返品・交換しまくるアメリカの独特な文化!とりあえず買って気に入らなければ即返品

アメリカは返品大国だとよく言われます。

 

日本で買い物をする時、私は「迷った場合は買わない」というマイルールを設けていました。高額なものに関しては事前によく調べたり、納得した上で購入してました。

 

それでもうっかり衣類のサイズを間違えて返品に行ったら、タグついてて全くの新品でレシートあっても店員さんはあまり優しくはなかったです。日本は返品が前提になってないですよね。

 

アメリカではどうかというと、返品前提で迷ったらとりあえず買います。そして返品にかなり寛容な文化です。

 

スポンサードリンク

 

返品は日常茶飯事

 

私はアメリカ生活が数年経っているので、返品したことはもちろんあります。

 

過去に返品したものといえば、洗剤、エアーベッド、あと仕事で使っていたレシート用のプリンター。

 

どれも未使用ですが、返品理由は、洗剤は開けたら蓋が壊れ、エアーベッドは旅行先で使おうと思っていたのですが、膨らませるポンプの種類を間違えた為。プリンターは型を間違えて買ってしまった為。エアーベッド以外は返品作業してもらってから新しいものを買い直しました。

 

とはいえ、私が間違えて買ってしまったにも関わらず、返金の対応してくれるのはとてもありがたいと思いました。

 

レシートを持ってお店に行ったわけですが、返品理由を聞かれたこともありましたが、聞かれないこともありました。

 

聞かれたのは、

 

「気が変わったのですか?」

 

え?そんな理由で返品オッケーなの?

 

はい、バッチリオッケーです!

 

あまりにも返品する人が多くて、お店側も1つの作業のように行っている印象です。米国の大型スーパーのウォルマートのカスタマーサービスは特によく並んでいる印象。

 

アマゾンでプリンター返品したときは「返品理由に○をしてください」となっていて、項目に目を通したら「気に入らなかったから」というのがありました。これも返品理由になるんだなあと驚いた記憶があります。

 

でも返品してくれる文化が根付いていると、心理的に購入しやすい、またこのお店に行こうかなと感じます。

 

そもそもアメリカって返品を受け付けてないところあるんだろうか?

 

アメリカ人の買い物の仕方

 

アメリカ人の買い物を見ていたのですが、例えば、お母さんに何かを買っていこうとなった場合、気になるものがあったら両方買って帰ってました。本人に見せて、気に入った方はそのまま、気に入らなかった方は返品しにいってました。

 

あとセールで買ったものでも、家に帰ってよく見たら気分が変わった様で、返品しに行ってました。

 

セールでも返品しに行っちゃうのはフットワーク軽いですねえ。

 

先日、家電を売っているお店に行ったら、安売りになっているパソコンが何台かありました。

 

値下げの理由が「1度開封済み」になっていたので、きっと誰かが買って返品したやつだと思います。パソコンも返品しちゃうんですね・・。そしてそれを受け入れるお店も凄いなあ。

 

初めてアメリカ人からプレゼントを貰った時、プレゼントと一緒にレシート入っていて、

 

「なんだこれは?レシート入れっぱなしで忘れたのかな?」

 

と思っていたのですが、気に入らなかったら交換とか返品する為の「ギフトレシート」でした。そのレシートに値段は書いてありません。

 

なので私も誰かにプレゼントをあげるときはギフトレシートを一緒に入れるようになりました。

 

クリスマスの後なんかは返品の数が凄いです。っていうか、あげた方はショックじゃないですかね?せっかく本人が欲しそうなものを考えて買ってあげたのにって。自分で買ったものではなく、他人様が買ったものでも返品オッケーって・・。

 

と私は思っていたのですが、それは日本人的な考え方みたいです。

 

本人は欲しいものが欲しいし、相手からすると「あなたが気に入るかわからないし、気に入らなくて使わないより、交換して好きなものを使って欲しい」という心遣いなんだと思います。値段がわかってしまいますけど、わかったところで気にならないし、誰も気にしてないですね。

 

今はギフトカードも人気なようですよ。種類がたくさんあって、どこでも売られているのをよく見ます。

 

ギフトカードはちょっと味気ない気もするけど、好きなものを買ってもらったほうが嬉しいし、その方が良いという感じですね。

 

バイト先でスーパーのターゲットのギフトカードをクリスマスプレゼントとして貰ったことあるし、夫も会社のクリスマス会でスタバのギフトカード貰ってました。

 

スポンサードリンク

 

アメリカでは福袋がない

 

先日テレビで日本のおもちゃのガチャガチャについて放送されていたのを見ました。

 

あれってどれが出てくるかわからないので、それが面白かったりしますよね。

 

それと同じで福袋も、何が入っているかわからない、値段以上の良いものオトクなものが入っているかもしれないし、そうじゃないかもしれないけど、そのワクワクが良かったりしますよね。最近は中が見えるものもありますけど。

 

でもガチャガチャとか福袋ってアメリカではあまり成り立たないのではないかと思いました(ガチャガチャは一応あります)。

 

もしアメリカに福袋があったら、「欲しいものが入ってなかった」「良いものが入ってなかった」とかってバンバン返品になりそう・・。笑

 

まー、アメリカは合理的なことを好むんでしょうね。

 

結婚した人に祝い品を贈る場合、アメリカだと本人達が欲しいものをリストにしていて、それをゲストが贈ります。かぶることが無いし、本人たちの好みなものをプレゼントできるし、双方にとって合理的なシステムだと思いました。

 

スポンサードリンク

 

最後に

アメリカではお店側はとりあえず買ってもらう、消費者はとりあえず買うという考えが根付いています。それを悪用する消費者ももちろんいますが、基本的には好きなものが欲しい、好きなものを使って欲しい、に基づく返品文化だなあと思います。

 

企業からしたらお客様に買ってもらうチャンスは増えている気がしますが、返品作業の労力やコストもすごそうですね。

 

迷って両方買ったけど、返品行くのが面倒だからそのまま両方使おうかなとか、返品行ったついでに他のものを買って帰ろう、という利益にもつながっているんでしょうけどね。

 

とはいえ、大手はまだいいけど、スモールビジネスとかにとっては大変だと思います。

 

消費者としてはやっぱり心理的に購入へのハードルは下がりますね。

 

私は返品に行くのが面倒なので、悩んだら両方買うということはしていませんが、それでも急いでいて買い間違えてしまうことはあるので、返品しやすい文化はありがたいなあと思います。

 

更に何年もアメリカに住んだら、「悩んだ場合は両方買おう!」になっているかもしれないです!

 

アメリカと日本文化は違いすぎ!現地生活で知った米の習慣・特徴が面白い

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカの大自然についてはこちらで書いています↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る