トランプの嫁VSバイデンの妻。移民のメラニアと英語教師ジルの違いすぎる生い立ち

11月の大統領選挙で争う共和党代表のトランプと、民主党のバイデン。

 

2人を影で支える人物、それは

 

・トランプの嫁メラニア・トランプ

・バイデンの嫁ジル・バイデン

 

それぞれ全く人物像なのですが、共通する部分もあります。

 

スポンサードリンク

 

メラニア・トランプ

View this post on Instagram

“The Spirit of America” #ChristmasWhiteHouse2019

A post shared by First Lady Melania Trump (@flotus) on

メラニアさんは、スロベニア出身(旧ユーゴスラビア)で、1970年生まれ。

 

180cmの長身をいかし、モデルをしていました。大学へ通っていたものの、モデルに専念するため中退。

 

26歳のとき(1996年)に渡米しました。

 

2年後(1998年)に24歳年上のトランプと出会います。交際は続き、2005年に結婚、翌年バロン出産。トランプにとっては3度目の結婚です。

 

2016年にトランプが大統領になり、メラニアはファーストレディーに。一流モデルにはなれませんでしたが、大統領夫人の座を獲得しました。

 

はじめての政治経験が大統領というのはかなり異色ですが、奥様が外国生まれというのもほとんどないので、かなり珍しいです。

 

テレビ見ていると彼女の姿はほとんど出てこないです。最初の頃はもちろん出ていましたが、最近では全然見かけなくて、影薄いですね。

 

トランプに大統領に立候補しなさいと言ったのはメラニアとか、一方でファーストレディにはなりたくないと言っていたという記事もあるのですが、あまり表立って出てこないし、多くを語るタイプでもないみたいなので、真実はわかりません。

 

彼女はツイッターとかインスタを使ってはいますが、私生活があまり垣間見えないです。アップされていることも、外用といいますか、自分の言葉ではなくて、編集されたものをアップしているだけな感じが私はします。

 

代わって出ているのが、トランプの娘のイヴァンカ(最初の奥さんの娘)ですが、彼女がメラニアを肖像画と呼んでいるのはわかる気がするなあ。

 

肖像画になっている理由を勝手に想像したのですが・・

 

メラニアさんの英語はキレイな発音ですが、外国生まれで少しアクセントがありますし、ファーストレディとして、足を引っ張るのではないか?と思っているのかもしれないですね。

でも声を聞くと、見た目と違って優しい声で、ソフトな印象を受けました(失礼やぞ)。

 

私がもし同じ立場になったら、英語が母国語ではないから、大勢のアメリカ人の前でスピーチするのは嫌ですね(つーかそんな立場になることないから安心しなはれ!)。

 

だから影で支えますという立場を取っているのかもしれません。

 

トランプは目立ちたがりやだと思うので、それも影響しているのかもですね。

 

アメリカって夫婦は一緒というイメージが私は強かったのですが、トランプとメラニアは別行動が多いです。

 

トランプが国民にマスク姿を見せたのは7月になってからでしたが、メラニアさんは既に4月にはマスク姿を見せていました。

 

彼女自身が移民ですし、トランプ大統領の考えとは違っても全然不思議ではないと思いますが、夫婦で足並みが揃っているという感じはあまり伝わって来ないですねえ。

View this post on Instagram

Even in the summer months, please remember to wear face coverings & practice social distancing. The more precaution we take now can mean a healthier & safer country in the Fall.

A post shared by First Lady Melania Trump (@flotus) on

仲が悪いのか、それともお互いの意思を尊重しているのか・・。

 

実際のところはよくわからないですが、この2人は役割分担という感じなのかしら?

 

ただですね、メラニアは、あのトランプと結婚した人物なので、相当中身はしっかりしているとか、自分を持っている人なのではないかと思いました。トランプにはお金目当てで近寄る人が大勢います。

 

でもメラニアは信用を勝ち取って、トランプが結婚までした女性です。相当、頭の切れる人だと思います。

 

基本的にはトランプと似たような人なのかなって思います。

 

手を繋ごうとするトランプをパシっと払いのけることが出来る人物だからねw

firstladyrejectedtrump'shand

この動画見ると、やはり仲悪いのかしら?

 

性格がおとなしいとか控えめとか言われていますが、そういった人が夫の手を払いのけているのが笑えましたw

 

全然控えめじゃない気がするんだけどw

 

あの髪型とツイッターしまくるのは許せるんですかねえw?

 

スポンサードリンク

 

ジル・バイデン

View this post on Instagram

The future starts here in Iowa and it starts today. It starts with all of us coming together to stand up for what’s right and elect @JoeBiden as President. Great day one of the #NoMalarkey bus tour!

A post shared by Dr. Jill Biden (@drbiden) on

ジルバイデンは、ニュージャージー州の出身で、1951年に生まれました。

 

バイデンとは1977年に結婚。バイデンの一目惚れだったみたいですね。

 

バイデンは前妻と死別、ジルも前夫と離婚しているので、この2人は再婚同士になります。

 

ジルさんは英語教師で、30年以上携わっているので、生涯を教育に注いできて人、と言っていいと思います。

彼女はたくさんの学位をお持ちですが、アメリカの大学って課題の量がかなり多いので、仕事をしながら取ったのが凄いと思いました。

 

University of Delaware 博士号

Villanova University 修士

West Chester University 修士

 

博士課程も卒業しているので、「Dr.Biden」と紹介文にはよく書かれています。

 

ジルさんは、有名大学で教鞭を取っていたというよりは、コミュニティ・カレッジや公立高校などで教えたりすることが中心だった様です。

 

コミュニティ・カレッジの重要性や、これらの学校が、多くの生徒を良い方向へ変えていく、と説いています。

 

これは私も共感します。アメリカの大学って凄く学費が高いですが、それに比べるとコミュニティ・カレッジは良心的で、多くの外国人にも門が開けているんですよね。有名私立だと、お金が無いと行けないですけど、コミカレは働きながらでも通えるので、学費的にはハードルが低いです。私もありがたい存在だと思いました(卒業してないけどさ)。

 

あとジルさんは、友達がガンと診断されてから、女性が乳がんを防ぐために、知り、意識を高めていきましょう、という活動もしています。

 

ジルさんは、夫が政治家で副大統領にもなっているので、仕事を辞めることは余裕で出来たと思います。

 

でも副大統領の妻であった期間中も辞めていません。それは「自分の人生は自分のものであり、自分は教育者である。それが自分のアイデンティティ」という考えを持っているからだと思いました。

 

もちろん夫の協力があったからこそだとは思いますが、お互いに依存しすぎることがなく、自分の軸で生きている女性だと思いました。

 

なのでもしバイデンが大統領になっても、教師として続けていくと表明しています。

 

スポンサードリンク

 

2人の共通点

メラニアさんとジルさんは表立って見える部分はかなりの違いがあります。

 

メラニアさんは元モデルなだけあり華やかですし、ヌード披露を含め、ファースト・レディとしては今までにない経歴の持ち主なので、面白いなっていうのはあります。政治活動はしているのですが、積極的には表に出てこないというのも、今までの婦人とは違う感じですよね。

 

ジルさんはずっと教育一筋でやってきているので、手堅いといいますか、堅実な人なんでしょうね。バイデンも長年上院議員だったので、なんかバイデン夫婦も似ているのかなっていう気がします。

 

2人に共通していると思ったのは、自分を持っているという所です。

 

自分の仕事をしている、していないではなくて、自分の意志をちゃんと持っているし、夫の地位が変わったからといって自分を見失ってないんじゃないかなと思いました。特にジルさんですね。

 

2人とも全く違う人物像で、でも似ている部分もあってそれが興味深かったです。

 

トランプ大統領の3人の嫁がみんな強い!高身長で華やかなメラニア&元妻たち

イヴァンカの母親イバナの生き方がかっこいい!若い頃は超美人なトランプの元妻

ジルバイデンの若い頃がかわいい!夫婦の出会いのきっかけは一目惚れ

セレブ界ダントツ性格良いビヨンセ。曲も生き様もトランプ反対の姿も全部カッコよすぎ

 

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

ハリウッドがブチ切れ!セレブVSトランプ↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る