海外のホームシック解消法!留学や国際結婚でみんななるから大丈夫だよ

「海外のホームシックをどう乗り越えたの?私東京から引っ越すことになって寂しい。」

 

日本にいる友達からきた相談のライン。

 

国内での移動でもホームシックになるのに海外にいる人なら尚更、みんな一度はホームシックになるんじゃないかと思います。

 

ホームシックって軽いものから重度のものまでありますし、耐えきれず国に帰って行く人もいるので、たかだかホームシックなわけではありません。比較的短期間で解決できればいいですが、解決法は人によってさまざまで追いつめられる場合もあります。ホームシックって結構重大なことだと思います。

 

私自身は、もともとアメリカに住みたい願望を持っていたのでホームシックになんてならないだろうと思っていたのですが、それでもなりました。今回は私の体験談や解決策を書いて行きます。

 

スポンサードリンク

 

解決法1 泣きたい時は泣く

私がホームシックに最初になったのは渡米して1か月目くらいで、一人で夜ベッドで横になっていた時だと思います。

 

さて寝るか~~

 

って思って横になったのに、突然日本が思い出されて涙が出てくる状態になったことがありました。この時感じたのは不安や孤独、怖いという感情です。私の夫は日本人で一緒に生活してますし、一人暮らしているわけではないのにまさかのホームシック。自分は強い人間だからと思っていたので意外でした。

 

でも泣くって案外効果あるみたいで、布団に入ったまま一人で泣いたらそのままぐっすり寝てました。で翌日はケロっとしてました。

 

そういえば社会人1年目で一人暮らしを始めた時も同じような状態になりました。夜、寝ようと思ってベッドに横になったら涙が出てきてワー!っとなったことがあります。でもそのまま寝ちゃって翌日はケロリ。

 

なので私が思うホームシックの解決法の1つ目は、ホームシックになったらその時はトコトン日本や日本にいる家族のことをたくさん考えたり、泣きたい時は泣くことです。

 

自分がホームシックになる時は大体、日本からアメリカに戻ってきた後です。お父さんのあの時の話、面白かったなとかそんなことを思い出してるとヤバイです。

 

家族がアメリカに遊びに来ていて、日本へ帰ってしまった直後も注意です。

 

その時は、私が中学生の時に部活で使っていたクジラの絵の書いてあるタオルを、母がわざわざアメリカに持ってきて、私によこしてきたんです。どうして今頃こんなものを日本から持ってきたのか謎でした。

 

「これ、懐かしいでしょ?アメリカで辛いことがあったらこれで涙を拭くのよ」

 

その時は「こんなのもう使わないよ!」ってちょっと半笑いになりましたが、母が日本へ帰ったあとによくよく考えてたら涙が出てきました。そもそもよくあのタオル保管してたな・・。25年前に使っていたタオルだったんです。

 

色あせてるし、捨てるとか雑巾にすればいいのに、25年も母がずっと持ってるのはなぜ・・?って考えたら涙が。

 

私が部活に打ち込んでいたのも母はちゃんと見てたし、覚えていてくれたことがわかって余計にホームシックですよね。今の私のアメリカでの暮らしを理解しよう、わかろうとしていることも感じました。

 

で、「お母さーんん!」ってトコトン浸って泣いたらスッキリしました。

 

あれ?お父さんは?はい、父ちゃんどうでもいいのね。

 

あとよく辛い時ほど笑えと言うじゃないですか。試しにやってみたんですよ、大泣きした時に鏡の前に立ってニコって。ニコっていうかヘニャって顔しか出来なかったんですけど、やってみた感想は「自分の顔超やばい」でした。自分にはあんまり効かないみたい。

 

あれ?でもこれって、辛い時はお笑いとか面白ツイッターとか媒体は何でもいいけど、そういうのを見てとにかく笑えってこと?それは私にも効果超ありました!大声出して笑っているときありますからね。で、ホームシック忘れてますね。

 

泣くとか笑うって自分の感情を思いっきり出せるからストレスを発散できるのかもしれないですね。

 

解決法2 友達と話す

2つ目は友達と話すです。

 

もっといいのは現地で自分の居場所をつくることです。

 

とは言え、これが結構ハードルが高い。

 

私は1つ目の語学学校ではその場だけの友達しか出来ませんでした。で、学校を変えて、暫くしてそこでコロンビア出身のMちゃんに出会って、話聞いていたら国にいる家族が恋しくてどーしようもないという同じ悩みを抱えてました。

 

なんだ、みんな同じじゃないですか!

 

彼女とは毎日学校で顔を合わせているうちに仲良くなり、信頼関係を築けてどこに行くのもつるんでいたのですが、そうなると学校がめちゃくちゃ楽しくなるわけです。ホームシックって何だっけ?になります。自分の居場所を見つけるともう最強で、楽しすぎて卒業するのは嫌だと言い出す始末。笑

 

こういう友達ってすぐできないし、私も彼女に巡り会うまでに1年くらいかかってますが、何もしていないのであれば、とにかく学校に行くとか仕事始めるとか、まずは何か始める、やってみるという行動に移すことが大事ですよね。

 

そこは頑張って下さい。

 

解決法3 比較するのをやめて、自分を認める

ホームシック解消法の3つ目は自分を認めるということです。

 

私はホームシックで泣いたのは数回だけですが、劣等感は海外生活が数年経った今も付きまとっています。

 

自分の英語は完璧じゃない

いつネイティブみたいになれるんだろう

私はダメな人間だ

 

この感情はいつなくなんだろうって思っていたのですが、最近思うのは海外に住む限り、何十年経っても劣等感って消えないんじゃないか?ということです。

 

だって何十年アメリカに住んでいる日本人でも英語の解釈間違えている事もあるし、英語話せても書けない日本人もいるんですよ。だとしたらこの劣等感てずっと消えないのかな?って思うんです。だったらこの劣等感とどう付き合って、どう減らしていくか、どうコントロールするだけなのかなって。

 

一言いうと比較するのはやめれ!ってことです。

 

そんな自分のことも受け入れたら私は凄く楽だったかな。

 

英語が聞き取れない部分もある

ネイティブと話すのは怖いと思う自分がいる

 

でもそれでいいじゃないですか。

 

海外行けば英語がペラペラになるという魔法があると私はどこかで思ってました。でもそんなものはありませんでした。やるしかないんです。でもちょっとずつでいいんです。頑張る、ときどき息抜きみたいな感じかな。メリハリってやつですか?

 

アメリカで1人で車を運転しているときに時々、「なんで私、今アメリカで走ってるんだろう?」と意味もなく感情がこみ上げてくる時があります。

 

もちろん行先があって、ちゃんと目的もあって車を走らせているわけですが、自分でアメリカに行きたくてやってきたとしても、自分がアメリカにいる理由とか存在意味みたいなものを考えてしまう時があります。

 

でもね、十分良くやってますよ。自分の殻を割って海外にやってきたんだから。まずはそれで良し!成長してない気がする、やっても無駄なんじゃないの?って思うこともありますが、不安に思ってもそこで止めないために、時々息抜きがいるんじゃないかなあ。

 

もしくは考えると不安になって怖くなり、そうすると動けなくなるので、考る前に先に動いちゃうとかね。

 

私は1日1㎜成長してればオッケーとしています。自分の目の前のことでいいので出来ることをやる!で、あとは時々自分の好きなことをする息抜きです。

 

ちなみに夫にホームシックになったことあるかを聞いてみたのですが、あっさりナイと。

 

ウソだろ・・絶対うそだな。

 

私に言えないだけだろと思うんですけど、だから相談してもあまり役立たずでした。むしろ海外っていうのは大変なんだよ、そんなのわかってたでしょ?みたいなスパルタタイプな鬼ヤロー。

 

とはいえ一緒にいるだけでも安心感を与えてもらっているのでそれは文句は言えないですけど、結婚している場合は相手の理解もないと結構辛いんじゃないでしょうか。

 

なので辛かったら辛いと、パートナーに言って下さい。

 

パートナーの方、ちゃんと支えろよ!!

 

スポンサードリンク

 

ホームシックは起きて当然だと思う

家族や日本を恋しい思うのと同時に感じるのは感謝の気持ちでもあります。家族も、友達も当たり前にいつもそこにいてくれたから気づかなかったけど、優しや存在のありがたみ、温かさ、日本の良さ。そしてアメリカにいる友達の大切さも。ホームシックになるとそんなことに気づかされます。

 

そして最後に、ホームシックはみんななります。

 

大人であってもなるし、恥ずかしことでもなんでもないと思います。それは自分がそこにしっかりと根差していた証でもあります。そして慣れない環境に一生懸命馴染もうとして、頑張っている証でもあると私は思います。

 

アメリカ生活に興味ある方はこちらもどうぞ↓

アメリカの大自然についてはこちらでまとめています↓

英語への苦手意識を吹き飛ばしたい!↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

 

 

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る