ラスベガスは治安良いって知ってた?女子にお勧めな観光スポット教えるよ

ラスベガスと言えばカジノ、マフィア、派手でギンギラギンで何か怖い。そんなイメージありますよね。アメリカ人は銃持ってるし、ちょっと恐ろしいかも・・。

 

・・わかります。私も以前はそう思ってました・・。

 

ところが!

 

ラスベガスって警備員がホテルや通りを巡回していますし、ものすごい数の防犯カメラが天井に付いていますし、人通りも多くて女性でも楽しめちゃう街なのです!

 

私は現在はラスベガスで暮らしていますが、一人でよくラスベガス中心地のストリップ通りを歩いています。

 

え?でも地元の人は観光地に行かないんでしょ?

 

そうなんです、あの通りを歩いているのはほとんどが観光客なのです。世界中から大勢旅行客が集まるからこそ安全な街だと言えると思います。

 

以外にも安全なラスベガス。そんなベガスの魅力を女性目線で紹介していきます!

 

スポンサードリンク

 

①ラスベガスへようこそ!ウェルカム・トゥ・ラスベガスのサイン

ラスベガスで超有名な看板「Welcome to Fabulous Las Vegas」。いつも観光客で賑わっていて、写真撮影スポットとして行列が出来ています。中にはウェディングドレスとタキシード姿のカップルも!

【ラスベガスへようこそ!の看板】 

 

ここで写真を撮るなら並ぶの覚悟ですが、ラスベガスへやってきたんだな!とテンション上がるし、有名で定番な所なのでぜひ立ち寄って下さい!横からで良ければ並ばなくても写真撮れます。

【2009年に国家歴史登録材に指定されてから益々人気に】

 

場所はラスベガスの中心を走るストリップ通りの南側。無料の駐車場がありますし、DEUCEかSDXという市バスに乗っても行けます。

 

■ウェルカム トゥ ファビュラス ラスベガス サイン

・住所:5100 Las Vegas Blvd. S. Las Vegas, NV 89119

・無料

②華やかすぎ!ホテルベラージオ

ストリップ通りには数えきれないほどの豪華ホテルが立ち並んでおりますが、そのうちの1つベラージオは女子を引き付ける魅力が満載。ホテルの前のコモ湖の噴水ショーはラスベガスのシンボルで、映画『オーシャンズ11』のロケ地としても使われました。そう、無言で去っていくあのシーンです。

 

音楽に合わせて吹き上がる水の高さや水量、最高潮に達した時の爆音は何度見ても圧巻!

【ベラージオホテル、コモ湖の噴水はラスベガスの名物】

 

先日ド正面から噴水を見た時の曲は「Time To Say Goodby」。好きな音楽でラッキー!一緒にいた夫も「こんなに高くまで吹き上がるんだったかな?」と改めてビックリしてました。

 

で、そこで終わらずにどうぞホテルの中へ。

 

そのままロビーに入っていくと天井の美しさが飛び込んできます!綺麗ですね!

【ガラスアーティストのデイル・チフリーの作品。シアトルにはチフリーガーデンがあります】

 

ロビーでピアノを弾いている場合なんてそれはもうゴージャスですよ!

 

更にロビーの奥には庭園がありましてお花をふんだんに使ってその時々のテーマを象っています。今回行った時はインドのお庭になっていて、インドゾウやトラ、魔法のランプなどが飾られていて楽しい空間になっていました。トラのしっぽが何気に動いたりして癒されました。

【いつも賑わっている室内庭園】

【天井からは明るい光が降り注ぐ】

 

テーマは季節ごとに変わって、イタリアのイメージの時もあれば日本を再現しているときもありました。この空間が結構好きで、どんな感じの場所か知っていても何度も行っているので私の一押しです。

 

ベラージオには海外ドラマ『SATC』のキャリー役、サラ・ジェシカ・パーカーがプロデュースしたお店もあります。キャリーは靴とファッションが大好きなコラムニストの役でしたね。

 

■ベラージオホテル

ベラージオ公式サイト

噴水ショーの時間と曲目の詳細

③ラスベガスはショッピング天国

ラスベガスではショッピングも充実しています。ショッピングモールは

 

・ファッションショーモール

・フォーラムショップス

・グランドキャナルショップス

・ミラクルマイルズショップ

・クリスタルズ

 

などなどありまして、全てストリップ通り沿いに並んでいます。

【円盤型が特徴のファッションショーモール】

 

クリスタルズは建物自体がアート!それゆえお値段高そうなニオイがプンプン。

【お洒落な形のクリスタルズ】

 

でもご心配なく!

 

アウトレットという強い味方がベガスには2か所!ノースとサウスです。2つのうちショップ数が多く人気なのは断然ノースです。

 

バーバリーやトリ―バーチ、フェラガモ、セオリーなどはノースのみ!しかもそれが50パーセントオフとか60パーセントオフになっているという、女子の天国でございます。

 

私が行った時は、マイケルコースのお店が1番混んでました。70パーセント引き+さらに20パーセントオフって相当安いですね!

 

ノースかサウスで迷ったら、お勧めは絶対にノースです。

【プレミアムアウトレットノースでは両手に買い物袋姿の人多数】

 

アウトレットノースはラスベガスの北側にあり、ベガス中心地からSDXというバスで30分~40分程です。アウトレットサウスはラスベガスの南側にあり、バスで25分~30分程です。

 

■プレミアムアウトレット

プレミアムアウトレット ノース公式サイト

プレミアムアウトレット サウス公式サイト

オープン時間9:00AM-9:00PM ※8:00PMで閉まったり、10:00PMまで開いている日などあるので注意

 

④ダウンタウンも必見!

ラスベガスのメイン通りストリップから北にあるダウンタウン。昔ながらの小規模なカジノホテルがあり、ストリップの大型ホテルとは違ったレトロ感があります。ここはアーケードで歩行者天国となっており、歩きやすくなっています。

【アーケードの何万という数のLEDライトで昼間でも明るい】

 

アーケードにはライトが組み込まれており、そこに映像が映し出されるフリーモント・エクスペリエンスの無料ショーが暗くなってからあるので、見るなら夜がお勧めです!でも昼間でもネオンが光っていてかなり明るいです。

downtown las vegas zipline

あと、スロットジラというジップラインでアーケード内をひとっ飛びしてみるのも楽しいと思います!ジップラインって何?という方はダウンタウンの雰囲気と合わせて上の動画をご覧ください。歩いている観光客から注目を浴びます!

 

ハロウィンが近づいているので通りにゾンビが飾られていたのですが、ちょと怖い(笑)。

リアルに恐ろしいハロウィンの飾りの人形

 

私はゴールデンナゲットホテルにひっそりと展示されている金塊を発見し、一人で大喜びしてました。宝探をしてるみたいでホテルをウロウロするのも面白い!

【ちょっと変わった形の金塊は27キロくらいあるそうで、1980年にオーストラリアで発見された】

 

■ダウンタウン情報

フリーモントエクスペリエンス

6:00PM、7:00PM、8:00PM、9:00PM、10:00PM、11:00PM、12:00PM、1:00AMからスタートするが、季節により変動

ゴールデンナゲットホテル公式サイト

・ラスベガスの無料ショーについてラスベガス観光を無料で堪能!現地在住の私的【お勧めショー】ランキング

 

スポンサードリンク

 

⑤ラスベガスの食事事情

ラスベガス観光してたらお腹空いてきた~。でもアメリカの料理って美味しくないんでしょ?

 

いやいやいや美味しくて有名なお店、沢山あります!ヤードハウスやゴードンラムゼイのお店は有名で雰囲気もあります。ヤードハウスのお肉は柔らかくて美味しかった!あとビールの種類がこれでもかというくらい豊富でタル(タンク)の数が凄かったです。

 

ゴードンラムゼイは、ヘルズキッチン(地獄のキッチン)というテレビ番組で有名なシェフで、面白い番組なので時々テレビ見ます。レストランの外観を写真に撮ってる観光客も多いです。コンセプトが異なる店舗がいくつかあり、ハンバーガーメインのお店でもお洒落な感じでよく行列が出来ています。

シーザースパレス敷地内にあるヘルズキッチン

プラネットアリウッド内にあるゴードンラムゼイプロディ―スのハンバーガー。おしゃれな雰囲気で、かつお値段は手頃なのでよく行列になっている】

 

あとせっかくならベガス名物のビュッフェはどうでしょう?アメリカ風に言うとバフェ。自分の好きな食べ物を好きなだけ食べられて楽しいですよ。

 

シーザースパレスホテルにあるのバッカナルは人気ですし、バッカナルではなくても有名ホテルではどこもバフェをやっているので滞在中1度は行ってみて下さい。ウィンホテルは人気+雰囲気が可愛い感じです!

シーザースパレスのバッカナルの入り口。凄い並んでて大人気

ウィンのバフェは華やかさ120パーセント。出典:https://www.wynnlasvegas.com/

 

■ラスベガスのレストラン情報

ヤードハウス(ザリンク)

ゴードンラムゼイのハンバーガーゴードンラムゼイヘルズキッチン

シーザースパレスバッカナル

ウィンのバフェ

・ラスベガスの私流食べ放題ランキングラスベガスのビュッフェで食い倒れ!現地人お勧めの人気食べ放題ランキング

 

⑥夜はシルクドソレイユへ

で、夜はどうするの?

 

夜はシルクドソレイユやコンサートなどのショーで決まりでしょう!!

 

ほぼ毎日ショーがありますし、シルクは1つのショーだけでなく、6つ7つとやっているので何を見ようか選ぶのが大変なのです。人気なのは「オー」と「カー」の演目ですが、個人的には「マイケルジャクソン・ワン」が好きです。もし選べないというのであれば気になったものは全て行ってみるのも手です。日本ではやってない演目ですよ!

 

どれを観ようか迷う方は宜しければこちらを参考にして下さい。シルクドソレイユ―のショー比較ラスベガス来たら必見!シルクドソレイユ2019人気&お勧めショー比較

【シルクドソレイユの人気ショー、「カー」の入り口】

 

あとコンサートも沢山やってますし、クラブも盛り上がっていますし、カジノは24時間出来るのでカジノで遊んでもいいですね。勝ったら嬉しいし、負けてもこんな感じかあ、と思い出になること間違いなしです!

 

あとレディーガガの衣裳展がパークMGMホテルで開催中なので、ガガ様の世界にも足を踏み入れて!無料ですし、度肝抜かれると思います。

【ガガ様の衣装の赤いドレスが素敵】レディーガガの衣装展について

 

ロボットがカクテルを作ってくれるバーなんていうのもありますよ!その名もほろ酔いロボット。2台のロボットがオリジナルカクテルを作ってくれるのも面白いですし、作っている姿を見ているだけでも楽しかったです!

【プラネットハリウッド内にあるロボットバーテンダーは無料のショーかも?】

 

金曜の夜のストリップ通りの様子を動画で撮りましたので、どんな感じの雰囲気か知りたい方は良かったら見て下さい。昼間とはうって変わって夜はネオンがキラキラして、ラスベガスっぽさ全開になります。

bellagio on Friday in Las Vegas

【ベラ―ジオとパリス付近から撮影】

 

■ラスベガスのショー

シルクドソレイユ公式サイト

・ラスベガスのコンサートについて遂にガガ様も!2019ラスベガスのコンサート人気歌手が集結の理由

⑦ラスベガスの景色&夜景を堪能

ザ・リンクにあるハイローラーは1周約30分の観覧車。1つのカプセルは40人ほどは入れそうなくらい大きい!ハイローラーに乗って、ラスベガスの景色を堪能するのも1つの楽しみ方!

 

普通に乗るのももちろんありですが、ヨガをしたりバー付きカプセルの中でお酒飲めたり、独身最後のパーティ騒ぎをしたり、結婚式なんかもできちゃうそうです。ヤバイですね、ベガス!

夜でもすごい賑わいっぷりのプロムナード

 

ハイローラーがあるザ・リンクホテルのそばにリンクプロムナードという通りがあるのですが、レストランある、お土産やある、またまたジップラインあるで、とても楽しい通りになっているのでこちらもぜひ!先ほど紹介したレストラン、ヤードハウスはこの通りにあります。大好きなホノルルクッキーカンパニーもそういえばこの通りに。

 

こちらの通りも夜でも観光客多いですし、音楽に合わせて観覧車の色が変わったりしてそんなのを見ても面白いです。私が行ったときはハロウィンの前だったので、小さな噴水に手とか足が浮いてました・・。もちろんニセモノです!

 

観覧車や通りの様子を動画で撮っていますので良ろしければ見て下さい。

The LINQ Promenade

【ザ・リンク プロムナード】

 

ハイローラー以外にも、タワー系ならストラトスフィアタワーや、パリスのエッフェル塔があるのでどれか1つくらいは行って登って上からラスベガスを見下ろしてみてもいいかも!ストラトスフィアの最上階には絶叫マシーンが備わっていて、その中のインサニティは怖すぎて泣いた乗り物です。

パリスのエッフェル塔もいいなあ

ラスベガスの北寄りにあるタワー、ストラトスフィア。トップには絶叫マシーンが装備

 

■ザ・リンク

ハイローラー公式サイト

ザリンクプロムナードジップライン

■パリスの展望台

パリス公式サイト

■ストラトスフィアタワー

ストラトスフィア公式サイト

⑧ラスベガスには大自然も

でもさ、そろそろ自然に触れて癒されたくなってきた~。

 

そんな方はぜひグランドキャニオンへ!ラスベガスへ来たからには絶対外せません。現地ツアーが充実しているので日帰りでも行けますし、1泊ツアー、周遊ツアーなども盛沢山。

 

もちろんグランドキャニオン以外にも近場でいうとレッドロックキャニオンやバレーオブファイアーもあるので、ぜひ砂漠地帯の大自然にも触れてみてください。

【グランドキャニオンの夕日は格別!】

 

■グランドキャニオン

グランドキャニオン公式サイト

・グランドキャニオンの見どころ在米マニアがお勧め!グランドキャニオンで必見の観光スポットと楽しみ方

 

スポンサードリンク

 

まとめ

書ききれなかったのですが、ラスベガスには楽しい観光場所がまだまだ沢山あります。カジノしない方でも全然面白い街ですし、女性でも思いっきり楽しめると思います!

 

尚、ストリップ通りとダウンタウン、プロムナードあたりは夜歩いても観光客がかなりいるので大丈夫ですが、ストリップとダウンタウンの移動は市バスとか乗り物に乗って移動した方が良いです。脇道に入ると人通りが減るので、夜はメインな通りだけにしましょう。

 

ダウンタウンのアーケードから2、3ブロック離れたところに小さな公園があって、昼間一人で歩いたのですが、昼間ですらちょっと怖かったので、メインストリート以外は昼間でも一人歩きしない方が良いす。

 

私自身はラスベガスのメイン通りとダインタウンのアーケード、プロムナードは夜でも歩きますが、それ以外の場所は夜に一人では絶対外出しません。海外って日本の感覚と違いますから、アメリカだけでなくどの国に行っても基本的には夜に女性は出歩かない方がいいですし、女性が寂しい場所を歩くのは控えた方がいいのかなと思います。

 

紹介した場所まとめると

 

①ラスベガスサイン

②ベラージオホテル

③ショッピングセンターとアウトレット(ノース&サウス)

④ダウンタウン

⑤コートヤード(1)、ゴードンラムゼイのヘルズキッチン(2)とハンバーガー(3)、シーザースパレスとウィンのビュッフェ

⑥シルクドソレイユ、ガガ様の衣裳展(1)、ロボバーテンダー(2)

⑦ハイローラーとタワー2つ

⑧グランドキャニオン

 

大まかではありますが、下の地図と照らし合わせてみてください。

※ピンク線はストリップ通り=ラスベガスブルバード

 

今回紹介した場所は全て市バスで行けます。DEUCE(デュース)とSDXというバスがストリップ通りを南北に行ったり来たりしていて、デュースは各駅停車、SDXは快速みたいな感じです。バス券を買えばどちらも乗車可能。頻繁にバスは来るので、徒歩上手く組み合わせれば便利です。ノースのアウトレットに行くときは、SDXしか行かないので注意です。

 

バス券は

 

・2時間パス-6ドル

・24時間パス-8ドル

・3日間パス‐20ドル

 

ストリップにあるバス停に自動販売機があり、現金とクレジットカードに対応しています。ただし現金でチケット買う時は注意です。昔6ドルチケット買う為に20ドル入れて、おつり出てこなくてガーンな思い出が私はあるので、料金ピッタリ分を券売機に入れて下さいね!

 

ラスベガスのお土産については宜しければこちらを参考にして下さい。ラスベガス旅行で女子に大人気!ばら撒き&自分用にお勧めお土産決定版

 

ラスベガスについてはこちらでも書いています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!↓

アメリカの大自然についてはこちらで書いています↓

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る