホントに大事ですよね。

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカの大自然についてはこちらで書いています↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

 

 

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る