セレブ界ダントツ性格良いビヨンセ。曲も生き様もトランプ反対の姿も全部カッコよすぎ

アメリカの芸能界って政治色が強いですが、その中でも熱心に活動しているのはビヨンセじゃないかなと思います。

 

ガガ様やマドンナ、ケイティ・ペリーなども活動はしていますが、そのトップに君臨しているのがビヨンセって感じ。

 

トランプ大統領を直接批判したりということはしてないみたいですが、暗に歌に込めたり、パフォーマンスで示すことで人々に訴えることが多いです。

 

むしろトランプ大統領のほうが、「オレにはビヨンセは必要なかった」と言ったくらい!(=民主党のように、ビヨンセを使って人を集める必要がなかったということ)

 

スポンサードリンク

 

ビヨンセは肌は黒いが黒人ではないの?

View this post on Instagram

A post shared by Beyoncé (@beyonce) on

ビヨンセの両親は、

 

父 アフリカ系アメリカ人

母 ネイティブアメリカンとフランスの混血

 

お母さんの写真をパッとみたとき、私は白人かと思いました。ネイティブアメリカンの血も入っているみたいですが、白人と言っていいのかもですね。

 

でもお父さんがアフリカ系なので、その血も引いていることになります。

 

出身が南部のテキサスということもあり、ビヨンセは人種差別に反対する行動を起こしたり、女性の権利を訴えるような曲を作ったりすることが多いです。

 

2011年に出された曲、「run in the world(girls)」は女性の権利を歌った曲で、「世界を回しているのはガールズ達なのよ!」というメッセージを、テンポの良いリズムで表現しています。

 

もともと女性を鼓舞する曲が多いイメージですが、政治的な意味合いを醸し出したのは、オバマ政権あたりからかな?

 

自身が黒人の血が混じっているので、オバマさんが大統領になったとき、内面を揺り動かすものがあったんじゃないかと思います。

 

アメリカの芸能界は、政治的な活動をしている人が多いですが、白人ではなく、黒人の血が混じっている人が主張すると説得力が違うなって思う。

 

同じことをしても、白人のほうが活躍しやすい社会で、ビヨンセは何倍も努力して今の地位を築いて来た人。

 

そういった人の想いや力強さは、他のセレブと一段違うなと私は思います。

 

ビヨンセに対する私のイメージは、精神的に強い女性、自立し自信がある女性。ゴシップが全然無いのも好感を持ちます。好感というか、もう尊敬ですね。

 

ファンへの対応のが良いという記事を読んだとき、テイラースイフトに優しい対応を取ったこと(授賞式でカニエが飛び込んできた件)、和製ビヨンセの渡辺直美と「笑っていいとも」に出たときのことを思い出しました。

 

すごく優しくて、振る舞いが素敵だなって思ったんですよね。

 

カッコ良さの中に優しさもあるので、多くの女性が憧れるのもうなずけます。

 

スポンサードリンク

 

国歌斉唱で口パク

とは言え、ビヨンセは過去に口パク騒動になったことがあります。

 

それって何なのか?というと、2013年のオバマ大統領2期目の就任式で、生声を披露しなかった疑惑のこと。

 

騒動が大きくなったため、その後会見で釈明したのですが、その時のビヨンセがかっこ良すぎた!

 

記者を起立させて、その場でアカペラで国歌を熱唱。歌唱力見せつけたんですね。そのうえで、就任式では口パクだったことを認めました。

 

オーケストラ達とリハの時間が取れなかったこと、ぶっつけ本番でオーケストラと合わせるのは、リスクが高すぎると思ったことが理由だったと語りました。

 

オバマさんだったからこそ、失敗は許されない、しちゃいけないというプレッシャーもあったのかもですね。なぜかというと、オバマ大統領の就任はビヨンセにとって喜ばしいこと。それを台無しにするということは、絶対にしたくなかったハズ。

 

むしろ、完璧にしたかったんじゃないかな。

 

勝手なイメージですが、オバマ夫妻とビヨンセって、同じ想いみたいのがある気がするんです。オバマさんが1期目の時、晩餐会で歌ったのはビヨンセですし、2期目の国歌にビヨンセを選んでますから。

 

口パクは良いこととは思えないですが、その後の会見とかも含めて、まあ仕方ないかなと思います。

 

とは言え口パクなんだけどさ・・。

 

もしこれがトランプ大統領からの依頼だったら、歌うどころか、秒速でお断りかと。

 

実際、トランプ大統領は多くのアーティストに断られたみたいですからねェ。

 

2016年のスーパーボールのパフォーマンスが物議

View this post on Instagram

A post shared by Beyoncé (@beyonce) on

アメリカのスーパーボールってめちゃくちゃ人気で、アメリカ人が1年で最も楽しみにしているイベント。

 

ハーフタイムのショーで、ブルーノマーズとコールドプレイと共にパフォーマンスしたビヨンセは、歌を通じて黒人差別に対してのメッセージを盛り込みました。全身黒い衣装で、マイケル・ジャクソンを彷彿させる格好のやつです。

 

これは何が物議かというと、

 

「ビヨンセは黒人解放を唱えていたブラックパンサー党をイメージしている!警察の権力を批判している!」。

 

このときに歌った「フォーメーション」という曲は、女性を勇気づけるような曲でもあります。

 

「Okay ladies, now let’s get in formation」=「レディ達、フォーメーションをつくるのよ!」と女性に呼びかけていたり、自分は黒人の血が入っているというような歌詞も含まれています。

 

私はそういった背景のことは知らなかったのですが、単純に、このときのステージが面白くて好きですよ。何回見てもいいなーって思う!

 

ビヨンセがしゃがんだとき尻もち付きそうになっていたりするけど、それはライブならではですね。

 

演出が男性VS女性の構図っぽくなっているのも、今思えばビヨンセの思想を表しているのかも。女性は男性と対等である、女性の皆さん、立ち上がろう!というようなメッセージ。

 

私も女性なので、勇気づけられます。

 

想いがたくさん入っている上、エンタメ性もある。カッコいい。だからこのステージ何回も見ちゃうんだろうなあ。

 

スポンサードリンク

 

ビヨンセを日本人歌手に例えると誰?

View this post on Instagram

A post shared by Beyoncé (@beyonce) on

ビヨンセを日本の歌手に例えたら誰かな?

 

安室奈美恵さんがイメージ的に近い気はするけど、安室さんはジャネット・ジャクソンを目指してなかったっけ?だとしたら幸田來未?セクシー系というのは合ってる気がするけど、やっぱ安室さんに近い気がするなあ。

 

ビヨンセはコロナで6億円寄付したそうですが、6億って桁が凄すぎる・・。

 

旦那はジェイ・Zという最強すぎるカップルなので、それもそのハズなのかな。

 

でも旦那さんを初めて見たとき、失礼ながら「え?この人がビヨンセの夫なの?」と思いました。才能とかそういった所に惚れたんだろうけど、ぼーっとしてそうな印象が・・。

 

いやいや、地位も名誉も持ってるから、ビヨンセが尊敬出来る人なんでしょうよ。きっと対等でいられるんだろうし、だからこの2人はお似合いなんだなあ。

 

映画やコスメも大成功な歌手のリアーナ。トランプを大批判でも選挙権はないらしいよ

カニエ・ウェストって何者なの?大統領選出馬でトランプに対抗もぶれまくるラッパー

歌手のマドンナとトランプ大統領は似てる!なぜ人気でヒット曲飛ばしたかわかった気がした

 

ハリウッドがブチ切れ!セレブVSトランプ↓

アメリカ大統領選挙についてはこちらでまとめています↓

アメリカの大自然についてはこちら↓

ラスベガスについてはこちらでまとめています↓

ラスベガスに来たらグランドキャニオンは観光必須!

アメリカ生活のリアルについてはこちらで書いています↓

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

結婚を機にアメリカに住むようになった30代。
英語力ナシでやってきて、大変なことも多いけど、やっぱりアメリカ生活は楽しい!
もっと自分の解放をアメリカでしていきたいです!

詳しくは画像をクリック!

民主党VS共和党の戦い

詳しくは上の画像をクリック!

レストラン経営の世界に飛び出した!

詳しくは上の画像をクリック!

一度は行くべき絶景

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカの大自然特集

詳しくは上の画像をクリック!

最高峰のエンターテイメントが集結!

詳しくは上の画像をクリック!

アメリカ生活の実態

詳しくは上の画像をクリック!

フレンズは今でも最高!

詳しくは上の画像をクリック!

フィアンセビザでアメリカへ!

詳しくは上の画像をクリック!

ぶっとび日本人夫が国籍を捨てた!

詳しくは上の画像をクリック!

英語上達への道

詳しくは上の画像をクリック!

最近の投稿

ページ上部へ戻る