なぜこの動物が?民主党はロバで共和党はゾウのマーク由来と理由

アメリカの2大政党の民主党と共和党。民主党のシンボルとしてはロバ(ドンキー)が、共和党のシンボルとしてゾウが使われます。

 

なぜこの2つの動物がシンボルとして使われるようになったのか不思議ですよね。

 

だってロバのイメージって、ノソノソしてて、何となくパッとしなくないですか?ロバじゃなくてウマでも良くないですか?

 

 

あまり近くでロバを見たことが無かったのですが、こうやってよく見てみると、ロバってかわいいなあというのはありますけど。

 

ゾウは体は大きいですが、機敏な動きは出来ないですし、ロバもゾウも、なぜ政党のシンボルになったのか?的なところが私はあります。

 

アメリカは国鳥がイーグル(ワシ)なので、ワシとトラとかバッファローでも良かったのでは?なんて勝手に思ったり。

 

なぜロバとゾウなのか。今回はそんな疑問を調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

民主党:ロバ

民主党はロバのイメージが定着しだしたのは1828年、アンドリュージャクソンが大統領のキャンペーンを行った時にさかのぼります。

 

アンドリュージャクソンとは誰?というと、はい、コチラのお方です。

(出典:www.nbcnews.com)

 

20ドル札に描かれている、第7代のアメリカの大統領です (1767年~1845年)。

 

選挙の時に、反対者が彼をJackass(バカ、あほ)と呼んでいたことがきっかけとされています。Jackassには雄ロバの意味もあります。

 

ジャクソンは強い意志をもった動物であるロバを、キャンペーンのポスターで使うことにしたそうです。悪ぐちを逆にイメージキャラクターにしちゃったんですね~。

 

テレビドラマでも「Jackass!!」って使われたりしてよく聞く単語ですが、雄のロバの意味もあったのですね。

 

気になる人は辞書にも載っているので調べてみるといいです。

 

で、後に有名な風刺漫画家のトーマス・ナストが、新聞の漫画で民主党をロバとして描き、ロバのシンボルは有名になっていったそうです。

 

共和党:ゾウ

風刺漫画家のナストは、共和党のシンボルのゾウも発案します。

 

1874年に新聞の漫画でナストは、ライオンの皮をかぶったロバを描き、動物園の動物を怖がらせる当時の様子を風刺しました。そこに描かれた動物の1つであるゾウに「the Republican vote」と書かれており、それが共和党のシンボルとなっていったようです。

 

計算すると、145年前の話なので、かなり前から動物のシンボルが定着していったことになるんですね。

 

(出典: www.cbsnews.com)

 

ただ!

 

共和党はゾウをシンボルとして採用したものの、民主党はドンキーをオフィシャル的に採用していなかったみたいです・・。

 

う~ん、それもわかりますよね。

 

だってもともとはジャクソン大統領が悪口でJackassと言われたのがきっかけですし、やっぱりね、ロバって弱そうなイメージですからね。それをそのまま使い続けるにはイメージ戦略としてはちょっと・・って感じだったんでしょうね。

 

としながらもロバのイメージは定着しちゃって、今では大統領選となるとこんな感じでロバとゾウが使われますよね。

 

(出典: www.debate.org)

 

民主党の現在のオフィシャルなロゴはブルーの丸の中にDが書かれたものなんですって。

 

(民主党のオフィシャルサイト https://democrats.org/)

 

で、ドンキーはセミオフィシャルなシンボルになっているみたいです。

 

これは意外でした。

 

スポンサードリンク

 

シンボルの色

2つの政党は赤白青の伝統的なアメリカの色を使い、それが徐々に民主党は青共和党が赤とするようになっていったそうです。

 

民主党は「ロバは頭がよくで勇敢、控えめ」「ゾウは手際が悪くてバカで横柄で保守的」

 

共和党は「ゾウは強くて威厳がある」「ロバは頑固で愚かでばか」

 

と言っているみたいです。

 

お互いバカバカ言いあっている(笑)。

 

動物や色をシンボルにすると、政党がわかりやすいとのはありますね。もしくはどちらの応援してると口に出さなくても、青色の服とか帽子だったら民主党で、赤系でキメてたら共和党なんだな~とか。

 

日本の政党にもシンボルはありますが、動物のシンボルはないみたいですね。

 

ノリノリでダンスするトランプ大統領!テーマ曲YMCAで踊る姿がおもしろすぎ

4年に1度のアメリカ大統領選挙!選挙制度の仕組み&選挙人をわかりやすく

トランプの嫁VSバイデンの妻。移民のメラニアと英語教師ジルの違いすぎる生い立ち

トランプ大統領の政策を一覧にまとめたよ!共和党トランプ政権のやったことわかりやすく

 

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

ハリウッドがブチ切れ!セレブVSトランプ↓

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る