手強いディーラー不在!アメリカで中古車購入時の流れと良い車の選び方

そろそろ車を買い替えたいなあ、でもアメリカのディーラーってしつこいので、めんどくさいなあって思ったりしますよね。

 

私はよく知らなかったのですが、アメリカの車のディーラーは手強いw

 

いろいろオプションをつけようとしたり、超がつくほどゴリ押ししてくる為、主張が得意なアメリカ人ですら、ディーラーに行くのは嫌だと思っている人が多いです。ネイティブをもだまそうとするなんてヒドイですねw

 

私の夫もそれがわかっていたので、車を買い替えたときはウザい取引がない会社を選んでました。

 

今回はアメリカで車を買い換える時の中古ディーラー選び、買うときのポイント、流れなどを体験談を元にまとめていきます。

 

アメリカのディーラーはうぜぇ!でも質の良い車を買いたい!って思っている人はぜひ見てください。

 

スポンサードリンク

 

新車ではなく中古をおすすめする理由

そもそも車を買うときに、夫は新車ではなく、中古車を選びます。

 

私は結婚した当初、夫の車は新車だと思っていたのですが、よくよく話を聞いていると中古だと判明。中古を選ぶ理由は、

 

・新車で買っても高いだけですぐに価値が下がる

(新車で買っても新しいというステータスがつくだけ)

・新車は価値に対してロス率が高い

・中古で新しめのを車を狙った方が良い

・新車は保険が高い

・中古であれば、高級車にも手が届く

・ドイツ車を新車で買っても壊れるし、維持費が高くなる

・中古車でも良い状態だと、買ったときより高く売れるかも(この方法をやりたいわけではないですが)

 

アメリカでは中古車は結構人気です。アメリカの不動産も同じで、中古住宅が主流ですよね。この考えと少し似ていると思います。

 

日本にずっと住んでいた私は、車も家も新しいものを買うのが普通と思い込んでいたのですが、アメリカだと逆な感じです。

 

ゴリ押しのないディーラーってどこ?

アメリカのディーラーは、このオプションをつけませんか?とか、車を高く買わせるためにしつこく交渉してくるので、超ウザイです。お客を簡単に帰らせることはしませんw

 

これは最初に述べた通りです。

 

アメリカ人でも巻くのが大変だという、うざいセールスを、上手くかわせる自信があるなら普通のディーラーに行きましょう。

 

もしそれが嫌なら、お勧めはエコパークという会社です。値引き交渉はなし、無事故の車&3年以内の比較的新しい中古車を置いているとかだったと思います。

 

あとはカーバナ、カーマックスなども値引き交渉なし、駆け引きなしの会社です。セールスの人もあんまりこないし、むしろ興味あったら声かけてとうスタンス。

 

こういった会社は人が押し売りを嫌っているのをよくわかっていて、ゴリ押しアプローチを一切削除した会社です。

 

なので車を買うときに値段交渉することはほぼありません。会社側も無駄な人件費を削除できるので、最近伸びている会社だと思います。

 

私達が使ったエコパークのことを少し書いておくと、担当になったディーラーは若いアメリカ人でしたが、押し売り感は全然なかったです。

 

それを売りにしている会社だけあって、必要なことだけ説明してくれて、むしろ会話は少なかったです。

 

なお、個人から中古車を買うという手もありますが、夫は個人から買ったことは社会人になってからは1度もないそうです。カーファックスで車歴を調べられることが出来たりしますが、個人だとグレーな部分が多いため、取引しないみたいです。

 

ガリバーはどう?

アメリカで有名なディーラーといえば、ガリバーもあります。日本語対応があるので、手続きも困らないのではないかと思います。

 

とはいえガリバーがアメリカのどこにでもあるわけはなく、内陸にはありません。値段が高いので、夫はガリバーでは買いたくないそうです(ガリバーさん、すいません)。

 

日系の引っ越し会社に見積もりを頼んだけど、丁寧な分高かったのと同じ感じかなと思います。

 

でもそういったサービスが良い人はガリバーが向いています。

 

中古車でも質の良い車の見極め方

中古でも質のいい車が欲しいですよね。アメリカでの走行距離って半端ないですし、変な車を買って、故障したとか燃費が悪いだと結局は高くつくことにもなりかねません。

 

質の良い車を見分けるポイントをあげてみます。

 

日本車を選ぶ

トヨタや日産など、日本車は壊れにくいですよね。更に、アメリカで作られた日本車ではなくて、日本で作られてた日本車だとより頑丈だそう。

 

アウディやベンツとかがいい!って思うかもしれないですが、結構すぐ壊れると聞きます。それは修理が必要なことを意味しますよね。

 

頑丈さで選ぶなら、やっぱり日本車です。アメリカで日本車に乗っている人、多くないですか?

 

車歴

事故車ではないかを調べます。

 

どうやって調べるかというと、エコパークなどのサイトで見れます。昔は車歴を調べるのは有料だったみたいですが、最近はタダで見れます。タダで見てもらってお客さんを呼んだ方が得なんだと思います。

 

基本、最近はディーラーに言うと見せてくれます。悪徳じゃない限りみせてくれると思います。

 

やたら安い価格だと事故車の可能性が高いので注意です。例えば、最近のモデルなのに安い車なのはアヤシイです。そういう車を扱ったディーラーもあるので気をつけてください。

 

どのくらい走っているのか?

目安のマイルは、50000マイル以下です。少ない方が良いです。

 

買いたいと思っている車の相場はどのくらいか

ケリーブルーブックというサイトで査定が出来ます。無料です。相場よりも大きくズレているのはやっぱアヤシイです。

 

買う前に色々調べましょう。

 

エコパークで購入した時の流れ

夫がエコパークで車を買い替えたときのことになりますが、流れを書いておきます。

 

①自分が今乗っている車をネットで査定

今所有の車の値段はこのくらいかと知っておきます。ケリーブルーブックというサイトで査定が出来ます。ネットで必要事項を入力するだけ。

 

②エコパークのサイトで欲しい車の目星をつける

ネットで欲しい車を探します。いいな〜っていう車を見つけた後、まだその車が売られてないかをディーラーに確認だけしてました。お店に行ってみたけど、もうないよって言われたら2度手間になってしまうので。

 

③エコパークへ行く

 

④試乗する

乗り心地や不具合が無いかを確認します。

 

・アクセルのチェック(スピードを出して踏み込む)

・傷や凹みがないか

・変な音はしていないか

・ブレーキはちゃんと効くか

・ヘッドライトやエアコンは?

 

試乗でハイウェイを走れるなら、速度を出してエンジンの状態とかを確認します。もしかしたらスピードが出ないとかもあるかもしれません。

 

私達が見逃してしまったのがタイヤのカバー部分(ペラペラしているやつ)。大きな問題はないですが、少し破れていたことに気づかなかったが悔しい。

 

車を気に入れば買いますと担当の人に伝えます。

 

お金出せば車の点検をやってくれるとのことだったのですが、「壊れたら自分でなおします」と伝えて、私達はやってません。そんなに安い車ではなかったし、中古だけど新しめの車だったのが理由です。

 

⑤ディーラーに今まで乗っていた古い車の査定をしてもらう

自分たちが今まで乗っていた古い車をディーラー側に査定してもらいます。

 

事前に自分でネット査定をしているので、大体このくらいかな?っていうのはわかっていると思います。とはいえ、多少のズレは生じます。

 

⑥支払いと手続き

買い替えの場合は、差額を払います。

 

現金で全額を払うと、タイトルが自分のものになり、その場で車に乗って帰れます。タイトルは後日、郵送で送られてきます。今まで乗っていた古い車のタイトルは引き渡します。

 

ローンを組む場合、払い終わるまでタイトルの所有権はディーラー側にあります。

 

⑦保険について

翌日、すでに加入済みの保険会社に、「車を変えました」と申告しに行きました。

 

スポンサードリンク

 

車のナンバープレートの変更

ナンバープレートの変更は州によって異なります。コロラド州で買ったときの話になりますが、その時の様子を書いておきますね。

 

新しい中古車を買った際は、ディーラーが出してくれた一時的な紙のナンバーをくつけて暫くは走っていました。

 

タイトルが郵送されてきたら、それを持ってライセンスプレート発行してくれる免許センターみたいなところに行きます。

 

ナンバープレートの値段が結構高かったです。300ドルなり。

 

アメリカでは誰かがプレートを取りつけてくれるわけではなくて、プレートをもらったら自分で付け替えます。これ、勝手にはずしていいの?いじっていいの?と心配でしたが、合法です。

 

感想

夫の車は9年くらい乗り回してたので結構古く、ブレーキが弱くなりかけててちょっと怖かったんですよね。

 

この車に価値があるのか甚だ疑問だったのですが、ネットでの査定が1万ドルでした。

 

で、実際にディーラーに査定をしてもらったとき1万800ドルだったので正直、え?って感じでした。11万マイルくらい走ってたので、こんな車、価値ゼロだろ・・と思ってました。

 

とはいえ、傷なし、タイヤの状態良好、トヨタの名前が効いていたのか、乗り回した状態でも、車社会のアメリカでは需要があるんだなあと思いました。

 

今まで乗っていた古い車はディーラーに引き渡して、差額を払って、買ったばかりの中古車に乗って帰ってきました。

 

ディーラー側は、今まで乗り回していた車を修理したり、綺麗にしたりして、価値をつけて売るんでしょうね。

 

スポンサードリンク

 

最後に友達の話

知り合いのアメリカ人の学生が、「1000ドルくらいの車を個人取引で買おうと思っているんだ」と言っていました。

 

でも試乗したら壊れている部分があって、修理代にお金がかかっちゃうから買うのをやめたと言ってました。学生さんだったから、安さ重視でした。

 

あと3000ドルの中古車を買った人がいました。でも助手席のドアの状態が良くなくて、押さえてないと開いちゃうとかっていう車でした。

 

ってどんな車?!なぜそれを買ってしまったのかw

 

結局そのあと故障して、トリプルAを呼ぶことになって大変な思いをしたそうです。ちなみに壊れたヶ所は、ドアではなくてエンジンをクールダウンする機能だったとか。

 

しかも最後は事故って廃車に・・。本人の不注意だったみたいですけど、トータル的に大損だったと思います。

 

でも命はあってよかったです。

 

アメリカでは中古でも5000ドルくらいは出したほうがいいと思います。日本だったら1000ドルちょっと出せばいい状態の中古を買えると思いますが、アメリカはちょっと違うw

 

結局は頑丈な車の方が安心ですし、修理代や修理に出す手間とか考えたら、少しくらいは車にお金をかけたほうがいいんだなあと思いました。

 

アメリカの自動の洗車場!車に乗ってるだけの楽なカーウォッシュ使い方

 

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

ハリウッドがブチ切れ!セレブVSトランプ↓

アメリカでのレストラン経営についてはこちらでまとめています↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る