バイデンの医療政策はオバマケア拡充!アメリカ大統領選挙でトランプに180度対抗

バイデンはオバマ政権で副大統領をしていたので、オバマケアをなくしたくありません。

 

バイデンが大統領になったら、基本的にはオバマケアの継続&拡充を目指していく方向です。

 

スポンサードリンク

 

オバマケアってなんだっけ?

日本には国民皆保険という、素晴らしいシステムがありますよね。

 

強制的に保険に入らさられる仕組みではありますが、国が介入しており、安い料金で医療を受けられます。

 

アメリカでは国が全然医療に介入しておらず、保険会社は基本的には民間のものです。保険の加入は強制ではありません。医療費がバカ高いのですが、保険料も高いので、保険に入らない&入れない人が結構います。

 

そこでオバマ大統領は、公的な医療保険への加入を義務付けました。低所得者には補助金を出して、多くの人が公的医療保険に入ることを目指しました。これが「the Affordable Care Act」、通称オバマケアです。

 

オバマケアは2010年の3月からはじまりました。

 

多くの方がこの保険によって助けられているのですが、トランプ大統領はオバマケアを廃止にしようと試みています。この法律自体をなくそうとしているわけです。

 

現在もオバマケアは存在しているのですが、加入の義務はなくなっている状態です。

 

スポンサードリンク

 

バイデンの考えるヘルスケア

バイデンの医療政策を、バイデン風に言うと、

 

「私が大統領になったらオバマケアを守る!そして拡充する!

 

私がしたいことは、今ある民間の保険システムを壊したいわけではない。公的な医療保険(オバマケア)を選択の1つとして選べるようにし、ヘルスケアのコストを下げることだ。

 

■すべての国民がオバマケアを選択の1つとして選べる

 

私は、アメリカの97%が保険を持てるようにしたい!保険に入っていなくても、既に入っていても、オバマケアを選択出来るようにする!

 

■オバマケアという保険によって国民に安心してもらい、尚且わかりやすいシステムにする

 

アメリカの保険は高い上に、わかりにくいシステムだ。保険が無い人に保険を与えるだけでなく、入りやすくて、わかりにくさを減らしたものにする。

 

メディケア(高齢者の公的医療保険)のように、公的なオプションとして機能させ、料金を交渉し、保険をもっと手頃なものにする。税額控除も大きくする!

 

ヘルスケアの市場は競争があまりない為、価格が上がってしまっている。このような独占状態を禁止するように自分の権力を開放していく。ヘルスケアワーカー達とパートナーを組み、コストをさげ、医療の質をあげていく!

 

■製薬会社の処方箋は高額すぎる

 

薬をつくっている会社は、競争相手があまりいない。そのため好きな金額に値段を設定できてしまう。

 

競争相手がいなくても値段を下げられるよう、適正な価格を評価する独立機関をつくるなど、新しいアプローチが必要。税金のペナルティを課して、薬の値段の上昇を制限する。

 

処方箋を外国からも買えるようにして、製薬会社の競争を促す。安全なジェネリック医薬品を増やす!

 

■少数の人への特権ではなく、すべての人にヘルスケアを!

 

避妊に対しアクセスしやすくし、中絶に対しては女性が選べる権利として守る。アメリカの母体死亡率は先進国にしては高い(特に黒人)。それを下げる為に努力をしていく。

 

コミュニティヘルスセンター(主に初期の状態を診たり、妊婦向けの機関)に2倍投資する。メンタルヘルスサービスに対してもアクセスを拡大していく!

 

財源は、お金持ちの税率をあげて、そこで補うぞ!

 

スポンサードリンク

 

感想

アメリカの医療費や保険って高いですし、システムもややこしので、老後のことも含めて私は心配になるんですよね。

 

バイデンではなくて、バーニー・サンダースの案で、国民皆保険を導入するというのがあったので、思い切ってバーニーにやらせても良かったのではないかという気もします。

 

お金がかかりすぎる等と批判されていましたし、いきなりこれを導入するのは混乱を招くというのはあるんだろうけどさ・・

 

とはいえ、アメリカって強制されることを嫌う風潮がありますし、「全員保険に入れ!」ってやっぱり難しいのかな?マスク着用ですら強制されるのを嫌がっている人、大勢いますからね・・

 

日本では健康保険が充実しているので、それが故に、軽度でも病院行く人が多かったり、気軽に病院行ってしまう傾向にあり、それもどうかと思いますが、でもアメリカの様に治療したら破産とか、死にそうでも病院に行けない人がいるとか、やっぱりちょっとどうにかして欲しいです。どっちが問題か、といったら絶対にアメリカですよね。

 

私はアメリカの保険に入ってはいますが、いつも不安はつきまとっていて、そういった点からも、日本の医療制度のほうが全然いいなって感じます。システムもわかりやすいですし。

 

まーでも、バイデンの案で、国民皆保険に一歩近づいたんですかね?

 

■バイデンの移民政策についてはこちらで詳しく書いています⇒メキシコの壁はカネの無駄!トランプと違いすぎるバイデンの移民政策&主張

 

■バイデンの政策をかんたんに⇒民主党バイデンの政策をわかりやすく!アメリカ大統領選挙でトランプ大統領と一騎打ち

 

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

ハリウッドがブチ切れ!セレブVSトランプ↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

 

 

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る